職員募集

成長する投資信託、発展する資産運用業界
 投資信託協会は1957年に設立された金融商品取引法上の認定協会です。
 投資信託やREIT等を運用する資産運用会社205社(2023年2月末現在)を正会員とし、投資信託やREIT等の健全な発展のため、金融商品取引法上の自主規制機関として様々な業務を行っています。
 職員数は50名程度ですが、280兆円もの資産規模を有する日本の投資信託業界の最前線で頑張っています。(詳細については「協会について」及び「開示資料」をご覧ください)


2023年度キャリア採用職員の募集について

 本会では、業務の遂行に当たって、下記のようなスキルをはじめ、様々なスキルを持った方、第二新卒の方など、幅広く人材を募集しております。
・投資信託やREIT等に関連する業務経験(販売、企画、その他)をお持ちの方
・総務、経理関係の業務経験をお持ちの方(投資信託等の業務経験を問わず)
・資産運用業界に関心があり、投資信託やREIT等の発展に貢献したい方
 そして、機動力があり、協調性のある方をお待ちしています。
 詳細については募集要項をご覧の上、ご応募をお待ちしています。

募集職種と主な業務


主な業務の内容
総務室
・業界の発展に向けた重要な議論を行う「理事会」を運営します
・協会事務局全体の運営、人事、労務などを行います
経理室
・事業計画を踏まえた予算執行状況の把握、決算作業等を通じて、適切な資金管理を行います
・日々の資金の経理処理実務の他、職員の福利厚生を担います

統計情報室
・投資信託に関する各種データを収集し、内外に公表します
調査広報室
・日本の投資信託や資産形成に関する調査・研究を行います
・「2041年, 資産形成をすべての人に」報告書を公表しました
広報企画室
・NISAやiDeCoの周知、長期・分散・積立投資による資産形成を紹介するOnlineセミナーや動画配信等の広報活動を行います

自主規制企画室
・投資信託の健全な発展に向け、適切なルールを策定します
会員監理調査室
・会員会社の法令遵守向上に向け、適切なアドバイスを行います

企画政策室
・税制改正大綱や政府の政策、官庁審議会に業界の意見が反映されるよう、党や政府、行政に働き掛けを行います
国際企画室
・各国の投資信託協会との会議や情報交換、連携を行います