情報を得るには

目論見書/資産運用報告

目論見書

REITが証券取引所に新規に上場したり、公募増資をするときは、投資法人の仕組みや運用方針、運用体制、投資リスク、手数料や申込み方法、換金方法などを記載した「目論見書」が作成されます。新規上場するREITの販売はいくつかの証券会社が引き受けますので、そのREITを買いたい人は引受証券会社で目論見書を入手し、内容を確認したうえで、購入の申込みを行ってください。その際、引受証券会社に取引口座を開設する必要があります。
なお、既に上場しているREITが公募増資をする際に作成される目論見書は、その内容の一部について記載を省略し、財務局等に提出している有価証券報告書を参照する方法をとっている場合もあります。

目論見書とほぼ同じ内容の「有価証券報告書」は財務局等で閲覧できるほか、金融庁のホームページに掲載の「EDINET」や証券取引所でも閲覧が可能です。

資産運用報告

J-REITを保有している投資家に対して、運用の状況などを知らせるために作成・交付される書類が「資産運用報告」です。投資信託で言えば、運用報告書にあたる書類です。

資産運用報告には多くの情報が記載されています。たとえば、「保有物件」「投資法人の運用状況等の推移」「分配金等の実績」「今後の運用方針」「主要な保有資産」「借入状況」などです。多くの場合、新規取得物件や保有物件が写真入りで紹介されています。

資産運用報告は、J-REITの決算ごとに作成され、投資家に送付されています。
日本の証券取引所に上場しているJ-REITの多くは、年に2回決算を行います。つまりこの場合、投資家は年に2回、資産運用報告を受け取ることになります。

資産運用報告は、J-REITの投資証券を保有している投資家に向けて発行されていますが、証券取引所に上場されている場合は、誰でも資産運用報告を証券取引所で閲覧することができます。また、不動産投資法人のホームページからダウンロードできる場合もあります。

NISAで投信はじめよう インタビュー&コラム 動画特集・運用会社に迫る 投資信託に関するレポート等(シンクタンク等へのリンク)