バックナンバー

バックナンバー

No.47 (2003年10月15日発行) >>長期公社債投信の換金時の手数料について教えてください





●=●=============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン    No.47        2003/10/15
                                 発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                       
●=●=============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1. トピックス
    ◆「投信フォーラム2003」の開催
    ◆ 投資信託の市場動向(9月中)
    
2. 募集中ファンド

3. 投資信託に関するQ&A集  -16-
    ◆ 長期公社債投信の換金時の手数料について教えてください。

4. カフェコーナー
    ◆「初めての海外旅行」

■□■□■------------------------------------------------------------

1. トピックス

◆「投信フォーラム2003」の開催(入場無料)◆

日本経済は長引く不況から変化の兆しが見えます。規制緩和による新しい金融
商品や金融サービスが出揃うなか、有力な資産運用のひとつである投資信託を
ご理解いただくために、一般投資家の方々を対象にした講演会を開催いたしま
す。
著名な経済評論家や投資信託の専門家による、わかりやすく実践的な講演です。
投資信託に関しては、投資信託の魅力、購入時のポイントやETFや不動産投
信といった商品についての説明が行われる予定です。
この機会にぜひご参加ください。

★横浜講演会★
開催日:10月29日(水)
場  所:はまぎんホール
時  間:開場/13:00    開演/13:30
講  師:第1部  三原淳雄氏「大転換期の発想法~変化こそ投資のチャンス~」
        第2部  田井誠一氏「これからの資産運用~投資信託の活用法~」

★広島講演会★
開催日:11月7日(金)
場  所:広島市青少年センター
時  間:開場/13:00    開演/13:30
講  師:第1部  財部誠一氏「変革期の日本経済を読む」
        第2部  大西善一郎氏「知って買う!?知らずに買う!?投信のノウハウ」

参加には、事前申し込みが必要です。
〒住所、氏名、年齢、電話番号、参加人数、会場名を明記の上、下記のいずれ
かの方法でお申し込みください。後日招待券を発送いたします。

「投信フォーラム2003」事務局宛
ハガキの場合:〒104-8176  東京都中央区銀座7-13-20
  FAX:03-3541-7533
  Email:toushin@nks.jp
お問い合わせは  TEL03-5565-5381(投信フォーラム事務局)

※講演者、講演内容については、都合により変更になる場合もございますので、
 あらかじめご了承願います。




◆投資信託の市場動向(9月中)◆

(1)資産の動向……投信全体の純資産は5ヶ月連続の増加
(前月比2,156億円の増加)。内、株式投信は6ヶ月連続で増加し、純資
  産は20兆1,009億円に(平成6年2月以来の20兆台乗せ)。

9月の設定等の状況を見ると、
・総合計は4兆5,912億円の設定。内、株式投信の設定は1兆1,183億
  円(8月に引き続き1兆円台の設定額)。

                            <単位:億円>
           設定      解約      純資産計(前月比)
1.株式投信    11,183      6,496      201,009(+4,874)
2.公社債投信   33,097      34,058     124,837  (▲954)
3.MMF      1,631      3,395      46,174 (▲1,764)
合計[1+2+3] 45,912      43,951       372,021 (+2,156)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用増減が加
    味されますので、本表では一致しません。


(2)運用状況

9月の運用状況を見ると、
株式投信における株式の組み入れ比率は、前月末と比較すると
52.3%→51.9%とわずかながら低下し、全体の公社債の組み入れ比率も
53.3%→53.0%と低下した。

                             <単位:%>
             株式     公社債      余資等※
1.株式投信       51.9      38.2      11.0
2.公社債投信       ―      73.7      24.4
3.MMF         ―      61.4      37.7
合計[1+2+3]      28.1       53.0      18.8

※余資等とは預金、金銭信託、コール・ローン、割引手形、CD、CP等が含
 まれます。

● 株式の売買状況(国内外合算) 664億円の売り越し。

(3)主体別残高状況
                            <単位:億円>
         証券会社    銀行等    投信会社    合計
1.株式投信   124,471    74,360     2,177   201,009
2.公社債投信  116,273     8,188      375   124,837
3.MMF     32,794    12,533      846   46,174
合計[1+2+3]273,539    95,082     3,399    372,021
  (前月比)  (+792)   (+1,481)      (▲118)   (+2,155)

(保有割合:%)   (73.5)  (25.6)   (0.9)  (100.0)


(4)契約型私募投資信託の資産の動向
                                                     <単位:億円>
            設定      解約   純資産計(前月比)
合計(株投+社投)    4,491      6,851    92,895(▲1,952)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用増減が
        加味されますので、本表では一致しません。

(5)不動産投信(REIT)
       15年8月   (前月比)    15年7月       前年8月
純資産計   5,274億円(+7億円)   5,266億円     4,182億円
売買高計※   50,405口         75,229口     31,865口
売買代金計※   255億円         324億円      130億円
(※は東証調べ)

(6)マーケット指標
                15年9月末(前月比)  15年8月末  前年9月末
日経225(円)     10,219.05(▲124.5)  10,343.55   9,383.29
TOPIX(ポイント) 1,018.80(+16.79)   1,002.01    921.05
為替(1米$:円)      111.25(▲5.9)     117.15     122.60
東証REIT指数      1,108.99(▲21.07)   1,087.92      -
  (ポイント)
           (254回債)     (253回債)    (242回債)
国債利回り(%)     1.380(▲0.09)   1.470       1.180

■□■□■------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンド(10月15日現在)について、手数料、購入窓口等が一覧
表になっています。
追加型については設定日が10月中のファンド、単位型については10月15
日が募集期間に含まれているファンドです。
詳しくは添付のファイルをご覧ください。



(fund03102.pdf)

■□■□■------------------------------------------------------------

3. 投資信託に関するQ&A集  -16-

◆長期公社債投信の換金時の手数料について教えてください。◆


長期公社債投信は換金時に1万口当たり0円から100円の手数料及び手数料
に対する消費税相当額が徴収されます。

★長期公社債投信とは
国債、地方債、金融債、電力債券等の公社債を中心に投資する公社債投資信託
です。また買付時には手数料がなくその代わりに換金の際に手数料を徴収する
商品です。
現在、長期公社債投信は7社が運用し、毎月20日頃に設定されています。

★長期公社債投信の手数料
換金時に徴収される手数料は購入された時点に定められた額です。
市中金利が高いときには公社債投信の運用成績も期待できますので1万口につ
き100円(1%)徴収されてもそれなりの利益が手元に残りますが、今のよ
うな低金利下にあっては1年運用しても1%にも満たず解約の際に1%徴収さ
れるだけで元本を割ってしまいます。こうした状況を受けて最近では手数料も
引き下げられています。ここで気をつけなければならないのは既に持っている
受益証券の解約についてです。購入時に定められた手数料が適用されますので、
引き下げられた額が適用されるものではありません。

長期公社債投信は昭和36年に誕生しましたが、当時の解約時手数料は25円、
その後昭和37年4月以降に設定されたものについては100円に引き上げら
れ、それ以降かなり長い間解約手数料100円で募集されていました。しかし
昨今では低金利を反映して0円~25円程度にまで手数料が引き下げられてい
るようです。(販売会社により異なります)

換金の際の手数料については、目論見書に記載されていますのでご確認くださ
い。購入時には目論見書を交付していますがお手元にない場合は店頭でお尋ね
いただいてもお調べできます。その際はいつ購入されたのかも併せてお知らせ
ください。

★基準価額を調べるには
当協会のホームページでは全ファンドの日々の基準価額と純資産総額が検索で
きます。
下記アドレスをクリックし、「国内で設定された全ファンド」の商品分類で
「長期公社債投信」を選択後、検索ボタンをクリックしてください。

http://www.toushin.or.jp/kijunsearch/index.html

また、インターネットを利用できない方には日経新聞の土曜版でも閲覧が
できます。マーケット総合面に<公社債投信基準価格>として木曜日現在の基
準価額が掲載されています。

長期公社債投信は公社債のみで運用しますので株式を組み入れて運用する株式
投資信託ほどには動きませんが、時には基準価額の動きをチェックすることも
大切です。


次回は「基準価額はどうやって算出されていますか。」についてお答えします。



■□■□■------------------------------------------------------------

4.カフェコーナー

◆「はじめての海外旅行」◆


先月遅めの夏休みをとってハワイへ行ってきました。留学している友人が現地
にいるので宿泊費はいらず、往復の航空チケットだけ購入すればよかったので
格安で行けたと思います。

恥ずかしながら今回が初の海外旅行ということで予行演習を入念に行いました。
入国審査で何か聞かれたら「サイトシーイング」と答えるべしというなんとも
アバウトながら頼もしいアドバイスに忠実に従い何度も「サイトシーイング」
と念仏の様に唱えながら出国の日を迎えました。

出発当日、手続き関係はスムースに終わらせることができ、実家や友人に電話
をかける余裕も。そうしているうちに搭乗する時刻がやってきました。機内に
案内されるや比較的広めのシートを発見した自分は、「そうだよね。やっぱり
7時間も8時間も乗ってるんだからこれくらいシートに余裕がなくっちゃ。う
む、うむ。」と1人で勝手に納得をしていたのですが、なかなか自分のチケッ
トに書いてある座席番号がありません。「えっ?まだ後ろか?」と探している
と、進行方向の先、視界の隅にアリエナイ程狭い席が見えたので嫌な予感がし
たのですが予感は的中、その一角に私の座席番号を見つけました。(最初に見
たのはビジネスクラスのシートでした。)とりあえず座ってみましたが、体の
大きい私は少しでも油断すると肘掛内側のボタン類を大腿部で押しかねません。
約7時間余りトイレにもいけず、私にできるのは小さくなって「早く着いてく
れー」と願うことだけでした。

「サァイトシーイン!」練習どおり入国審査を済ませ晴れてハワイの地へ足を
踏み入れました。出口を出ると私の後方から「アローハー」の声と共に友人が
アメリカの国旗(小)を振りながらやってきました。異国の地で会うことの不
思議さを二人口にしながら荷物を降ろすため友人宅へ。「どこか行ってみたい
ところはあるか?」との友人の問いかけに「特にない。」と答えました。私は
現地にいる友人が普段どんなサイクルで暮らしているのかを体験してみたかっ
たので、目的を持ってどこかへ赴くという観光っぽさを極力この旅行からなく
したかったからです。出かけたところといえばスーパーマーケットと公園、海、
ファーストフード店、それに友人の通う大学くらいでしたが、本当にリラック
スできました。

ハワイに着いて3日目、最終日の朝に体が気候の単調さを感じだしていました。
確かに気候はすごく良いのですがどうも変化に乏しい感じがするのです。その
時ふと思ったのですが、四季という季節の変化があって、またそれを楽しめる
のも日本人がそれぞれの季節に移っていく細かい変化を体で感じることができ
るからなのかもしれません。もうすぐ二十四節気の霜降です。皆さん風邪など
ひかないように注意してください。
(S・I)



=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。
  (入会)
      http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub.html
  (退会)
      http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub2.html
      
■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想は、
    jita-public@toushin.or.jp  までお願いいたします。
      
=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、社団法人  投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。
  投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可なく複製再
  配信等を行うことはできません。
  投資等のご判断はご自身の自己責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行 : 社団法人  投資信託協会   広報部

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===





バックナンバー一覧へ戻る