バックナンバー

バックナンバー

No.424(2019年6月19日発行)>>初心者のためのJ-REITデビュー講座~初めての人にプロが教える不動産投信のしくみ~

●=●==============================================================●=●

       投信協会メールマガジン No.424 2019/6/19
           発行:毎月第1・第3水曜日
   
●=●==============================================================●=●

●--● CONTENTS ●--●

1.トピックス
◆初心者のためのJ-REITデビュー講座
  ~初めての人にプロが教える不動産投信のしくみ~
◆知って得する投資信託・実践活用術
  ~つみたてNISAとiDeCoで未来へ資産を育てよう~
◆日本証券業協会「はじめての資産運用講座」のご案内
◆ 投資信託の市場動向(令和元年5月中)

2.募集中ファンド

3.カフェコーナー
◆ 「この頃のOB会事情」


■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス 

◆ 初心者のためのJ-REITデビュー講座
  ~初めての人にプロが教える不動産投信のしくみ~

投資信託協会は、東京証券取引所(日本取引所グループ)と共催で、初心者向けJ
リートセミナーを開催いたします。人生100年時代の資産形成にJリートの活用を
考えてみませんか?

Jリートとは不動産に投資する投資信託の一種です。株式や債券に投資する投資信
託と同じように、少ない金額から投資することが可能です。

本セミナーは二部構成で、第一部は、アイビー総研株式会社代表取締役関大介氏を
お招きし、Jリートのしくみを基礎から徹底解説していただきます。
第二部では、業界を代表して、3タイプのリート運用会社が登壇してのパネルディ
スカッションです。
 
日時: 2019年7月16日(火) 18:30~20:00(18:00開場)
場所: 東京証券取引所ビル 2階 東証ホール(東京都中央区日本橋兜町2-1)


↓詳細はこちら↓下記URLよりお申込みいただけます。(日本取引所グループWEBサイト)
https://www.jpx.co.jp/learning/seminar-events/seminar/d01/20190716.html


初心者の方に向けて、Jリートの専門家と運用会社が、わかりやすく丁寧にご説明
します。「Jリートのことを全く知らない」という方、「ちょっぴり興味はあるけ
どむずかしそう」という方、この機会にぜひ東京証券取引所にお越しください!

※本セミナーは、特定の投資信託商品の勧誘や販売の推奨等を目的としたものでは
ありません。


-------------------------------■□■□■------------------------------

◆ 知って得する投資信託・実践活用術
  ~つみたてNISAとiDeCoで未来へ資産を育てよう~

投資信託協会は、日経ライフ&マネーFesta2019に参加し、講演会を開催いたしま
す。

「そもそも投資信託って何?」「始めるタイミングは?」「自分に合った商品の選
び方は?」「運用に失敗しないためには?」など、これから投資信託を始めたい方
が知っておくべきことをファイナンシャルプランナーとして活躍する山崎俊輔氏に
分かりやすく解説していただきながら、つみたてNISA、iDeCoの賢い活用法につ
いてもアドバイスいただきます。ぜひご参加ください。


日時: 2019年6月29日(土)10:50~11:30
場所: 東京ミッドタウン (東京都港区赤坂9-7)

講師: 山崎 俊輔 氏(ファイナンシャルプランナー)
    改野 由佳 氏(日経CNBCキャスター)

間もなく締め切り!下記URLから事前登録をお願い致します。
https://ers.nikkeibp.co.jp/user/contents/lmf2019/index.html#A11

※申し込み状況によって事前登録が終了する場合があります。
※講演時間、内容、講演者などは、都合により予告なく変更する場合があります。
※事前登録されたセミナーでも立ち見となる場合がございます。 

↓日経ライフ&マネーFesta2019公式サイトはこちら↓
https://expo.nikkeibp.co.jp/lmf/2019/



-------------------------------■□■□■------------------------------

◆ 日本証券業協会「はじめての資産運用講座」のご案内

日本証券業協会が全国各地で投資未経験者、初心者の方を対象とした
「はじめての資産運用講座」を開催します。

本講座では、資産運用の基礎や金融商品の仕組みに加え、
NISAや確定拠出年金の活用法などについて学ぶことができます。
この機会に、金融や資産運用について日頃の疑問を是非解決してみて下さい!

 現在、以下の日程のセミナーの参加申込を受け付けています。
(締切など随時更新されていますのでご注意ください。)

 6月:大阪、広島、宮崎、東京
 7月:千葉、堺、札幌、横浜、さいたま、東広島、姫路、新潟、山形、岡崎

  申し込み方法等、詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
 http://www.e-104.net/

-------------------------------■□■□■------------------------------

◆ 投資信託の市場動向(令和元年5月中)

■全体の概況

全体の概況
令和元年5月末の契約型公募証券投資信託の純資産は、前月比4兆8,593億円減少
して110兆5,134億円となった。このうち、株式投信は前月比4兆8,585億円減少
(うち、運用等減4兆8,356億円)して98兆7,416億円、公社債投信は前月比8億円
減少して11兆7,718億円であった。
販売態別に残高を見ると、証券会社経由の契約型公募株式投信の残高は、前月比
4兆1,118億円減少して70兆4,631億円、銀行等経由の残高は6,911億円減少して
27兆4,440億円となった。
契約型私募投資信託の純資産は前月比1,771億円減少して92兆243億円となった。

■公募証券投資信託の状況

(1)資産動向
                                                            <単位:億円>
                        設定          解約(償還含む)      純資産(前月比)
株式投信                26,629        24,637            987,416 (-48,585)
公社債投信              25,125        25,133            117,718 (-8)
株式投信+公社債投信    51,754        49,770          1,105,134 (-48,593)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用等増減が加味され
ますので、本表では一致しません。

(2)運用状況

5月中の株式運用について、国内株式は1,409億円の買越し、外国株式は1,101億円
の買越しで5月末の組入株式の時価総額は54兆4,116億円となった。
公社債の運用状況については、国内公社債は193億円の買越し、外国公社債は375
億円の売越しで5月末の組入公社債の時価総額は13兆1,310億円となっている。


(3)主体別残高状況(公募証券投資信託)
                                                          <単位:億円>
                      証券会社      銀行等    投信会社        合計
株式投信               704,631     274,440       8,345     987,416
公社債投信             117,352         363           3     117,718
株式投信+公社債投信   821,983     274,803       8,348   1,105,134
(シェア:%)              (74.4)      (24.9)       (0.8)     (100.0)


■私募投資信託の資産動向
                                                          <単位:億円>
                        設定          解約(償還含む)      純資産(前月比)
合計(株投+社投)         16,625        13,010            920,243 (-1,771)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用等増減が加味
されますので、本表では一致しません。

■不動産投信(J-REIT)の資産動向
                                                          <単位:億円>
               31年 4月(前月比)         31年 3月           前年 4月
純資産計         97,764 (-197)              97,961           91,444
追加出資額           96                        903              411


■マーケット指標(参考)

                   令和元年 5月末(前月比)   31年 4月末      前年 5月末
日経平均株価(円)   20,601.19 (-1,657.54)     22,258.73         22,201.82
TOPIX(ポイント)     1,512.28 (-105.65)        1,617.93          1,747.45
為替(1米$:円)       109.36 (-2.49)            111.85            108.70
東証REIT指数       1,916.92 (27.79)          1,889.13          1,734.13
(ポイント)
                           (354回債)          (354回債)      (351回回債)
国債利回り(%)        -0.094 (-0.054)           -0.040             0.030


■□■-----------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容を一覧表にしています。
<株投単位型> 6月中に設定されるファンド・・・  2本
<株投追加型> 設定日が6月中のファンド・・・・27本

詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/

■□■-----------------------------------------------------------------

3.カフェコーナー

◆「この頃のOB会事情」

以前長く勤務していた職場と大学の地域支部(市単位)のOB会の世話役をしてい
ることから、この頃のOB会事情について触れてみます。

まず、元の職場のOB会ですが、会員の方々の高齢化が一段と進み、年1回の集まり
だから楽しみにはしていたものの、闘病生活だとか、体調不良だとか、夜間の外出
は控えているとか、あるいは高齢でもあり改元を機に退会させていただくので、今
後の通知は不要といった状況にあり、参加人数も年々減少傾向にあります。それと
は別に、若い会員(この場合の「若い」とは、会員の中で若年部類に属する60歳
代の人を指します。)の中には、「職場を離れてまで、上司・部下の関係には戻り
たくない。」といった理由で参加を辞退する向きもあります。

他方、大学の地域支部のOB会ですが、体系としては、全国規模の校友会組織の下
に県支部があり、その下部組織として地域支部OB会が組織されています。
大学を卒業し地元企業に就職したばかりの年次の会員から、80歳を超えた、いわ
ば三世代会員の集まりです。
ここではまさに若い会員の人たちは、最初のうちは参加してきているのですが、そ
のうち段々と参加しなくなる傾向にあります。
先輩OBから自分たちの学生時代の話(例えば、大学紛争で授業も受けないで卒業
した話など)を聞かされたり、決まって会合の最後に、全員肩を組んで校歌を放吟
したり、エールの交換をしたりすることに抵抗を感じてしまうようです。
大学入試が難しくなっていることも影響していますが、地方都市にあっては、少子
化や地元での就職先も少ない中にあって、新規会員の開拓が難しくなっているのが
現状です。それだけ若い会員には丁寧に対応していかないといけなくなってきています。

私見になりますが、このようなOB会組織も、時代の流れや多様化とともに、変化
を遂げていかないといけないのかもしれませんし、今後長期にわたって組織を維持
していくことは困難になるのではないかと感じているところです。

梅雨に入り、当然のこととして、雨の降る日や曇りの日が多いわけですが、我が家
では、ゴールデンウイーク前に植えたナス苗が順調に生育し、令和初物となるナス
の収穫時期を迎えています。

(二十一世紀)

=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「REITガイド」
「なるほど!投資信託説明書ガイド」「知っておきたい投資の基本」
「まるわかり!!運用報告書」をセットにして、無料でお送りしています。


ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、一般社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:一般社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る