バックナンバー

バックナンバー

No.349(2016年5月11日発行)>>東証REIT指数って?

●=●==============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン     No.349        2016/5/11
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                                                        
●=●==============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス

  ◆ 金融広報中央委員会「くらしと“マイナス金利”-素朴な疑問にお答え
   します」のご紹介
  ◆ 日本証券業協会「マンガでわかる!初心者が知っておくべき投資のキホン
   知識って?」のご紹介

2.募集中ファンド

3.投資信託に関するQ&A集‐247‐
 ◆ 東証REIT指数って?

4.その他
   投資信託概況の発表日

5.カフェコーナー
  ◆ カバのマンション



■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス

  ◆ 金融広報中央委員会「くらしと“マイナス金利”-素朴な疑問にお答え
   します」のご紹介

金融広報中央委員会が運営するサイト「知るぽると」はくらしに役立つお金の
情報を提供しているサイトです。

その中で、今回ご紹介するのは「くらしと“マイナス金利”-素朴な疑問にお
答えします」というコンテンツ。

マイナス金利という新しい政策が実施されましたが、どうもこの“マイナス
金利”ということがよくわからないという人も多いのではないでしょうか。

そうした方のために、「マイナス金利って、銀行に預けるとお金が減るの?」や
「こんな低金利なんだから家を買うチャンス?」など素朴に感じる疑問に対し
考え方や注意すべき点についてわかりやすく解説されています。

  詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。(知るぽるとへのリンク)
 https://www.shiruporuto.jp/finance/minuskinri/



-------------------------------■□■□■------------------------------
    
  ◆ 日本証券業協会「マンガでわかる!初心者が知っておくべき投資のキホン
   知識って?」のご紹介

日本証券業協会では、マイナビウーマンのホームページ上に「マンガでわかる!
初心者が知っておくべき投資のキホン知識って?」を公開しています。

内容は、NISAの活用や分散投資、積立投資のメリット、リスクリターンの考え
方など投資のキホンについて、FPの大竹のり子さんと様々な立場の女性との
座談会形式で、マンガを含めたわかりやすい解説となっていますのでこれから
投資を始めようとする方や投資初心者の方にオススメです。

  詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。(マイナビウーマンサイトへのリンク)
(1)○子どものために「NISA」を活用し、投資信託の積み立てを!
   ○確定拠出年金は最低でも年1回の見直しが大切。
   http://fofa.jp/jsda/c.p?12crlJp1vWs
(2)○ゴールを決めて、長期投資にのぞむべし!
   http://fofa.jp/jsda/c.p?22crlJp1vWs



■□■-----------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型> 5月中に設定されるファンド・・・4本
<株投追加型> 設定日が5月中のファンド・・・ 24本

  詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
  http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/



■□■-----------------------------------------------------------------

3.投資信託に関するQ&A集‐247‐

 ◆ 東証REIT指数って?

株式市場の値動きを示す代表的な指数として日経225やTOPIXなどはよく知られて
いますが、不動産投資信託(REIT)にも市場の値動きを示すものとして、
東証REIT指数があります。

○ どんな指数?
この東証REIT指数ですが、2003年3月31日を基準日としてその日の時価総額を
1,000ポイントとした場合に、現在の時価総額がどの程度かを指数化したもの
となります。(2016年5月現在は1900ポイント前後の水準を推移。)

さらに、REITが投資する物件の用途別に分けて指数を算出する東証REIT用途別
指数も公表されています。
投資する物件の用途別に、「オフィス」、「住宅」、「商業・物流等」の3つ
のカテゴリーに分けた指数で、株式でいう業種別指数のようなものです。


○ 情報を入手するには
日本取引所グループのホームページで情報を閲覧できます。

リアルタイム株価指数値一覧(日本取引所グループサイト)
http://www.jpx.co.jp/markets/indices/realvalues/index.html

リンク先画面の一番上にある「カテゴリーメニュー」の中で、
東証REIT指数は主要株価指数という項目名を、東証REIT用途別指数はそのまま
東証REIT用途別指数という項目をクリックするとデータが表示されます。
ヒストリカルデータも閲覧できますので、市場の動きを知るには大変便利です。


○ 東証REIT指数に連動する投資信託
また、投資信託の中にはこの東証REIT指数に連動する投資成果を目指す上場
投資信託(ETF)もあります。



■□■-----------------------------------------------------------------

4. その他

  ◆ 投資信託概況の発表日

当協会では、毎月1回、前月末の純資産等の統計を発表しております。
4月分の発表日は5月17日(火)を予定しております。なお、ホームページへの
記事掲載は同日16時00分頃の予定です。



■□■-----------------------------------------------------------------

5.カフェコーナー

 ◆ カバのマンション

生まれ育った実家近くに、カバのマンションと呼ばれる建物があった。
物心ついたときにはもう結構年季の入ったマンションで、屋上にカバの頭に
見える傾斜のある出っ張り(中には貯水槽あたりが入っていそうな)がある
ためそのような呼ばれ方をしていた。

当時、近所では珍しい大型のマンションだった。そこにはたくさんの友人が
住んでおり私も小学生の頃よく行き来していた。
全国規模の企業の借り上げという部屋も多く、転勤族の友達も多かったので
さみしい思い出もたくさんある場所だった。

それから何十年か経ち、人生の半分以上をS玉県で過ごしたことになるが、実は
今住んでいる自宅2階の窓を開けると、同じカバの頭をしたマンションが遠くに
見える。近くを通った時に確認したが、相当古いマンションで、多分同じ頃に
建てられたのだろう。
その頭が見えるたび、当時のことを思い出しては一人しんみりすることも多い
のだが、望郷の先である故郷熊本が、先月大きな地震に見舞われてしまった。

私の実家も建物に亀裂が走り、親戚の多くは震源地に近い地域に住んでいたため
未だ避難所にいる。九州からこれだけ離れていてもなかなか心休まることがない
わが身を思えば、実際そこで暮らす人達の不安はいかばかりかと思う。今回被災
された地域の方々の一刻も早い復旧・復興を願ってやまない。

東日本大震災後東北へもボランティアで赴いたこともあるが、こうした災害は
一時的なものではなく、長い時間かかることだとその時被災された方とも話をし
て実感した。むしろこれから力を必要とする。現場の混乱が少し落ち着いたら
ボランティアとして地元に駆けつけたい。カバのマンションは無事だろうか。

                         (S.I)



=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「REITガイド」
「なるほど!投資信託説明書ガイド」 「知っておきたい!投資の基本」を
セットにして、無料でお送りしています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、一般社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:一般社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る