バックナンバー

バックナンバー

No.362(2016年11月16日発行)>>「投信フォーラム2016 in 宇都宮」開催のお知らせ

●=●==============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン     No.362        2016/11/16
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                      
●=●==============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス 
   ◆「投信フォーラム2016 in 宇都宮」開催のお知らせ
  ◆ 金融広報中央委員会「ママとパパのための 幸せとお金の知恵」のご紹介
   ◆「個人投資家のためのJリートフェア2016」開催のお知らせ
  ◆「不動産投信NEWS」11月号の公表 
  ◆ 投資信託の市場動向(10月中)

2.募集中ファンド

3.カフェコーナー
   ◆ 腑に落ちる



■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス

  ◆「投信フォーラム2016 in 宇都宮」開催のお知らせ

当協会では、資産運用の有効な手段である投資信託について知識を深めていた
だくため、「投信フォーラム」を全国各地で開催しています。
11月26日(土)は栃木県宇都宮市での開催となります。

宇都宮会場は第1部の【特別講演】に、ソウル五輪シンクロ・デュエット銅メダ
リストで現在メンタルトレーナーとしてご活躍の「田中ウルヴェ 京(たなかウル
ヴェ みやこ)」氏を迎えご講演いただく予定です。
第2部は運用会社の専門家をパネリストに迎え、「どう使う?知って得するNISAと
確定拠出年金」と題し、NISAや確定拠出年金についてのパネルディスカッション
を行います。第2部では、来年からもっと身近になる個人型確定拠出年金(iDeCo)
についても触れる予定です。

◎運用会社の方の声を聞くことができる貴重な機会です!興味のある方は是非
ご参加ください!


【投信フォーラム2016 in 宇都宮】

  主催:投資信託協会  下野新聞社  全国地方新聞社連合会  
  日時:平成28年11月26日(土)  13時30分~16時15分(13時開場)
  会場:とちぎ福祉プラザ

  第1部/特別講演
      演題:「成功の種を蒔く」
    講師:上級メンタルトレーナー/
      ソウル五輪シンクロ・デュエット銅メダリスト
                田中ウルヴェ 京(たなかウルヴェ みやこ)氏

    第2部/パネルディスカッション
      演題:「どう使う?知って得するNISAと確定拠出年金」

    コーディネーター:FPアソシエイツ&コンサルティング(株)代表取締役
             ファイナンシャルプランナー
                神戸 孝(かんべ たかし)氏

   パネリスト:第1部特別講師
                田中ウルヴェ 京(たなかウルヴェ みやこ)氏
         大和証券投資信託委託(株)
           ファンド・プロモーション部 チーフ・プレゼンター
                安並 潤子(やすなみ じゅんこ)氏


  詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
 https://www.toushin.or.jp/seminar/2016/15398/



-------------------------------■□■□■------------------------------

 ◆ 金融広報中央委員会「ママとパパのための 幸せとお金の知恵」のご紹介

金融広報中央委員会から先月、「ママとパパのための 幸せとお金の知恵」が
発刊されました。

ママとパパ(小さな子どもがいるファミリー層)を主に想定し、人生の3大費用
と言われる教育・住宅・老後に備えることの重要性について、わかりやすく促す
内容となっています。

金融広報中央委員会からはこれまでにも、「大人のための お金と生活の知恵」
「大学生のための 人生とお金の知恵」、「新成人のための 人生とお金の知恵」
が発刊されており、それぞれのライフステージで役に立つ「お金の知恵」が
紹介されています。

これらは刊行物ですが、いずれも金融広報中央委員会が運営するサイト「知る
ぽると」上で閲覧およびPDFでのダウンロードが可能です。

 詳しくは、知るぽるとをご覧下さい。
 http://www.shiruporuto.jp/life/arakaruto/family/



-------------------------------■□■□■------------------------------

  ◆「個人投資家のためのJリートフェア2016」開催のお知らせ

不動産証券化協会(ARES)と東京証券取引所との共同開催で、下記の要領にて
「個人投資家のためのJリートフェア2016」が開催されます。
Jリートフェアは、多数のJリートの情報を一度に入手したり、各リートの担当者
と直接対話できる絶好の機会です。

               記

日 時:2016年11月26日(土)8:45~16:45
会  場:ベルサール東京日本橋 イベントホール
内 容:Jリート各社による説明会の開催/Jリート各社によるブース展示/
    不動産証券化協会、東京証券取引所によるJリート基礎セミナー
参加費:無料(事前申込制)

  申込方法及びフェアの詳細な内容は、下記不動産証券化協会HPをご覧下さい。
  http://j-reit.jp/fair2016/



-------------------------------■□■□■------------------------------
 
   ◆ 「不動産投信NEWS」11月号の公表

不動産投信に係る主な動きなどをとりまとめた「不動産投信NEWS」11月号を
公表しました。

  詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
  http://www.toushin.or.jp/reit/newsetc/fudousannews/



-------------------------------■□■□■------------------------------
  
  ◆ 投資信託の市場動向(10月中)


■全体の概況

28年10月末の契約型公募証券投資信託の純資産は、前月比8,411億円増加して
89兆6,142億円となった。このうち、株式投信は前月比1兆581億円増加(うち、
運用等増1兆1,806億円)して78兆1,280億円、MMFを含む公社債投信は前月比2,170
億円減少して11兆4,862億円であった。
販売態別に残高を見ると、証券会社経由の契約型公募株式投信の残高は、前月比
1兆512億円増加して50兆1,297億円、銀行等経由の残高は156億円減少して27兆
3,662億円となった。
契約型私募投資信託の純資産は前月比1兆9,891億円増加して71兆7,243億円と
なった。


■公募証券投資信託の状況

(1)資産動向
                                                         <単位:億円>
                       設定          解約(償還含む)      純資産(前月比)
株式投信              21,860         23,086             781,280(10,581)
公社債投信            27,594         29,765             114,862(-2,170)
内、MMF                   14          3,370                 668(-3,355)
株式投信+公社債投信  49,455         52,851             896,142(8,411)
(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用等増減が加味
されますので、本表では一致しません。
(注3)公社債投信にはMMFを含みます。

(2)運用状況
10月中の株式運用について、国内株式は2,645億円の売越し、外国株式は957億円
の買越しで10月末の組入株式の時価総額は30兆4,687億円となった。
公社債の運用状況については、国内公社債は372億円の売越し、外国公社債は
299億円の売越しで10月末の組入公社債の時価総額は15兆2,736億円となっている。

(3)主体別残高状況(公募証券投資信託)
                                                        <単位:億円>
                     証券会社      銀行等      投信会社         合計
株式投信             501,297     273,662       6,324        781,283
公社債投信           114,391         467           3        114,862
内、MMF                  665           3           0            668
株式投信+公社債投信 615,688     274,129       6,327        896,144
(シェア:%)            (68.7)     (30.6)        (0.7)        (100.0)
(注1)公社債投信にはMMFを含みます。  


■私募投資信託の資産動向
                                                        <単位:億円>
                      設定       解約(償還含む)      純資産計(前月比)
合計(株投+社投)      27,096       9,483                717,243(19,891)
(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用等増減が加味
されますので、本表では一致しません。


■不動産投信(J-REIT)の資産動向
                                                          <単位:億円>
                 28年 9月(前月比)         28年  8月            前年 9月
純資産計           81,410 (1,981)            79,430            72,109
追加出資額            668                       443               439
 
  
■マーケット指標(参考)
                     28年  10月末(前月比)    28年 9月末      前年  10月末
日経平均株価(円)      17,425.02 (975.18)      16,449.84        19,083.10
TOPIX(ポイント)        1,393.02 (70.24)        1,322.78         1,558.20
為替(1米$:円)          104.86 (3.74)           101.12           120.90
東証REIT指数          1,785.97 (-39.56)       1,825.53         1,729.68
(ポイント)
                           (344回債)          (344回債)      (340回債)
国債利回り(%)          -0.050 (0.035)           -0.085          0.300



■□■-----------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型> 11月中に設定されるファンド・・・5本
<株投追加型> 設定日が11月中のファンド・・・・24本

  詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
  http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/



■□■-----------------------------------------------------------------

3.カフェコーナー

 ◆ 腑に落ちる

多くの人がそうだったのではないかと思うのですが、体育の時間に準備運動として
行うラジオ体操はあまり気乗りがしないというか「毎時間真剣に取り組んだぞ」
と言える人は少ないのではないかと思います。大概は「かったるい」などとボヤい
ていたのでは。

一方、本やテレビで次々と新しい体操やストレッチなど紹介されていますが、
本の売れゆきやテレビでの特集の組まれ方からすると、多くの人がそうしたもの
を真剣に見たり実践したりしているという事実。

同じような体操であるのに、この取り組み方の差はなんなのか。
それは、本やテレビで紹介するときには「この動きが体のこの部位にこういう
効果をもたらします」ときちんと説明していて見ている人が腑に落ちているから
でしょう。

そう思うと、ラジオ体操自体はつくづくよく考えられています。体育の先生が
もっとラジオ体操の効果や目的について説明をしてくれると、生徒も真剣に取り
組むのではないかと思ったりします。
閑話休題。

体操はあくまでも一つの例えであって、何事も説明を受けて腑に落ちれば、
必要性を感じ、やりたいと思うのが人のさが。それは投資も同じではないでしょ
うか。
講演会などでFPの方や委託会社の方のお話を聞く機会があるのですが、投資の
例え方は各者各様。毎日仕事で投資や投資信託に触れているのに、今更腑に落ち
る話を聞けることもしばしば。

当協会では年に5、6回程地方で講演会を開催しています。近日ですと11月26日
宇都宮での開催となります。(本年度は大分、京都でも開催を予定)
なぜ投資をする必要があるのか、なぜ投資信託が長期の資産形成に向いている
のかなどきっと腑に落ちる話が聞けるのではないかと思いますので、開催地近く
にお住まいの方は足をお運びいただけると幸いです。


                                                       (S.I)



=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「REITガイド」
「なるほど!投資信託説明書ガイド」「知っておきたい投資の基本」
をセットにして、無料でお送りしています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、一般社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:一般社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る