バックナンバー

バックナンバー

No.431(2019年10月2日発行)>>消費増税による投資信託やiDeCoへの影響は?

●=●==============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン     No.431      2019/10/2
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                                                        
●=●==============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
 ◆ 「企業型確定拠出年金カンファレンス2019」講演レポートを公開しました!
 ◆ 国民年金基金連合会「iDeCoシンポジウム2019」開催のお知らせ
 ◆ 日本証券業協会「はじめての資産運用講座」のご案内
  

2.投資信託に関するQ&A集‐288‐
 ◆ 消費増税による投資信託やiDeCoへの影響は?

3.その他
   投資信託概況の発表日

4.カフェコーナー
 ◆「花火」


■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス 

 ◆「企業型確定拠出年金カンファレンス2019」講演レポートを公開しました!

当協会では、本年7月4日(木)に「企業型確定拠出年金カンファレンス2019」を
(株)東京証券取引所((株)日本証券取引所グループ)及び
NPO法人 確定拠出年金教育協会とともに企業の確定拠出年金担当者を対象として
実施しました。

今般、その講演レポートを公開しましたので、お知らせします。  

基調講演レポート
 「確定拠出年金と投資信託の役割」
  一般社団法人 投資信託協会会長 松谷博司

講演レポート
 「若年層に対する退職準備の「見える化」」
  フィデリティ退職・投資教育研究所 所長 野尻 哲史氏

パネルディスカッションレポート 
 「担当者が知っておきたい! 
      加入者のDCへの関心を高める効果的な投資教育の在り方」
  パネリスト  株式会社関電工 労務人事部 労務チーム 主任 高田 浩則氏
          フィデリティ退職・投資教育研究所 所長 野尻 哲史氏
  モデレーター NPO法人 確定拠出年金教育協会 理事兼主任研究員 大江 加代氏


講演レポートをホームページにて公開中です!ぜひご覧ください!

https://www.toushin.or.jp/topics/2019/20526/
 
-------------------------------■□■□■------------------------------
 
 ◆ 国民年金基金連合会「iDeCoシンポジウム2019」開催のお知らせ

国民年金基金連合会は、10月5日(土)広島にて「iDeCoシンポジウム2019」
を開催します。

資産形成に対する関心が高まる中、
将来の生活を支える柱である公的年金を補う役割として注目を浴び、
加入者を伸ばしているiDeCo(個人型確定拠出年金)。

iDeCoの基本的知識から加入のメリット、
公的年金との違いなど、理解を深めていただくためのお時間をご提供します!

テーマは「「分からない」が、「なるほど!」に。iDeCoマルわかりイロハ」

詳しくは下記URLをご覧ください。

【iDeCoシンポジウム2019事務局】
https://eventregist.com/p/ideco_symposium

【iDeCo公式サイト】
https://www.ideco-koushiki.jp/
 

-------------------------------■□■□■------------------------------

◆ 日本証券業協会「はじめての資産運用講座」のご案内

日本証券業協会が全国各地で投資未経験者、初心者の方を対象とした
「はじめての資産運用講座」を開催します。

本講座では、資産運用の基礎や金融商品の仕組みに加え、
NISAや確定拠出年金の活用法などについて学ぶことができます。
この機会に、金融や資産運用について日頃の疑問を是非解決してみて下さい!

 現在、以下の日程のセミナーの参加申込を受け付けています。
(締切など随時更新されていますのでご注意ください。)

10月:名古屋、新宿、御茶ノ水、東京日本橋、京都
11月:神戸、茅場町、奈良、静岡
  申し込み方法等、詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
 http://www.e-104.net/

■□■-----------------------------------------------------------------


2.投資信託に関するQ&A集‐288-

◆消費増税による投資信託やiDeCoへの影響は?

10月から消費税が8%から10%になりました。
投資信託とiDeCoそれぞれどんな影響があるのでしょうか。


《投資信託に係る費用への影響》

まず、投資信託を購入する際に販売会社に支払う費用である、【購入時手数料】に消費税がかかります。
(購入時手数料はファンドによってはかからないものや解約時にかかるものが
あります。)

購入時手数料は、購入代金に対し別途手数料を支払う場合と、
購入代金から手数料分を差し引いてファンドの口数を買付ける場合があります。

購入代金に対し、別途手数料を支払う場合ですと、
例えば、投資信託購入代金100万円に対して3%(税抜き)手数料がかかる商品
であれば、
増税前(税率8%)では税込3.24%でしたので手数料は32,400円でした。
10月からは(税率10%)税込3.3%となりましたので、手数料は33,000円です。
増税により600円の負担増ということになります。

購入代金の中に手数料が含まれる場合ですと、
増税により多く差し引かれた消費税分、購入できる口数は少なくなります。

また、信託財産から間接的に負担する費用として、
【運用管理費用(信託報酬)】や【監査報酬等】にも消費税がかかっています。

ただし、解約する際、信託財産留保額が徴収されるファンドがありますが、
これは販売会社や運用会社が受け取るのではなく、信託財産に留保されるもの
ですので、消費税は掛かりません。


《iDeCoに係る費用への影響》

iDeCoの手数料についてですが、消費増税により口座の開設時(加入時)又は
企業型確定拠出年金からの移換時にかかる【加入・移換時手数料(初回のみ)】
が2,777円から増税後2,829円に。

運用期間中に支払う【加入者手数料(掛け金収納の都度)】103円から105円に。

また、金融機関によって金額が異なりますが、運用期間中の事務委託手数料や
口座管理手数料、給付等に関する手数料、その他に移換時に係る手数料(企業型
確定拠出年金へ移す場合や、金融機関の変更をする場合)にも消費税がかかって
います。


《参考》iDeCo公式サイト(国民年金基金連合会)
https://www.ideco-koushiki.jp/



■□■-----------------------------------------------------------------

3. その他

  ◆ 投資信託概況の発表日

当協会では毎月1回、前月末の純資産等の統計を発表しております。
9月分の発表は10月11日(金)を予定しております。なお、ホームページへの
記事掲載は同日16時00分頃の予定です。


■□■-----------------------------------------------------------------

4.カフェコーナー

◆ 「花火」

先日、9月中旬頃、地元の花火大会に行ってきました。
今年の夏を締めくくる花火でした。
90歳になる祖母の車いすを引いて、母と私と妹と、親子3代で出かけました。

体の不自由な祖母と人込みの中に入るのは難しく、大きな花火大会にはとても
行けないのですが、地元の花火大会は、他と比べると細やかで、しかし間近で
見られる分、迫力と感動はそれら以上なのです。

祖母が最後に花火を見に出かけたのは、20年数年前の、同じこの花火大会でした。

私が5歳くらいの時、私と、母と、祖母と、既に他界した祖父と出かけました。
その時、幼い私は花火の音にびっくりして大泣きしてしまい、
花火を見ることなくすぐに退散して、結局近くのデパートで釜飯を食べて帰った
そうです。


目の前に迫る、大きくて明るい、感動的にきれいな花火は、
週に1度のデイサービスしか出かけることのない祖母にとって刺激になったのでは
ないかと思います。

おじいちゃんにも見せてあげたかったねと話しかけました。

(夜行性ももんが)

=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「リートガイド」
「なるほど!投資信託説明書ガイド」「知っておきたい投資の基本」
「まるわかり!!運用報告書」をセットにして、無料でお送りしています。


ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      https://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      https://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、一般社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:一般社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る