バックナンバー

バックナンバー

No.39 (2003年6月18日発行) >>J-REITにはどんな種類がありますか



●=●=============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン    No.39         2003/6/18
                                発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                       
●=●=============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1. お知らせ
    ◆2003年版 ガイドができました!
    
    ◆投資信託の市場動向(5月中)
       
       ―今回より不動産投信(REIT)の統計も掲載しています―

2. 募集中ファンド

3. 投資信託に関するQ&A集  -8-
    ◆J‐REITにはどんな種類がありますか?

4.その他
    ◆投資信託に関する書籍の紹介

5. カフェコーナー
    ◆「焼鳥とタイミング」


■□■□■------------------------------------------------------------

1. お知らせ

◆ 2003年版 ガイドができました!◆


投資信託はじめるなら、まずこの2冊。
「投資信託ガイド」&「不動産投資法人ガイド」を2冊セットでプレゼント。

投資信託協会では、一般消費者向けに投資信託をわかりやすく解説した「投資
信託ガイド」と「不動産投資法人ガイド」を作成しています。2003年版で
は、平成16年1月から適用される優遇税制について解説する頁を新たに設け
ました。
これから投資信託をはじめてみようと思われている方にも、また今もっている
けどもっとよく知りたい方にも、投資信託の仕組みや種類、情報入手の方法な
どが盛り込まれた、わかりやすいガイドです。

ご希望の方は、下記宛にお申し込みください。
メールアドレス:jita-kouhou@toushin.or.jp
件名に「ガイド希望」と入力の上、郵便番号、住所、氏名をお知らせください。
お届けまでに1週間程度かかりますがご了承ください。

なお、発送はお一人様1セット(それぞれ1冊)限りとさせていただきます。



◆ 投資信託の市場動向(5月中)◆

(1)資産の動向……株式市況が好転したことにより株式投信は2ヶ月連続の
                    増加。これにより投信全体の純資産も増加。

5月の設定等の状況を見ると、

●株式投信

年複数回分配を行うバランス型ファンドの設定の増加が寄与し、1,505億円の
資金増加(設定―解約)となった(15ヶ月連続の増加)。更に運用ベースで
もプラスとなり、先月に引き続き純資産は増加となった。

                                                        <単位:億円>

                   設定         解約            純資産計(前月比)
1.株式投信       7,858       6,352            174,392(8,918)
2.公社債投信    19,996      21,775            124,434 (▲1,759)
3.MMF         1,663       2,356             51,371 (▲692)
合計1+2+3    29,518      30,485            350,198 (6,460)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用増減が加
        味されますので、本表では一致しません。


(2)運用状況

5月の運用状況を見ると、
株式投信における株式の組み入れ比率は、前月末と比較すると50.5%→
49.7%と低下し、全体の公社債の組み入れ比率は55.0%→55.1%
とわずかながら上昇した。                               
                                                        <単位:%>

                      株式              公社債          余資等※
1.株式投信          49.7              40.5            11.1
2.公社債投信         ―               76.3            25.8
3.MMF           ―                 53.6            50.0
合計	1+2+3    24.7              55.1            22.0

※余資等とは預金、金銭信託、コール・ローン、割引手形、CD、CP等が含
  まれます。

● 株式の売買状況(国内外合算) 644億円の売り越し。


(3)主体別残高状況
                                                        <単位:億円>

                        証券会社        銀行等      投信会社      合計
1.株式投信             108,958        63,208         2,226   174,392
2.公社債投信           113,877         9,943           612   124,434
3.MMF                36,112        13,608         1,649    51,371
合計	1+2+3       258,947        86,761         4,489   350,198
         (前月比)     (2,325)      (4,325)     (▲184) (6,466)

(保有割合:%)         (73.9)       (24.8)       (1.3) (100.0)


(4)契約型私募投資信託の資産の動向
                                                        <単位:億円>

                        設定        解約        純資産計(前月比)
合計(株投+社投)     3,110       1,954          84,345(3,110)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用増減が加
        味されますので、本表では一致しません。

(5)不動産投信(REIT)
                15年4月(前月比)         15年3月          前年4月
純資産計      4,930億円(8億円)        4,921億円        2,613億円
売買高計※     87,609口                  58,110口         19,047口
売買代金計※    447億円                   283億円           96億円
(※は東証調べ)

(6)マーケット指標
                15年5月末(前月比)    15年4月末         前年5月末
日経225       8,424.51(593.09)     7,831.42         11,763.70
TOPIX         837.70(41.14)        796.56          1,120.08
               (250回債)            (249回債)       (239回債)
国債利回り          0.530(▲0.08)        0.610             1.390
為替(1$)       118.30(▲1.35)       119.65            123.45
東証REIT指数     1,110.39(31.1)       1,079.29               -

■□■□■------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド


6月18日現在の新規設定ファンドについて、手数料、購入窓口等が一覧表に
なっています。
追加型については設定日が6月中のファンド、単位型については6月18日が
募集期間に含まれているファンドです。
詳しくは添付のファイルをご覧ください。

(fund03062.pdf)

■□■□■------------------------------------------------------------

3. 投資信託に関するQ&A集  -8-

◆J-REITにはどんな種類がありますか?

不動産を主な運用対象とする投資信託を米国ではREIT(リート)と呼んで
いますが、日本ではその日本版という意味J-REITで(Japanese Real Estate I
nvestment Trust)と呼ばれています。

★不動産投資信託の誕生
不動産投資信託は1960年代に米国で誕生しました。日本でも1998年に
SPC法(資産流動化を行う特定目的会社の組織や業務内容などについて定め
た法)の施行により不動産証券化商品の充実が見られたことや不動産の流動化
が求められる環境にあって、個人投資家による小口の不動産運用を実現するた
めの方法として上場不動産投資信託という新しい商品が誕生しました。
従来の投資信託では不動産などの組入れは認められていませんでしたが、
2000年11月法律名も「投資信託及び投資法人に関する法律」に改められ、
投資信託の組入れ対象として有価証券だけでなく実物不動産なども認められ不
動産投資信託誕生のための制度が整えられました。

★不動産投資信託の種類
法律では3種類の不動産投資信託が認められています。

(1)投資法人(会社型)
J-REITと呼ばれているのはこの種類で、不動産投資信託として東証に上
場されている6種類もこのタイプに該当します。
仕組みは、不動産への投資と運用を目的とした特別な法人が、株式会社が株式
を発行するように「投資証券」と呼ばれる有価証券を発行して投資家からの資
金を集めます。投資法人は集まった資金や金融機関からの借入金で不動産を購
入し、賃貸収入や売却益を得、諸経費を差し引いた後の利益を投資家に分配す
るという仕組みになっています。
この特別な法人は税法の規定により課税所得の90%超を分配することにより
法人税が免除されます。また、法律により実質的な業務を行うことが禁止され
ているので、実際の運用等は外部の専門家(内閣総理大臣から認可を受けた投
資信託委託会社)が行っています。

(2)委託者指図型投資信託
従来からある投資信託の一般的なタイプです。
投資信託委託会社が不動産の運用を行い、信託銀行が不動産の保有・管理を行
います。また、発行される有価証券も一般的なタイプと同様「受益証券」とな
ります。

(3)委託者非指図型投資信託
このタイプと(2)が大きく異なる点は資産の運用を誰が行うかということで
す。委託者指図型では投資信託委託会社が運用を行いますが、委託者非指図型
では信託銀行が行います。このタイプも「受益証券」が発行されます。

★不動産投資信託の購入
不動産投資信託として投資家の方が購入できるものは現在東証に上場されてい
る6種類があります。
不動産投資信託は株式と同様に証券会社の窓口やオンライン取引で購入するこ
とができ、株式と同様、指値による購入ができるなど通常の投資信託というよ
りは株式に近い仕組みとなっています。
株式については市場の動向を示す指数(TOPIXや日経平均株価など)がニ
ュースなどで報道されますが、不動産投資信託についても東証が上場全銘柄か
ら算出した「東証REIT指数」を毎日公表しています。詳細は下記アドレス
をご覧ください。
http://www.tse.or.jp/cash/reit/tri/index.html

★不動産投資信託の税金
不動産投資信託にも優遇税制が適用されており、平成15年4月1日以降の収
益分配金、平成15年1月1日以降の売買益について10%の税率となってい
ます。売買損は確定申告により3年間の繰越しもできます。詳細については証
券会社などにおたずねください。

投資信託の優遇税制については下記アドレスをご覧下さい。
http://www.toushin.or.jp/info/t030617.pdf


次回は「ETFにはどんな種類がありますか」についてお答えします。


■□■□■------------------------------------------------------------

4.その他

◆投資信託に関する書籍の紹介

★Q&A知らないと損!株式売買 配当 投信と相続・贈与の税金はこんなに変
わった! ★
(投資者~実務家向け)
松本 晃著
発行:中央経済社<224頁/2,400円>

平成15年から大きく変わった株式の売買・配当・投資信託に関する税金およ
び相続税・贈与税の画期的改正の内容とその活用の仕方等をQ&Aでわかりや
すく解説した書。



■□■□■------------------------------------------------------------

5. カフェコーナー

◆焼鳥とタイミング ◆

最近、焼鳥屋がひそかなマイブームとなっている。何人かで飲みにいくことに
なったとき、お酒好きの某氏に美味しいとお墨付きの焼鳥屋を教えてもらった
のがきっかけだ。しかし、そのときは空席がなく、さりとて並んで順番を待つ
までの時間的余裕もなかったので、やむなく他の店に入った・・・

それから何日かしてカードのご利用明細が送られてきた。毎月サービスがつい
た各種店舗のお知らせも同封されてくるが、なんとその中で例の焼鳥屋が紹介
されていた!
サービスの内容は飲食代が20%オフ、口コミに加えてここまで書かれたので
は行かない手はない。早速友人を誘って例の店を訪れ、舌で噂の真相を調査す
ることに。店で一番有名な手羽先唐揚げをはじめ、たくあんと和野菜のサラダ、
数種の串焼きをオーダーした。幾度かの挑戦でやっと入店できたという思いか
ら、期待が大きすぎたのか、感心させられる料理もあったが肝心の串焼きには
少々期待を裏切られた気がした。

この話を焼鳥通のグルメな友人にしたところ「焼鳥はカウンターで食べなきゃ
だめよ」と言われた。大人数でテーブルで食するには焼鳥は向かないというの
である。確かにテーブルとなると運んでくるまでの時間に加え、楽しい会話で
話が弾んでいたりすると口に入れるまではかなりの時間がかかる。カウンター
で焼き立てを置いてもらい、すぐに頬張るのが焼鳥の味を楽しむ“ベストタイ
ミング”だと知った。

タイミングといえば投資もタイミングが大切である。お金を貯めるため暫く前
からあるファンドを口座引き落としで毎月一定額ずつ買付ていた。最初の数ヶ
月は引き落とし金額に比べて残高が少なくても今月の買付口数が増えたからと
大きく構えられたが、送付されてくる度に残高が減っているとさすがに余裕が
なくなり、このところ買付を休止していた。ここにきて市況が上向いていると
いうよいニュースが流れるようになった。日経平均は年初来安値7607
(4/28)から2ヶ月弱で18%上昇(6/17)したが、私の資産運用
は・・・株価が低いときほど我慢して買付口数を増やしておけばよかったと過
去が悔やまれる。(千里眼)



=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。
  (入会)
      http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub.html
  (退会)
      http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub2.html
      
■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想は、
    jita-public@toushin.or.jp  までお願いいたします。
      
=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、社団法人  投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。
  投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可なく複製再
  配信等を行うことはできません。
  投資等のご判断はご自身の自己責任においてなされますようお願いいたします。
  
         ------------------------------------------

  編集・発行 : 社団法人  投資信託協会   広報部

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===




バックナンバー一覧へ戻る