バックナンバー

バックナンバー

No.401(2018年7月4日発行)>>投資信託の議決権行使について

●=●==============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン     No.401        2018/7/4
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                                                        
●=●==============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
  ◆「投信フォーラム2018 in 仙台」開催のお知らせ
 ◆ 新刊 2018年版ガイドブックを作成しました!
 ◆「投資信託の世界統計(2018年第1四半期)」公表のお知らせ
 ◆ 日本証券業協会「はじめての資産運用講座」のご案内

2.募集中ファンド

3.投資信託に関するQ&A集‐273‐
 ◆ 投資信託の議決権行使について

4.その他
   投資信託概況の発表日

5.カフェコーナー
  ◆ 古着を売りに



■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス

  ◆ 「投信フォーラム2018 in 仙台」開催のお知らせ

当協会では、資産運用の有効な手段である投資信託について知識を深めていた
だくため、全国各地で「投信フォーラム」を開催しています。

7月21日(土)は、宮城県仙台市での開催となります。

第1部が脳の発達や加齢のメカニズムの研究がご専門で、子どもの才能の伸ばし方
などに関する著書が好評の東北大学教授 瀧 靖之(たき やすゆき)氏による講演。

第2部は、FPをコーディネーターに、第1部の瀧氏と運用会社の専門家2名を
パネリストに迎え、つみたてNISAや確定拠出年金についての話や、来場希望者
から事前に頂いた質問などを基にパネルディスカッションを行います。

【開催概要】

  主催:投資信託協会  河北新報社  全国地方新聞社連合会  
  日時:平成30年7月21日(土)  13時30分~16時10分(13時開場)
  会場:仙台国際センター(仙台市青葉区青葉山無番地)

  第1部/トークショー
      演題:「脳を生涯健康にする最高の習慣とは」
    講師:東北大学加齢医学研究所機能画像医学研究分野教授
             瀧 靖之(たき やすゆき)氏

    第2部/パネルディスカッション
      演題:「どう使う?知って得するNISAと確定拠出年金」

    コーディネーター:ファイナンシャルプランナー
             
              馬養 雅子(まがい まさこ)氏

   パネリスト:第1部ゲスト
             瀧 靖之(たき やすゆき)氏
         ニッセイアセットマネジメント株式会社 
           投資信託企画部 リテールコミュニケーション室 室長
             嶋崎 淳(しまざき あつし) 氏
         ジャパン・リート・アドバイザーズ株式会社
           取締役 チーフ・フィナンシャル・オフィサー
             夏目 憲一(なつめ けんいち) 氏

 お申込み受付中です!

  詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
 https://www.toushin.or.jp/seminar/2018/18280/



-------------------------------■□■□■------------------------------

 ◆ 新刊 2018年版ガイドブックを作成しました!

当協会は、2018年版の「投資信託ガイド」、「REITガイド」を発刊しました。

各ガイドでは証券投資信託とREITについて、それぞれの仕組みや魅力、リスク
など基本的な内容から、申込み~換金までの一般的な購入の流れなど、抑えて
おくべきポイントを網羅。
NISAやDCなど制度を紹介するページでは、今年から始まった「つみたてNISA」
に関する解説を増補しています。

ご請求いただいた方には、これらガイドと各種リーフレット併せて7冊1セットを
無料でプレゼントしています。

ご希望の方は、下記の当協会ホームページよりご請求下さい。
 http://www.toushin.or.jp/guidebook/



-------------------------------■□■□■------------------------------


 ◆「投資信託の世界統計(2018年第1四半期)」公表のお知らせ

当協会は、世界の投資信託業界の最新動向を調査する資料として、国際投資信託
協会が加盟各国の協力により集めたデータをもとに、四半期毎に「投資信託の
世界統計」を公表しております。

今回、2018年第1四半期(1-3月)分を公表しております。

 詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
 http://www.toushin.or.jp/statistics/world/



-------------------------------■□■□■------------------------------

 ◆ 日本証券業協会「はじめての資産運用講座」のご案内

日本証券業協会が全国各地で投資未経験者、初心者の方を対象とした
「はじめての資産運用講座」を開催します。

本講座では、資産運用の基礎や金融商品の仕組みに加え、NISAや確定拠出年金の
活用法などについて学ぶことができます。
この機会に、金融や資産運用について日頃の疑問を是非解決してみて下さい!

 現在、以下の日程のセミナーの参加申込を受け付けています。
(締切など随時更新されていますのでご注意ください。)

  7月:水戸市、松江市、鳥取市、横浜市、さいたま市、大阪市、名古屋市
     秋田市、宮崎市、千葉市
 8月:千代田区、鹿児島市、大阪市


  申し込み方法等、詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
 http://www.e-104.net/



■□■-----------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型> 7月中に設定されるファンド・・0本
<株投追加型> 設定日が7月中のファンド・・・23本

  詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
  http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/



■□■-----------------------------------------------------------------

3.投資信託に関するQ&A集‐273‐

 ◆ 投資信託の議決権行使について

6月は株主総会のピークでした。報道を見ると、日本版スチュアードシップ・
コードやESG投資への関心などから、機関投資家の議決権行使の動向が以前に
増して注目されているようです。

投資信託の運用会社も機関投資家であり、株式に投資を行う投資信託では、
投資先企業の株主として、議決権を持つことになります。

運用会社の議決権の指図に関しては、法令や当協会の規則などで規定されて
おり、各社はこれら法令等に則って、受益者の中長期的な投資リターンの
最大化を図るため、投資先企業の成長に資するよう適切な議決権行使を行っ
ています。

法令等とは具体的に・・・
投信法第10条において「投資信託財産として有する有価証券に係る議決権・・・
の行使については、投資信託委託会社がその指図を行うものとする。」
と規定されています。

当協会の規則では「正会員の業務運営等に関する規則」の第2条で、「議決権の
指図行使の基本的考え方及び意思決定に係る権限等に関する規定を定めるものと
する」旨が規定されており、さらに、具体的にどのようなことを規定に定めるの
かについては、当協会のガイドライン「議決権の指図行使に係る規定を作成する
に当たっての留意事項」に規定されています。

また、運用会社の多くは「責任ある機関投資家」の諸原則<日本版スチュアード
シップ・コード>の受け入れを表明しており、議決権の行使と行使結果の公表に
ついて明確な方針を持つこととしています。

運用会社は、自社の議決権の行使に関する基本方針や行使結果について、ホーム
ページで開示しています。

当協会でも、運用会社に対し、毎年5、6月に開催された株主総会における国内
株式の議決権行使状況についてアンケート調査を行い、その結果をとりまとめ
ホームページ上で公表しています。

投資信託協会ホームページ「議決権行使状況についてのアンケート調査結果」
https://www.toushin.or.jp/statistics/report/voting/

「日本版スチュアードシップコード」についてはQ&A集第224回をご覧下さい。
https://www.toushin.or.jp/mailmag/backnumber/pages/detail/321/

「ESG投資」についてはQ&A集第270回をご覧下さい。
https://www.toushin.or.jp/mailmag/backnumber/pages/detail/420/



■□■-----------------------------------------------------------------

4. その他

  ◆ 投資信託概況の発表日

当協会では毎月1回、前月末の純資産等の統計を発表しております。
6月分の発表は7月12日(木)を予定しております。なお、ホームページへの
記事掲載は同日16時00分頃の予定です。



■□■-----------------------------------------------------------------

5.カフェコーナー

 ◆ 古着を売りに

先日、タンスを整理し終えた女房から「これ売ってきて」と大きな袋ビニール
袋を渡されました。

見ると、不要とみなされた衣類がパンパンに詰まっています。

案の定、私の「思い出」達が断りなく捕らわれていたので大半を救出。しかし、
カビが生えているからと衣類3着は売られることに。
時間をかけて説得したものの、足を止めて聞いてくれることなど一瞬たりとも
なく、とにかく「売ってこい」の一点張りでした。

やむなくその3着と女房の衣類30着あまりを抱えてリサイクルショップへ。

提示された金額は2万6千円。

うち2万4千円が私の衣類3着。当然、2万6千円から2万4千円を引けば2千円です。
女房の衣類はほとんどが10円、高いもので700円と表示されていました。

帰宅して値段を告げました。「いいね!私の何がそんなに高い値段だったの?」
と聞いてくるので、こわごわ内訳を話すと「じゃあ何にそんな金額がついた!」
と言われ、カビのついたジャケットが1万8千円だったこと、20年前に発売された
そのジャケットは専門的に買い取りを行っているところにいけばもっと高値で
買い取られる可能性があることなど、売りに行く前におこなったはずの必死の
説得を再現しました。

するとどうでしょう「なんで売るのよ!そんな大事なものを!」と叱られるでは
ありませんか(涙)。

「あなたが売れと言ったんでしょうよ!」と返したかったのですが、言葉を
呑み込みました。

ただ、売りに出したものでこの値段でしたから、私が必死で救った「思い出」
たちが新たに女房から目を付けられてしまったのではないかと思うと家を空ける
のが怖くなります。

                             (S.I)



=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「REITガイド」
「なるほど!投資信託説明書ガイド」「知っておきたい投資の基本」
「まるわかり!!運用報告書」などをセットにして、無料でお送りしています。


ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、一般社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:一般社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る