バックナンバー

バックナンバー

No.430(2019年9月18日発行)>>「投信フォーラム2019 in 松江」開催のお知らせ

●=●==============================================================●=●

       投信協会メールマガジン No.430 2019/9/18
           発行:毎月第1・第3水曜日
   
●=●==============================================================●=●

●--● CONTENTS ●--●

1.トピックス
◆「投信フォーラム2019 in 松江」開催のお知らせ
◆「投信総合検索ライブラリー」リニューアルのお知らせ
◆日本証券業協会「はじめての資産運用講座」のご案内 
◆投資信託の市場動向(令和元年8月中)

2.募集中ファンド

3.カフェコーナー
◆ 「スクランブル交差点」


■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス 

◆ 「投信フォーラム2019 in 松江」開催のお知らせ

投資信託協会では、全国各地で「投信フォーラム」を開催しています。
少額からできる投資信託を利用した資産形成の方法をやさしく解説します。

2019年10月5日(土)は、島根県松江市での開催です!

本フォーラムは二部構成となっており、第1部は手書き家計簿作家・主婦 づんさん
による「手書きの家計簿で毎日が潤う」と題しての特別講演。

第2部ではファイナンシャルプランナーによる、つみたてNISAやiDeCo等の
解説と、来場希望者から事前に頂いた質問などを基にパネルディスカッションを行います。
FPの深野 康彦 氏をコーディネーターに、運用会社の専門家と第一部講師のづんさん
をお迎えして、皆様の疑問にお答えいたします!


【開催概要】
  
  日時:令和元年10月5日(土)  13時30分~16時10分(13時開場)
  会場:くにびきメッセ 国際会議場(松江市学園南1丁目2番1号)
  主催:投資信託協会  山陰中央新報社  全国地方新聞社連合会

  第1部/特別講演
    演題:「手書きの家計簿で毎日が潤う」
   講師: 手書き家計簿作家・主婦 づんさん

    第2部/パネルディスカッション
    演題:「どう使う?知って得するNISAと確定拠出年金」

    コーディネーター:ファイナンシャルプランナー
               深野 康彦 氏

       パネリスト:手書き家計簿作家・主婦
                    づんさん
                      一般社団法人 投資信託協会理事 
                      セゾン投信株式会社 代表取締役社長
              中野 晴啓 氏
               大和ハウス・アセットマネジメント株式会社
                      常務取締役 経営管理部長
              有馬 正彦氏


  詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
 https://www.toushin.or.jp/seminar/2019/20412/

-------------------------------■□■□■------------------------------

 ◆ 「投信総合検索ライブラリー」リニューアルのお知らせ

9月17日より投資信託の交付目論見書や基準価額を検索、閲覧できるサイト、
「投信総合検索ライブラリー」が更なる利便性の向上のためリニューアルしました!


(1)投資初心者向けの簡易検索機能をトップページに新設しました。
  「キーワード」検索、リスク(標準偏差)と騰落率のグラフから「商品分類」
による検索、「投資対象地域・資産」による検索、「運用会社・販売会社」に
よる検索が可能となりました。

(2)リターン計算機能を改善しました。
  従来、毎月一定額を最大で5年間積立投資した場合の資産評価額を計算でき
ましたが、想定投資期間を20年に長期化し、毎月一定額を積立投資した場合と
一括投資した場合の資産評価額の推移をグラフ等で比較できるように改善しま
した。

(3)スマートフォン等でも見やすくなりました。
   スマートフォン等のモバイル端末でも違和感なく閲覧できるようにデザイン
を全面的に刷新しました。

是非、ご活用ください!


  詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
 https://toushin-lib.fwg.ne.jp/FdsWeb/

-------------------------------■□■□■------------------------------

◆ 日本証券業協会「はじめての資産運用講座」のご案内

日本証券業協会が全国各地で投資未経験者、初心者の方を対象とした
「はじめての資産運用講座」を開催します。

本講座では、資産運用の基礎や金融商品の仕組みに加え、
NISAや確定拠出年金の活用法などについて学ぶことができます。
この機会に、金融や資産運用について日頃の疑問を是非解決してみて下さい!

 現在、以下の日程のセミナーの参加申込を受け付けています。
(締切など随時更新されていますのでご注意ください。)


 9月:大垣、青森、熊本、甲府、高松
 10月:名古屋、新宿、御茶ノ水、日本橋、京都


  申し込み方法等、詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
 http://www.e-104.net/


-------------------------------■□■□■------------------------------

◆ 投資信託の市場動向(令和元年8月中)

■全体の概況

全体の概況

全体の概況
令和元年8月末の契約型公募証券投資信託の純資産は、前月比2兆6,100億円減少
して111兆8,465億円となった。
このうち、株式投信は前月比2兆2,855億円減少(うち、運用等減2兆9,374億円)
して100兆3,341億円、
公社債投信は前月比3,245億円減少して11兆5,124億円であった。
販売態別に残高を見ると、証券会社経由の契約型公募株式投信の残高は、前月比
1兆8,730億円減少して71兆5,678億円、銀行等経由の残高は3,774億円減少して
27兆9,256億円となった。
契約型私募投資信託の純資産は前月比4,803億円増加して94兆7,846億円となった。



■公募証券投資信託の状況

(1)資産動向
                                                          <単位:億円>
                        設定          解約(償還含む)      純資産(前月比)
株式投信                25,904        17,316          1,003,341 (-22,855)
公社債投信              20,949        24,194            115,124 (-3,245)
株式投信+公社債投信    46,853        41,510          1,118,465 (-26,100)


(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用等増減が加味され
ますので、本表では一致しません。

(2)運用状況

8月中の株式運用について、国内株式は2,063億円の買越し、外国株式は1,647
億円の買越しで8月末の組入株式の時価総額は55兆6,681億円となった。
公社債の運用状況については、国内公社債は6億円の売越し、外国公社債は300
億円の売越しで8月末の組入公社債の時価総額は13兆3,497億円となっている。



(3)主体別残高状況(公募証券投資信託)
                                                          <単位:億円>
                      証券会社      銀行等    投信会社        合計
株式投信               715,678     279,256       8,408   1,003,342
公社債投信             114,706         415           3     115,124
株式投信+公社債投信   830,384     279,670       8,411   1,118,465
(シェア:%)              (74.2)      (25.0)       (0.8)     (100.0)


■私募投資信託の資産動向
                                                          <単位:億円>
                        設定          解約(償還含む)      純資産(前月比)
合計(株投+社投)         21,232        16,129            947,846 (4,803)  


(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用等増減が加味
されますので、本表では一致しません。

■不動産投信(J-REIT)の資産動向
                                                          <単位:億円>
                  元年 7月(前月比)         元年 6月           前年 7月
純資産計         99,633 (350)               99,283              93,275
追加出資額          315                        943                 491



■マーケット指標(参考)

                  元年 8月末(前月比)      元年 7月末         前年 8月末
日経平均株価(円)   20,704.37 (-817.16)       21,521.53         22,865.15
TOPIX(ポイント)     1,511.86 (-53.28)         1,565.14          1,735.35
為替(1米$:円)       106.46 (-2.18)            108.64            111.06
東証REIT指数       2,082.64 (65.16)          2,017.48          1,752.65

(ポイント)
                           (355回債)          (355回債)      (352回債)
国債利回り(%)        -0.269 (-0.116)           -0.153             0.110
  



■□■-----------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容を一覧表にしています。
<株投単位型> 9月中に設定されるファンド・・・  3本
<株投追加型> 設定日が9月中のファンド・・・・17本

詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/

■□■-----------------------------------------------------------------

3.カフェコーナー

◆ 「スクランブル交差点」

映画やドラマの「エンドロール」を見るのが好きですと公言するのも変ですが、
見た映画やドラマがどこの場所や施設で撮影されたのかに興味があるからです。
最近は撮影場所として最適な場所を確保するのも大変だと聞きます。
その一つが「渋谷のスクランブル交差点」で、ハロウィーンなどでの迷惑行為や
通行量の多さなどから、撮影のための使用許可が難しいとのことです。

それではということで、7月から、某映像美術会社によって、
北関東に位置するA市に映画撮影用の大規模なオープンセットが造成されている
と報じられています。
報道によれば、このセットは、2003年に廃止された市営競馬場の跡地の一画、
約1.5ha(100M×150M)のグランドに、アスファルト道路、ハチ公前広場、
渋谷センター街入口などが実物大で再現され、コンピュータグラフィックスと
組み合わせて渋谷の街を再現するようです。

この大型セットを使っての映画撮影が、今月21日から23日までの3日間に
渡って、各日ともエキストラ約1,000人規模で行われ、「渋谷の交差点周辺を
訪れた人たち」の役を演じてもらうようです。
関係者ではないですが、当日、台風は来ないだろうか、雨は降らないだろうか、
連日1,000個以上の「ロケ弁」はどのように調達するのかなど、余分な心配を
してしまいます。

ただ残念なことに撮影用のセットであるため、一般の人の見学ができないとの
ことです。
このため、A市側では一般の人の見学が可能となるように制作会社に働きかけを
行っているようです。
本家本元のスクランブル交差点を渡ったことのない人たちに疑似体験してもらう
ためにも、見学会が実現できることを願うばかりです。

また、このセットは複数の撮影が終わる今年12月には撤去予定となっているよう
です。
撤去しないままだと防災対策や維持管理費などの難しい問題があるのだとは思い
ますけれども、話題性の少ない地方都市にあっては魅力的でしょうから、
「クラウドファンディング」(寄付型)を利用した資金を活用するなどの方法
で、少しでも長く有効活用できたら良いのにと、記事を読みながら感じました。


(二十一世紀)



=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「リートガイド」
「なるほど!投資信託説明書ガイド」「知っておきたい投資の基本」
「まるわかり!!運用報告書」をセットにして、無料でお送りしています。


ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      https://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      https://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、一般社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:一般社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る