バックナンバー

バックナンバー

No.320(2015年2月18日発行)>>金融広報中央委員会「金融商品なんでも百科」のご紹介

●=●==============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン     No.320        2015/2/18
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                      
●=●==============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
  ◆ 特設コーナー「~投資初心者のあなたに~ NISAと出会う6つのコラム」
   を公開しています!
    ◆ 金融広報中央委員会「金融商品なんでも百科」のご紹介
  ◆「投資信託基礎講座」開催のお知らせ
    ◆「不動産投信NEWS」2月号の公表 
   ◆ 投資信託の市場動向(1月中)

2.募集中ファンド

3.カフェコーナー
    ◆ 無粋を承知で



■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス

  ◆ 特設コーナー「~投資初心者のあなたに~ NISAと出会う6つのコラム」
  を公開しています!

昨年スタートしたNISA(少額投資非課税制度)。
当協会では、たくさんの方にNISAという制度をもっと知っていただき、身近に
利用していただけるよう、ホームページ上に特設コーナー「~投資初心者の
あなたに~ NISAと出会う6つのコラム」を開設!
NISAや投信にまつわるコラムを集めました。

内容は、NISAの制度概要、リスクとリターンの話、NISA口座開設体験記やFP馬養
雅子(まがい・まさこ)さんへのインタビュー記事など多岐にわたります。

  詳しくは下記アドレスをご覧下さい
 http://www.toushin.or.jp/nisa6column/



-------------------------------■□■□■------------------------------

 ◆ 金融広報中央委員会「金融商品なんでも百科」のご紹介

金融広報中央委員会が発行している「金融商品なんでも百科」をご存知ですか?

銀行、証券会社、保険会社などの金融機関が取扱っている主だった金融商品の
特徴等について解説している刊行物です。

本書で紹介している金融商品は預貯金や株式、投資信託、保険・共済など多岐に
わたり、金融商品全般の基本的な知識をこれから勉強しておきたいという方には
オススメです。
内容も基本的な事項に重点が置かれているので、大変読みやすくなっています。

刊行物は販売されているものですが、金融広報中央委員会の運営するWebサイト
「知るぽると」に内容が転載されており、こちらからもご覧いただけます。

 詳しくは下記アドレスをご覧下さい
 http://www.shiruporuto.jp/finance/kinyu/hyakka/



-------------------------------■□■□■------------------------------

  ◆ 「投資信託基礎講座」開催のお知らせ

当協会とNPO法人エイプロシス(投資と学習を普及・推進する会)は、投資
未経験者向けに「投資信託基礎講座」を開催しています。

土曜日開催は毎回ご好評をいただいており、募集開始後すぐに定員に達してし
まうことも多いため、受講をご希望の場合はお早めに申込み下さい。

 * 開催日:平成27年4月4日(土)午前開催
    会  場:東京証券会館 9階 第2会議室
      (東京都中央区日本橋茅場町1-5-8) 

  申込方法など、詳細は下記NPO法人エイプロシスHPをご覧下さい。
  https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=15-00-01-05



-------------------------------■□■□■------------------------------
 
 ◆ 「不動産投信NEWS」2月号の公表

不動産投信に係る主な動きなどをとりまとめた「不動産投信NEWS」2月号を
公表しました。公表内容等は1月中の動向です。

  詳しくは下記アドレスをご覧下さい。
  http://www.toushin.or.jp/reit/newsetc/fudousannews/



-------------------------------■□■□■------------------------------

 ◆ 投資信託の市場動向(1月中)

■全体の概況

27年1月末の契約型公募証券投資信託の純資産は、前月比5,046億円増加して
94兆91億円となった。このうち、株式投信は前月比5,773億円増加(うち、運用
等減8,779億円)して77兆6,727億円、MMFを含む公社債投信は前月比727億円減少
して16兆3,364億円であった。
販売態別に残高を見ると、証券会社経由の契約型公募株式投信の残高は、前月比
5,504億円増加して46兆9,715億円、銀行等経由の残高は206億円増加して30兆994
億円となった。
契約型私募投資信託の純資産は前月比7,514億円増加して47兆6,220億円となっ
た。


■公募証券投資信託の状況

(1)資産動向
                                                         <単位:億円>
                       設定          解約(償還含む)      純資産(前月比)
株式投信            38,725         24,172             776,727(5,773)
公社債投信          46,287         47,015             163,364(-727)
内、MMF                 459            660              19,556(-202)
株式投信+公社債投信 85,012         71,187             940,091(5,046)
(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用等増減が加味
されますので、本表では一致しません。
(注3)公社債投信にはMMFを含みます。

(2)運用状況
1月中の株式運用について、国内株式は441億円の買越し、外国株式は1,054億円
の買越しで1月末の組入株式の時価総額は22兆7,065億円となった。
公社債の運用状況については、国内公社債は6,306億円の買越し、外国公社債は
853億円の買越しで1月末の組入公社債の時価総額は27兆5,628億円となっている。

(3)主体別残高状況(公募証券投資信託)
                                                        <単位:億円>
                     証券会社      銀行等      投信会社         合計
株式投信             469,715     300,994       6,017        776,726
公社債投信           156,729       6,607          28        163,364
内、MMF               13,680       5,856          20         19,556
株式投信+公社債投信 626,445     307,601       6,045        940,090
(シェア:%)            (66.6)      (32.7)       (0.6)        (100.0)
(注1)公社債投信にはMMFを含みます。


■私募投資信託の資産動向
                                                        <単位:億円>
                      設定       解約(償還含む)      純資産計(前月比)
合計(株投+社投)      17,632       8,685                476,220(7,514)
(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用等増減が加味
されますので、本表では一致しません。


■不動産投信(J-REIT)の資産動向
                                                          <単位:億円>
                 26年 12月(前月比)       26年 11月            前年 12月
純資産計           65,391 (1,299)            64,092             57,387
追加出資額          1,274                       664                738   
 
  
■マーケット指標(参考)
                     27年   1月末(前月比)   26年 12月末      前年   1月末
日経平均株価(円)      17,674.39 (223.62)     17,450.77        14,914.53
TOPIX(ポイント)        1,415.07 (7.56)        1,407.51         1,220.64
為替(1米$:円)           118.25 (-2.30)         120.55           102.86
東証REIT指数           1,886.51 (-11.41)      1,897.92         1,497.46
(ポイント)
                           (337回債)          (336回債)      (332回債)
国債利回り(%)           0.275 (-0.055)           0.33            0.62



■□■-----------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型> 2月中に設定されるファンド・・・ 12本
<株投追加型> 設定日が2月中のファンド・・・・ 58本

  詳しくは下記アドレスをご覧下さい。
  http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/



■□■-----------------------------------------------------------------

3.カフェコーナー

 ◆ 無粋を承知で

女房の実家へ行くと、よくこたつの上に運用報告書と老眼鏡代わりの虫眼鏡が
無造作に置いてある。運用報告書は義父が保有するファンドのものである。
私が投資信託に携わる仕事に就いていることを当然知ってはいると思うが、
義父と投資信託や投資についての話をしたことはない。
家にいる時に仕事の話など無粋だと思ってのことなのだろうか。

ただ、親戚が集まった時に義父が「お前の娘の勤め先(銀行)だと○○ってファン
ドがあるからよ。あれいいぞ。娘に聞いてみれ。」などファンドを愛称で説明して
いるところをみると、随分投信に慣れているようである。

では、投資の成果はどうか。それはずっと気になっていたところだが、親戚
との会話の中「こないだリート投信の基準価額を見たらえらい上がってよ~」、
「一時は下がってびっくりしたけど別のファンドもアベノミクスで上がってん
だよなあ、これが」とまずまずの様子。
こたつに置かれた運用報告書を眺めても、バラエティに富んだファンドを購入
しているのがわかる。分散投資を考えて購入しているようだ。
NISA口座も自分自身で販売会社を検討した上、口座開設したらしい。

投信や投資の話をしないのも、きっと私などが出る幕ではないということだろう。
しかし、ジュニアNISAについてだけは無粋を承知の上、その必要性について
じっくり話をしたい。

                                                        (S・I)



=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「REITガイド」
「なるほど!投資信託説明書ガイド」をセットにして、無料で
お送りしています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、一般社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:一般社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る