バックナンバー

バックナンバー

No.378(2017年7月19日発行)>>動画「『投資信託』と『J-REIT』をシンプルに解説します!」を公開中!

●=●==============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン     No.378        2017/7/19
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                      
●=●==============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス 
   ◆ NISA口座をお持ちの方へ
   ~ご利用の金融機関にマイナンバーの告知をお願いします~
   ◆ 新規コンテンツ
   動画「『投資信託』と『J-REIT』をシンプルに解説します!」を公開中!
   ◆ 新刊 2017年版ガイドブックを作成しました!
   ◆ 日本証券業協会「はじめての資産運用講座」のご案内
  ◆ 投資信託の市場動向(6月中)

2.募集中ファンド

3.カフェコーナー
   ◆ 我以外皆師



■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス

  ◆ NISA口座をお持ちの方へ
   ~ご利用の金融機関にマイナンバーの告知をお願いします~

NISA口座をお持ちの方が、来年1月以降も引き続きNISAを利用するためには、
金融機関へマイナンバーの告知等の手続きが必要となります。

2016年からは口座開設にあたってマイナンバーの告知が義務化されていますので、
2015年末までにNISA口座を開設された方で、まだご利用の金融機関へマイナンバー
を告知していない方は本件について注意が必要です。

マイナンバーの告知は、本年9月末までに行っていただくと便利です。
9月末までであればマイナンバーの告知だけですが、10月1日以降は、金融機関に
「非課税適用確認書の交付申請書」を提出することが必要になります。

なお、マイナンバーの告知がない場合でも、NISA口座内で既に保有している金融
商品については、引き続き、非課税で保有できますし、売却も自由です。
ただし、来年以降、新規の買付けはできません。


※マイナンバーの告知方法等の詳細につきましては、ご利用の金融機関に
ご確認ください。



-------------------------------■□■□■------------------------------

  ◆ 新規コンテンツ
   動画「『投資信託』と『J-REIT』をシンプルに解説します!」を公開中!

当協会では、現在ホームページ上で動画コンテンツ「『投資信託』と『J-REIT』
をシンプルに解説します!」を公開中です。

内容は、「投資信託」及び「J-REIT」それぞれの金融商品が持つ特徴を、約3分の
短い動画でシンプルにわかりやすく解説するものです。

若い方や投資未経験といった方に対し「投資信託」、「J-REIT」を少しでも知っ
ていただけるよう制作していますが、既にご存知の方も動画をご覧いただき、
これらの商品を改めて資産形成の選択肢の一つとして認知していただけると幸い
です。

 動画は、下記リンクからご覧ください。
 https://www.toushin.or.jp/fileadmin/open/kouhou/file/simple_movie/



-------------------------------■□■□■------------------------------

  ◆ 新刊 2017年版ガイドブックを作成しました!【無料進呈】

当協会は、2017年版の「投資信託ガイド」、「REITガイド」を発刊しました。

各ガイドでは証券投資信託、REITについて、それぞれの仕組みや魅力、リスク
など基本的な内容から、申込み~換金までの一般的な購入の流れなどを解説。
また、NISAや今年始まったジュニアNISAについても紹介しています。

ご請求いただいた方には、これらガイドと併せて、「なるほど!投資信託説明書
ガイド」、「NISAで投信はじめよう『知っておきたい!投資の基本』」、
「まるわかり!!運用報告書」の5冊1セットを無料でプレゼントしています。

ご希望の方は、下記の当協会ホームページよりご請求下さい。
 http://www.toushin.or.jp/guidebook/



-------------------------------■□■□■------------------------------

  ◆ 日本証券業協会「はじめての資産運用講座」のご案内

日本証券業協会が全国各地で投資未経験者、初心者の方を対象とした
「はじめての資産運用講座」を開催します。

本講座では、資産運用の基礎や金融商品の仕組みに加え、NISAや確定拠出年金の
活用法などについて学ぶことができます。
この機会に、金融や資産運用について日頃の疑問を是非解決してみて下さい!

 現在、以下の日程のセミナーの参加申込を受け付けています。
(締切など随時更新されていますのでご注意ください。)

 7月:さいたま市
 8月:秋田市、長崎市
 9月:中野区中野、青森市、大分市、新潟市
 10月:福岡市
  
 ※ 参加無料・事前申込制

  申し込み方法等、詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
 http://www.e-104.net/



-------------------------------■□■□■------------------------------
  
  ◆ 投資信託の市場動向(6月中)

■全体の概況

29年6月末の契約型公募証券投資信託の純資産は、前月比1兆5,873億円増加して
101兆4,152億円となった。このうち、株式投信は前月比1兆3,362億円増加(うち、
運用等増1兆1,096億円)して88兆474億円、MMFを含む公社債投信は前月比2,511
億円増加して13兆3,679億円であった。
販売態別に残高を見ると、証券会社経由の契約型公募株式投信の残高は、前月比
1兆1,592億円増加して59兆4,583億円、銀行等経由の残高は1,571億円増加して
27兆8,551億円となった。
契約型私募投資信託の純資産は前月比8,882億円増加して76兆8,726億円となった。


■公募証券投資信託の状況

(1)資産動向
                                                         <単位:億円>
                       設定          解約(償還含む)      純資産(前月比)
株式投信                33,482        31,215            880,474 (13,362)
公社債投信              38,444        35,933            133,679 (2,511)
株式投信+公社債投信    71,926        67,148          1,014,152 (15,873)
(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用等増減が加味
されますので、本表では一致しません。

(2)運用状況
6月中の株式運用について、国内株式は3,071億円の売越し、外国株式は2,592
億円の買越しで6月末の組入株式の時価総額は39兆2,711億円となった。
公社債の運用状況については、国内公社債は21億円の売越し、外国公社債は
635億円の売越しで6月末の組入公社債の時価総額は14兆7,420億円となっている。

(3)主体別残高状況(公募証券投資信託)
                                                        <単位:億円>
                     証券会社      銀行等      投信会社         合計
株式投信               594,583     278,551       7,338     880,473
公社債投信             133,264         411           3     133,679
株式投信+公社債投信   727,848     278,962       7,342   1,014,152
(シェア:%)              (71.8)      (27.5)       (0.7)     (100.0)


■私募投資信託の資産動向
                                                        <単位:億円>
                      設定       解約(償還含む)      純資産計(前月比)
合計(株投+社投)         22,663        15,275            768,726 (8,882)
(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用等増減が加味
されますので、本表では一致しません。


■不動産投信(J-REIT)の資産動向
                                                          <単位:億円>
                 29年 5月(前月比)         29年 4月            前年 5月
純資産計         86,033 (328)               85,704              77,258
追加出資額          111                        207                 460
 
  
■マーケット指標(参考)
                     29年  6月末(前月比)    29年 5月末      前年  6月末
日経平均株価(円)   20,033.00 (382.43)        19,650.57         15,575.92
TOPIX(ポイント)     1,611.90 (43.53)          1,568.37          1,245.82
為替(1米$:円)       112.00 (1.04)             110.96            102.91
東証REIT指数       1,694.36 (-54.20)         1,748.56          1,843.66
(ポイント)
                           (347回債)          (347回債)      (343回債)
国債利回り(%)         0.075 (0.035)             0.040            -0.230



■□■-----------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容を一覧表にしています。
<株投単位型> 7月中に設定されるファンド・・・1本
<株投追加型> 設定日が7月中のファンド・・・・30本

  詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
  http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/



■□■-----------------------------------------------------------------

3.カフェコーナー

 ◆ 我以外皆師

私の中で人の話を聞くことほど楽しいことはありません。
人の話を聞いていると、その人の頭の中を体験しているような感覚になり
グイグイ引き込まれていきます。
また、聞くにとどめず、自分でやってみたりもします。真似をしてみると何か
考え方までその人になったつもりになるので不思議です。

とりわけ先達である年長者からは、多くのことを学べるので話に聞き入って
しまうのですが、不惑を越えた今、感心するばかりでなくそろそろ私自身も
若い人に役立つ話の一つもできるようにならなければなぁと自戒したりもする
わけです。

その若い人の話や行動からも学ぶことは大変多いもので、気持ち悪がられない
程度にいつも目を凝らしています。
先日、とある大学の講義を聴講する機会がありました。ご存知の方も多いで
しょうが、今はノート代わりにPCやタブレットを教室に持ち込む時代です。
後列に陣取り、彼らの板書する様子を慣れたものだなと眺めていると、PCの画面
から視線を離さず、他のことをやっているとおぼしき学生を見つけました。
画面をチラと見ると、レジュメでしょうか、資料作成をしています。しかも
新入生向けの内容のようで「4年間という時間を無駄にせず、授業はきちんと
受けること!」などとずいぶん殊勝なことを書いています。
ただ、けしからんと思うより先に私は、その手際の良さに引き込まれてしまっ
たのです。
とにかく迷いがなく大胆。「随分大味な図だなあ。」、「えーそこにそんなぶっ
きらぼうにデッカイ文字でページを埋めて大丈夫?」などとお節介をかきながら
眺めていると、あれよあれよと形成作業に入り資料がタイトになるではありませ
んか。

感心するだけではいけないとその晩、家に帰ってからその学生になったつもりで
同じようなスピード、手順を再現してみたのですが、資料作成に向かう時の感覚
の違いを体感することができました。
それまで、私は細かく調整をつけながら積み重ねて、あとで作業の戻りが少な
いように作成する傾向にありました。これだと作業終了イコール完成、でいいの
ですが、やり直しの必要性が発生すると手間がかかるため、困っていたところ
でした。しかし、この大胆なやり方だとざっくり通して一旦の完成を遂げたのちに
調整を図りますので非常に早く形になり、修正への対応についても柔軟性の高い
進め方だと納得しました。
モノの本で後者のやり方が良いとする意見を目にして以来、私も昔に比べあまり
細々やらず、ざっくりやるようには心がけていたのですが、その彼を真似てやっ
てみると別モノといえるくらい違う感覚を得ました。

このように、誰彼関係なく他人から学ぶことはできます。我以外皆師とはこういう
ことをいうのでしょうか。ありがたいことです。


                                                  (S.I)



=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「REITガイド」
「なるほど!投資信託説明書ガイド」「知っておきたい投資の基本」
「まるわかり!!運用報告書」をセットにして、無料でお送りしています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、一般社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:一般社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る