バックナンバー

バックナンバー

No.36 (2003年5月7日発行) >>クローズド期間中に換金できるのはどんな場合ですか



●=●=============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン    No. 36         2003/5/7
                                発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                       
●=●=============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1. トピックス
    ◆ 投資信託のマル優適用について(平成15年度税制改正を受けて)

2. 募集中ファンド

3. 投資信託に関するQ&A集  -5-
    ◆ クローズド期間中に換金できるのはどんな場合ですか?

4. 会員会社のPRコーナー
    ◆ オリックス投信投資顧問

5. カフェコーナー
    ◆「匂いに誘われて」


■□■□■------------------------------------------------------------

1. トピックス

◆ 投資信託のマル優適用について(平成15年度税制改正を受けて) ◆

従来、投資信託のうち公社債投資信託と一定要件を満たす株式投資信託につい
てはマル優を利用することができました。
しかし、平成14年度の税制改正を受けて、老人等の少額貯蓄非課税制度は、
障害者等に対する少額貯蓄非課税制度に改組され、これに伴い、老人(年齢
65歳以上である人)が制度の適用対象者から外されることになりました。
現在は経過期間中にあたり、平成14年12月31日までに非課税貯蓄申込書
を提出していれば、平成15年1月1日から平成17年12月31日までの間
に受取る利子等については非課税の適用が受けられています。

また、平成15年度税制改正においては、株式投資信託の収益分配金や解約・
償還時の収益に対する税率が10%(平成16年1月1日~平成20年3月31
日まで)、また解約・償還時の損失が株式(ETFやREITを含む)売買益
と通算できる等の措置が講じられましたが、これら一連の改正の中で一定要件
を満たす株式投資信託であっても障害者等の少額貯蓄非課税制度の対象から外
されることになりました。従って、投資信託で対象となるのは公社債投資信託
のみになります。なお、平成16年1月1日以前に購入した分については経過
期間中における非課税の適用があります。(平成17年12月31日まで)


■□■□■------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

5月7日現在の新規設定ファンドについて、手数料、購入窓口等が一覧表にな
っています。
追加型については設定日が5月中のファンド、単位型については5月7日が募
集期間に含まれているファンドです。
詳しくは添付のファイルをご覧ください。

(fund03051.pdf)

■□■□■------------------------------------------------------------

3. 投資信託に関するQ&A集  -5-

◆ クローズド期間中に換金できるのはどんな場合ですか? ◆

投資信託には運用の安定化を図るためにクローズド期間(解約できない期間)
を設けているものがあります。しかし、クローズド期間であっても特別な理由
がある場合は解約を受け付けてくれます。ではどんな場合に受け付けてもらえ
るのでしょうか。


★クローズド期間とは
投資信託は株式や債券等に投資して運用を行い、その収益を受益者の皆様に還
元する金融商品です。しかし、設定から短期間のうちに大量の解約が行われた
りするとそのための資金を用意しなければならず、思うような運用ができなく
なる恐れが生じます。そこで、投資信託によっては3ヶ月、6ヶ月といった一
定期間をクローズド期間として定め、解約を受け付けていません。
クローズド期間を設ける投資信託は単位型に多くみられますが、追加型にも当
初の設定から一定期間をクローズドとしているものがあります。クローズド期
間の有無は目論見書に記載されていますので、ご購入の際は必ずご確認くださ
い。

★クローズド期間中の取扱い
上記のような理由から原則として解約はできませんが、以下に掲げる理由の場
合は、受益証券を証券会社等販売会社に買取ってもらうことができます。なお、
これらの場合には当該事由を証する所定の書類の提示を求められることがあり
ます。

1.受益者が死亡したとき
2.受益者が天災地変、その他不可抗力により財産の大部分を滅失したとき
3.受益者が破産宣告を受けたとき
4.受益者が疾病により生計の維持ができなくなったとき
5.その他上記1~4に準ずる理由があるものとして販売会社が認めるとき
  (準ずる理由とは、火災、事故、失業など販売会社が予め定めた範囲内に限
   られます。)

(解約と買取の違いについては、バックナンバーNo.34の「投資信託に関
するQ&A集」をご覧ください。)
http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/m_backno.html


次回は「最近RR分類を見かけなくなったのですが。」についてお答えします。


■□■□■------------------------------------------------------------

4. 会員会社のPRコーナー
=このコーナーは、当該会社によって執筆されています=

◆『オリックス日本株エンハンスト・インデックスファンド』
                        (追加型株式投資信託/国内株式型) のご紹介 ◆
                                      運用会社:オリックス投信投資顧問
                                      http://www.orix-gim.co.jp/

★ 「アクティブ運用の長所」と「インデックス運用の長所」を同時に追求!
   『エンハンスト・インデックス運用』は、
   中長期的にインデックスに追随しつつ、
   インデックスを安定的に上回るリターンの獲得を目指します。

★ 運用内容のわかりやすさ!
   値動きの目安はインデックス(TOPIX)となります。
   また、運用報告書では保有全銘柄の組み入れ根拠を明示します。
   どのように運用されているのか投資家の皆さんがチェックできます。

★ コストの安さ!
   買付手数料は無料のノーロード・ファンドであり、
   信託報酬は0.98%と低コストのファンドです。
 
        オリックス投信投資顧問は、
        エンハンスト・インデックス運用に特化した
        ブティック型の運用会社です。
 
                    ファンドの詳細、申込取扱い場所等については、こちら
                                            http://www.orix-gim.co.jp/


■□■□■------------------------------------------------------------

5. カフェコーナー

◆「匂いに誘われて」 ◆

それは連休の谷間の帰宅途中のこと。
駅到着まで後15分というところで、前の席が空いた。しかし、私には座ると
寝てしまうという癖があるので迷ったが、やはり座ることにした。
案の定、気持ち良く寝てしまい、目を覚ました時は時既に遅く、発車のベルが
鳴り、ドアがしまる寸前にいつもの駅だと気がついた。
「ああ、またやっちゃった。」と思いつつも車窓から見える我が家の明かりを
恨めしく見過ごしていた。
隣の駅に着いて、上りの時刻表を見ると15分待つことになった。「ついてな
いなぁ。」と思っているところに、コロッケのいい匂いがしてきた。お腹も空
いてきたところだし、15分あるから、コロッケを買おうと下車した。
コロッケを買い、改札口に行くと電車到着まで後5分ある。買ってはみたもの
のコロッケは揚げたてのため袋から匂いがしてきた。ここから我が家まで歩い
て20分弱。一駅戻るとすると、電車の待ち時間5分と乗っている時間が2分、
それからバスで5分の計12分。と匂いのことも含めいろいろ悩んだ挙句、歩
いて帰ることを選択した。

夜の8時頃、しかもマンションが立ち並ぶ住宅街にもかかわらず、歩いている
人は私の他に一人だけであった。その人も途中で道を曲がってしまい、一人で
線路沿いの道路を歩くことになった。その時点で既に後悔しはじめていた。

コツコツコツ。思わず後ろを振り返る。しかし誰も居ない。(正体は自分の靴
音)。誰かが茂みに居るような気がする。(その正体は街灯に映し出された自
分の影)。
「夜目だと顔形、年齢関係ないし…」なんて、永遠の娘(?)は心の中で恐怖
心と心細さが膨らみ、だんだん歩く速さを加速した。

駅と駅の1区間には川を挟んで2つの公園がある。橋を渡り、公園を過ぎた辺
りから見覚えのある街の明かりが近づいたためか気持ちに落ち着きを取り戻し
てきた。また歩く速さもいつもどおりになっていた。
自宅に着いた時は、夜の冷たさにもかかわらず体中汗をかいていたが、自分の
予測より時間を5分短縮し温かいコロッケも食卓に並ぶことができた。
しかし、道々、考えはどんどん悪いほうに向いてしまい、その間ずっと心との
葛藤であった。

好物の匂いに誘われた結果の出来事であった。

気をつけよう、寝過ごしと好物の匂い。それとなれない暗い道!
(コロッケ大好きな私)


=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。
  (入会)
      http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub.html
  (退会)
      http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub2.html
      
■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想は、
    jita-public@toushin.or.jp  までお願いいたします。
      
=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、社団法人  投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。
  投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可なく複製再
  配信等を行うことはできません。
  投資等のご判断はご自身の自己責任においてなされますようお願いいたします。
  
         ------------------------------------------

  編集・発行 : 社団法人  投資信託協会   広報部

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===



バックナンバー一覧へ戻る