バックナンバー

バックナンバー

No.321(2015年3月4日発行)>>交付目論見書が改善されました-2

●=●==============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン     No.321        2015/3/4
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                                                        
●=●==============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス

 ◆ 投資信託協会ホームページコンテンツの活用法!
     「新規に設定されるファンドが知りたい」

2.募集中ファンド

3.投資信託に関するQ&A集‐233‐
 ◆ 交付目論見書が改善されました-2

4.その他
   投資信託概況の発表日

5.カフェコーナー
  ◆ 海辺の針



■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス

  ◆ 投資信託協会ホームページコンテンツの活用法!
     「新規に設定されるファンドが知りたい」

公募投資信託は毎月数十本単位で新規に設定されています。近々どのようなフ
ァンドが設定されるのかを知りたい場合、当協会ホームページの投信総合検索
ライブラリーで見ることができます。

投信総合検索ライブラリーのトップ画面、「投資信託目論見書検索エンジン」
の下にある、検索ワードを入力するボックスから少し下がると
「■ 新規設定投資信託一覧はこちら>>」の文字があります。
こちらをクリックすると、直近1か月間に設定予定で、かつ、システムを通じ
て協会へ設定の報告が行われているファンドが表示されます。

新規設定の場合、新聞広告などを行うファンドもありますが、そうでないファ
ンドもたくさんあるので、新規設定ファンドが一覧できるこの画面はとても
便利です。

また、当協会ホームページには新規設定ファンドに関する情報を提供している
箇所がもう1か所あります。ホームページトップ画面、メニューバーの「ファンド
情報」から「新規設定ファンド等に関するデータ」を選択します。
そこに「新ファンド一覧表」というタイトルで、エクセルファイルを掲載して
います。情報は毎週水曜日に更新されます。
更新時点で運用会社から報告されている情報に基づき、新規設定ファンドに関
する、投資対象資産や地域、募集開始日、設定日、満期償還日、手数料、信託
報酬、分配頻度などが一覧化されています。
※エクセルシートの1枚目が単位型、2枚目が追加型となっております。

なお、この新ファンド一覧表は、本メールマガジンに毎号掲載している
「2.募集中ファンド」のリンクからもアクセスできます。
 http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/



■□■-----------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型> 3月中に設定されるファンド・・ 13本
<株投追加型> 設定日が3月中のファンド・・・ 37本

  詳しくは下記アドレスをご覧下さい。
  http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/



■□■-----------------------------------------------------------------

3.投資信託に関するQ&A集‐233‐

 ◆ 交付目論見書が改善されました-2

前回(No.319 2/4配信号)、金融庁が平成24年12月に公表した『投資信託・投資法
人法制の見直しに関するワーキング・グループ 最終報告』の内容を受けた
交付目論見書の改善のうち、「リスク等についての情報提供の充実」について
説明しましたが、今回はもう一つの大きな改善点である「販売手数料・信託報酬等
に関する説明の充実」について説明します。

「販売手数料・信託報酬等に関する説明の充実」について
交付目論見書には投資家が支払う当該ファンドの費用等が書かれた「ファンド
の費用・税金」という項目があります。
このうち「ファンドの費用」の「購入時手数料」、「運用管理費用
(信託報酬)」、「その他の費用・手数料」について「当該手数料等を対価
とする役務の内容」を記載することとされました。

例えば、購入時に販売会社へ支払う「購入時手数料」の役務の内容は、

    (例)購入時の商品説明および販売事務手続き等の対価。

「運用管理費用(信託報酬)」であれば、委託会社、販売会社、受託会社それぞれ

委託会社(例)委託した資金の運用の対価。
販売会社(例)運用報告書等各種書類の送付、口座内でのファンドの管理、
       購入後の情報提供等の対価。
受託会社(例)運用財産の管理、委託会社からの指図の実行の対価。

というように、投資家が支払う費用の対価としてどのようなサービスが提供
されているのかがわかるように記載することが求められます。

投資家にわかりやすいものとなるよう各委託会社が創意工夫し作成しています
ので、各社毎に若干書きぶりが異なります。

最終報告では「・・・費用を含めた投資家の負担の対価として享受するサービス
についての説明は、必ずしも投資家の理解に資する形で充実しているとは言えない。
投資家のコスト意識を醸成し競争の促進を期待する観点から、当該説明の充実を
図ることが適当である。」とされており、今回の改善はこれに対応するものです。

メールマガジンNo.319 2015/2/4配信号リンク
http://www.toushin.or.jp/mailmag/backnumber/pages/detail/337/



■□■-----------------------------------------------------------------

4. その他

  ◆ 投資信託概況の発表日

当協会では、毎月1回、前月末の純資産等の統計を発表しております。
2月分の発表日は3月12日(木)を予定しております。なお、ホームページへの
記事掲載は同日16時00分頃の予定です。



■□■-----------------------------------------------------------------

5.カフェコーナー

 ◆ 海辺の針

とある夏の昼下がり、父からかかってきた電話を終え娘と一緒に散歩に出かけた。

図書館の前を通り過ぎようとした時、図書館のスタッフに声をかけられ、聞くと
ちょうど児童を対象にした読み聞かせが始まるという。
あてもなく家を出てきた私たちは、時宜を得たとばかりに読み聞かせを行う会場
へと向かった。

椅子もないカーペットが敷かれただけの部屋には既に数組の親子が座っていた。
隅にある部屋でクーラーもさして効いていなかった。
そこに私たちも腰を下ろし、待っていると初老の女性が2人にこやかに部屋へ入っ
てきた。読み聞かせをしてくれるボランティアの女性であった。

大きなバッグからたくさんの絵本を取り出し、セッティングする様子から一人が
指導的な立場、もう一人は新人といった感じが伺えた。そして読み聞かせが始ま
るとすぐにそうだと確信することになった。

新人とおぼしき女性が真ん中に立ち「今日はみなさんの喜びそうな絵本を選ん
だわよ~、楽しみにして頂戴ね~ではでは読むわよ~」と最初は良かったものの、
絵本の表紙を指さし「海辺の針」と言うや横から「ハリィ!」ともう一人の女性。
「海辺のハぁリ」、「違うわよハリーよ、海辺のハリー!」と小声でフォローを
入れる。

その後も度重なる読み間違いや面白いアクセント、ページのめくりすぎなどで、
どうもスムーズに進まない。
だんだんと付き添いの保護者らが笑いをこらえはじめ、その雰囲気を読んでか
そこにいた子どもたちまでもクスクスしだす。
それでもその女性は笑顔を絶やさず懸命に読み聞かせを続けていく。

彼女が読み終わる頃、私は少し涙を流していた。
家を出る前にかかってきた父からの電話は、祖母が危篤となった旨の連絡で
あった。もしかすると実家へ戻るような事態となるかもしれないので休日と
はいえ遠出はしないでくれ、けれども外出するなというわけではないと言われ
てのあてのない散歩で行きついたこの読み聞かせだった。
90歳を超えた祖母と比べてはその方に失礼だが、若かったころの祖母、私が幼か
った頃の祖母の姿を思い出し、堪えられなかったのである。
部屋が暑かったので汗を拭うふりをして涙に気づかれなかったのは幸いだった。

児童を対象にしたものだったが、私の方が優しい時間を過ごすことができた。
気が向いたときにまた足を運んでみたいが、絵本の内容よりすこし成長した
娘がウンと言わないだろう。
だが、祖母の一周忌が近づく来夏頃、もう一度行ってみたいと思う。


                                                             (S・I)



=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「REITガイド」
「なるほど!投資信託説明書ガイド」「知っておきたい投資の基本」を
4冊セットにして、無料でお送りしています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、一般社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:一般社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る