バックナンバー

バックナンバー

No.399(2018年6月6日発行)>>「投信フォーラム2018 in 松江」開催のお知らせ

●=●==============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン     No.399        2018/6/6
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                                                        
●=●==============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
  ◆「投信フォーラム2018 in 松江」開催のお知らせ
 ◆「投資信託に関するアンケート調査結果-2017年 サマリー」【英語版】を
   掲載しました
 ◆「NISA・ジュニアNISA口座 開設・利用状況調査(投信直販分)」公表の
   お知らせ
 ◆ 日本証券業協会「はじめての資産運用講座」のご案内
 ◆ 東京証券取引所「+YOU 投資未経験者・初心者向けセミナー (名古屋・
   福岡)」のご案内

2.募集中ファンド

3.投資信託に関するQ&A集‐271‐
 ◆ リートの内部成長と外部成長って?

4.その他
   投資信託概況の発表日

5.カフェコーナー
  ◆ トラッシュカン インフレーション



■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス

  ◆ 「投信フォーラム2018 in 松江」開催のお知らせ

当協会では、資産運用の有効な手段である投資信託について知識を深めていた
だくため、全国各地で「投信フォーラム」を開催しています。

6月23日(土)は、島根県松江市での開催となります。

2部構成となっており、第1部が地元松江在住で、自身が考案した家計簿がイン
スタグラムで話題となった主婦 づんさんによる「楽しく家計簿つけて不安が
自信に変わりました」と題しての講演。

第2部は、FPをコーディネーターに、第1部のづんさんと運用会社の専門家2名を
パネリストに迎え、つみたてNISAや確定拠出年金についての話や、来場希望者
から事前に頂いた質問などを基にパネルディスカッションを行います。

【開催概要】

  主催:投資信託協会  山陰中央新報社  全国地方新聞社連合会  
  日時:平成30年6月23日(土)  13時30分~16時10分(13時開場)
  会場:くにびきメッセ 国際会議場(島根県松江市学園南1丁目2番1号)

  第1部/トークショー
      演題:「楽しく家計簿つけて不安が自信に変わりました」
    講師:家計簿マスター・主婦 づんさん

    第2部/パネルディスカッション
      演題:「どう使う?知って得するNISAと確定拠出年金」

    コーディネーター:ファイナンシャルプランナー
             
              深野 康彦(ふかの やすひこ)氏

   パネリスト:第1部ゲスト
             づんさん
         セゾン投信(株) 代表取締役社長 
           一般社団法人 投資信託協会 理事
             中野 晴啓(なかの はるひろ) 氏
         (株)東京リアルティ・インベストメント・マネジメント
           取締役財務部長
             埜村 佳永(のむら よしなが) 氏

 お申込み受付中です!

  詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
 https://www.toushin.or.jp/seminar/2018/18165/



-------------------------------■□■□■------------------------------

 ◆ 「投資信託に関するアンケート調査結果-2017年 サマリー」【英語版】を
    公表しました。

投資信託協会では、毎年、投資信託に関するアンケート調査(投資信託全般、
NISA、iDeCo等制度に関する調査)を実施しており、ホームページ上で公表して
います。

最新の2017年版を本年3月に公表しておりますが、この度、本アンケート調査
結果サマリーの【英語版】についてもホームページ上に公開しました。

 詳しくは、下記リンクからご覧下さい。

 アンケートサマリー【英語版】
 http://www.toushin.or.jp/english/16058/

 
 参考:投資信託に関するアンケート調査報告書【日本語版】
 http://www.toushin.or.jp/statistics/report/research/



-------------------------------■□■□■------------------------------


 ◆「NISA・ジュニアNISA口座 開設・利用状況調査(投信直販分)」公表の
  お知らせ

当協会では、投資家に直接自社の投資信託を販売している運用会社(直販会社)の
NISA及びジュニアNISAの取扱い状況を調査しています。

今般、2017年12月末の調査結果を取りまとめ、当協会ホームページに公表してお
ります。

 詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
 http://www.toushin.or.jp/statistics/report/nisa/



-------------------------------■□■□■------------------------------

 ◆ 日本証券業協会「はじめての資産運用講座」のご案内

日本証券業協会が全国各地で投資未経験者、初心者の方を対象とした
「はじめての資産運用講座」を開催します。

本講座では、資産運用の基礎や金融商品の仕組みに加え、NISAや確定拠出年金の
活用法などについて学ぶことができます。
この機会に、金融や資産運用について日頃の疑問を是非解決してみて下さい!

 現在、以下の日程のセミナーの参加申込を受け付けています。
(締切など随時更新されていますのでご注意ください。)

  6月:秋葉原、長野市、山形市、堺市、前橋市、長崎市、山口市
 7月:水戸市、名古屋市、松江市、鳥取市、横浜市、さいたま市、宮崎市、
       千葉市


  申し込み方法等、詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
 http://www.e-104.net/



-------------------------------■□■□■------------------------------

 ◆ 東京証券取引所「+YOU 投資未経験者・初心者向けセミナー (名古屋・
   福岡)」のご案内

東京証券取引所では、今まで経済や投資に関心のなかった投資未経験の方や
初心者の方々にも投資の意義を知っていただき、その魅力に触れていただくため
無料の株式投資セミナー「+YOUニッポン応援全国キャラバン」を開催しています。

今月は、名古屋と福岡で開催の予定です。
「NISA、つみたてNISA、iDeCoの概要と金融商品の基礎」と題して、東京証券
取引所の方が講師を務められます。

お時間あればこの機会に是非、投資について勉強してみては!

 申し込み方法等、詳しくは、下記アドレスをご覧ください。
 6月15日(金)名古屋はこちら
 http://www.jpx.co.jp/learning/seminar-events/seminar/d08/20180615.html
 
 6月16日(土)福岡はこちら
 http://www.jpx.co.jp/learning/seminar-events/seminar/d08/20180616.html



■□■-----------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型> 6月中に設定されるファンド・・0本
<株投追加型> 設定日が6月中のファンド・・・29本

  詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
  http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/



■□■-----------------------------------------------------------------

3.投資信託に関するQ&A集‐271‐

 ◆ リートの内部成長と外部成長って?

リート(不動産投信)は、金融機関や投資家から資金を調達し、不動産などに
対して投資を行うことで、そこから賃貸収入や売却益などの収益を得ています。

そうした収益をさらに拡大させるためにリートが描く成長戦略は、「内部成長」
と「外部成長」の大きく2つに分けられます。

まず内部成長ですが、すでに保有している不動産を効率的に運用していくこと
などによる成長のことで、具体的には以下のような方法があります。

・保有不動産の稼働率の上昇や賃料の上昇
・保有不動産の管理コストなど、経費の削減
・資金調達のコストを下げる

このような方策を実施することで、リートの不動産投資の効率性を高め、収益
の向上を目指します。

外部成長とは、新たな不動産を取得することによる成長で、低い資金調達コス
トで高い利回りが期待できる不動産を新規に取得することによってもたらされ
る成長です。また、不動産を新規取得することは、リートの規模が拡大するた
め、リスクの分散にもつながります。また複数物件をまとめて同じ管理会社へ
管理を委託するなどしてコストを軽減するといったスケールメリットも期待でき、
収益の成長へとつなげます。

また、その2つの成長を実現させるためには資金調達など適切な財務戦略も
重要な役割を担っており、リート各社は、外部環境の変化に対応しつつ、内部
成長と外部成長を組み合わせ、持続的な成長を目指します。



■□■-----------------------------------------------------------------

4. その他

  ◆ 投資信託概況の発表日

当協会では毎月1回、前月末の純資産等の統計を発表しております。
5月分の発表は6月13日(水)を予定しております。なお、ホームページへの
記事掲載は同日16時00分頃の予定です。



■□■-----------------------------------------------------------------

5.カフェコーナー

 ◆ トラッシュカン インフレーション

給湯室のゴミ箱について。日に何度か清掃の方が引き取りに来られきれいに
してくれているのですが、少し前から同じフロアで働く人が増え、ゴミ箱が
満杯になるのが早いなぁと思っていると、ある日ゴミ箱のサイズが大きく
なっていました。

するとどうでしょう。大きくなったサイズに合わせるかのようにゴミの量が
増えてきました。以前のゴミ箱であればあふれるくらいの量が、程なく溜まって
います。

何事も目前の容量に合わせてしまうのが人の性なのでしょうか。

確かに収入が上がると生活レベルも上がるということはよく言われます。
これをライフスタイル インフレーションと呼ぶことがあるそうです。
それが人の性なら、収入が増え気持ちが大きくなったところで、その現状と
逆行するように支出を小さくすることは困難でしょう。

そこでこのライフスタイル インフレーションで生活を圧迫しないためのコツと
していくつか挙げられていた中に、定期的な積立とありました。

確かに自分が置かれたその時々の環境で意識が変わっていくことは自然なこと
ですので、そう考えるとどんな環境になろうと機械的に継続していく定期での
預貯金や積立投資は合理的な選択と言えますね。

しかし、「ライフスタイル インフレーション」、、、っていろんな言葉があり
ますね。むしろそっちに目が行ってしまいました笑。
ではさしずめ、ゴミ箱が大きくなるとゴミもあわせて増えるという現象は、
トラッシュカン(ゴミ箱) インフレーションということで宜しいですかね。

                             (S.I)



=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「REITガイド」
「なるほど!投資信託説明書ガイド」「知っておきたい投資の基本」
「まるわかり!!運用報告書」等をセットにして、無料でお送りしています。


ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、一般社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:一般社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る