購入から換金までの流れ

購入の手続き

実際に投資信託を購入するにはどうすればいいのか、具体的にご説明します。

どこで買えるの?

証券会社、銀行、保険会社、信用金庫、郵便局などの販売会社で購入できます。また、運用会社によっては自社が運用する投資信託を直接販売することもあります。
販売会社によっては、電話やインターネットでも購入を受け付けています。

取扱商品に違いはあるの?

販売会社の取扱商品は同じとは限りません。同じ投資信託を複数の販売会社で取り扱うケースもあれば、特定の販売会社だけで取り扱うケースもあります。

購入の手続きはどうするの?

初めて投資信託を購入する場合は、その投資信託を販売している販売会社に口座を開設することが必要です。口座開設の際は、印鑑と本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)が必要です。

取引が成立した時の証明は?

投資信託の取引が成立した場合、販売会社は契約締結時交付書面、「取引報告書」を投資家に送付することになっています。
取引報告書には、購入したファンドの名称、取引数量、単価、約定金額(取引数量×単価)、手数料、消費税などが記載されていますので、しっかり確認しましょう。

未来につむぐ 投資信託つみたて Book インタビュー&コラム 動画特集・運用会社に迫る