バックナンバー

バックナンバー

No.282(2013年7月17日発行)>>「ガイドブック(2013年版)が新しくなりました」

●=●==============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン     No.282        2013/7/17
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                                                        
●=●==============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
   ◆ ガイドブック(2013年版)が新しくなりました
   ◆「投信フォーラム2013in 佐賀」開催のお知らせ
    ◆「投資信託基礎講座」開催のお知らせ
    ◆「不動産投信NEWS」7月号の公表 
   ◆ 投資信託の市場動向(6月中)

2.募集中ファンド

3.カフェコーナー
    ◆ 時事川柳



■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス
 
 ◆ガイドブック(2013年版)が新しくなりました

投資信託協会では、2013年版の「投資信託ガイド」、「REITガイド」を作成
しました。新しいガイドでは、平成26年1月から始まる「少額投資非課税制度」
(NISA:ニーサ)の概要やNISAの利用方法などについても解説しています。
ご希望の方は、下記の当協会ホームページよりご請求ください。「なるほど!
投資信託説明書ガイド」と3冊セットでプレゼントいたします。
 http://www.toushin.or.jp/guidebook/



-------------------------------■□■□■------------------------------

  ◆「投信フォーラム2013in 佐賀」開催のお知らせ

   主催:投資信託協会  佐賀新聞社  全国地方新聞社連合会  
   日時:平成25年7月27日(土)  13時30分~16時10分(13時開場)
   会場:マリトピア 万葉の間

   内容:第1部/特別講演
      演題:「夢、目標にチャレンジ」
      ~挑戦することの大切さ~
      講師:バルセロナ五輪柔道金メダリスト
       古賀稔彦(こがとしひこ)氏

      内容:第2部/FPによる投資信託セミナー
      演題:「投資信託で“草食系”の資産づくり」
      講師:ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)
       馬養雅子(まがいまさこ)氏
        *馬養氏と運用会社の専門家との対談コーナーがあります
 
  詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/seminar/2013/9235/



-------------------------------■□■□■------------------------------

  ◆ 「投資信託基礎講座」開催のお知らせ

当協会とNPOエイプロシス(投資と学習を普及・推進する会)は、未経験者向け
に「投資信託基礎講座」を開催しています。

 * 開催日:平成25年8月23日(金)午後開催
     会  場:協働ステーション中央会議室
      (東京都中央区日本橋小伝馬町5-1 十思(じゅっし)スクエア2階) 
  申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
   https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=13-00-01-46


  * 開催日:平成25年9月14日(土)午前開催
     会  場:東京証券会館9階 第8議室
       (東京都中央区日本橋茅場町1-5-8)   
  申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
   https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=13-00-01-54



-------------------------------■□■□■------------------------------

 ◆ 「不動産投信NEWS」7月号の公表

不動産投信に係る主な動き等をとりまとめた「不動産投信NEWS」7月号を公表し
ました。公表内容等は6月中の動向です。

  詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/reit/newsetc/fudousannews/



-------------------------------■□■□■------------------------------

◆ 投資信託の市場動向(6月中)

■全体の概況
25年6月末の契約型公募証券投資信託の純資産は、前月比3兆9,200億円減少して
74兆1,195億円となった。このうち、株式投信は前月比3兆3,943億円減少
(うち、運用等減3兆8,966億円)して60兆5,363億円、MMFを含む公社債投信は
前月比5,256億円減少して13兆5,832億円であった。
販売態別に残高を見ると、証券会社経由の契約型公募株式投信の残高は、前月
比1兆8,945億円減少して34兆1,344億円、銀行等経由の残高は1兆4,839億円減少
して25兆9,058億円となった。
契約型私募投資信託の純資産は前月比7,217億円減少して36兆7,146億円となっ
た。


■公募証券投資信託の状況

(1)資産動向
                                                         <単位:億円>
                       設定         解約(償還含む)      純資産(前月比)
株式投信            28,742        23,720            605,363(-33,943)
公社債投信          47,790        53,046            135,832(-5,256)
内、MMF                 434           579             18,351(-146)
株式投信+公社債投信 76,533        76,766            741,195(-39,200)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用等増減が加味さ
     れますので、本表では一致しません。
(注 3)公社債投信にはMMFを含みます。
 
(2)運用状況
6月中の株式運用について、国内株式は444億円の買越し、外国株式は1,269億円
の売越しで6月末の組入株式の時価総額は16兆6,655億円となった。
公社債の運用状況については、国内公社債は5,180億円の売越し、外国公社債は
511億円の売越しで6月末の組入公社債の時価総額は25兆8,754億円となってい
る。

(3)主体別残高状況(公募証券投資信託)
                                                         <単位:億円>
                     証券会社      銀行等      投信会社         合計
株式投信             341,344     259,058       4,961         605,363
公社債投信           131,333       4,468          30         135,832
内、MMF               14,697       3,633          21          18,351
株式投信+公社債投信 472,678     263,526       4,991         741,195
(シェア:%)            (63.8)      (35.6)       (0.7)         (100.0)
(注1)公社債投信にはMMFを含みます。



■私募投資信託の資産動向
                                                         <単位:億円>
                      設定       解約(償還含む)      純資産計(前月比)
合計(株投+社投)      11,907         10,367            367,146(-7,217)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用等増減が加味
   されますので、本表では一致しません。



■不動産投信(J-REIT)の資産動向
                                                         <単位:億円>
                 25年5月(前月比)           25年4月            前年5月
純資産計           50,157(-8)               50,165             42,099
追加出資額             71                      336                  0
                      


■マーケット指標(参考)
                     25年 6月末(前月比)     25年5月末       前年 6月末
日経平均株価(円)      13,677.32(-97.22)     13,774.54         9,006.78
TOPIX(ポイント)        1,133.84(-1.94)       1,135.78           770.08
為替(1米$:円)            98.59(-2.59)         101.18            79.31
東証REIT指数           1,396.67(28.5)        1,368.17           957.38
(ポイント)
                           (329回債)         (329回債)       (324回債)
国債利回り(%)             0.855(-0.005)          0.86            0.83



■□■-----------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型> 7月中に設定されるファンド・・ 5本
<株投追加型> 設定日7月中のファンド・・・・69本

  詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/



■□■-----------------------------------------------------------------

3.カフェコーナー

 ◆ 時事川柳

川柳といえば、毎年、「サラリーマン川柳」の作品に興味を惹かれているとこ
ろですが、例えば、2013年では、「電話口「何様ですか?」と聞く新人」とい
う作品に目が止まりました。新人に関しては、他に「新入りを待って幹事を9
年間」という作品もありました。
このようなほのぼのと和ませてくれる川柳とは趣を異にしているのが、新聞の
朝刊に掲載されている時事川柳です。今日耳目を集めた政治・経済・社会など
の出来事が、翌日の朝刊紙面に時事川柳となって掲載されますので、世の中に
はそれを楽しみにしている読者が大勢いるのではないでしょうか。
小生などは、朝刊2紙に目を通しているのですが、掲載されている時事川柳
は、どちらの新聞も6から7首程度です。A紙はそれぞれの作品について簡潔
なコメント付きなのに対し、B紙は代表作品についてのみ解説付きとなってい
ます。いずれの作品も的確な言葉の表現であり、関心してしまうわけですが、
中にはほれぼれしてしまうほど辛辣で、思わず笑ってしまうものもあります。
柔軟な思考回路を持ち合わせていないと、読者をうならせる作品を作るのは難
しいのでしょうね。

ところで、最近、的確な言葉の表現に関し気になるのは、「何々になりま
す。」という言葉を耳にする機会が多いことです。例えば、コーヒーを注文
し、それが席に運ばれてきた際に、「ご注文のコーヒーになります。」と言わ
れるケースですが、コーヒーになる前は果たして何だったでしょうかね。ある
著名人は、自らの講演が終了し、司会者が聴衆者に対し「あちらが出口になり
ます。」と案内したその言葉にすぐ反応して、その司会者に「出口になる前は
何だったんですか?」と聞いたそうです。そしたら、なんと、「出口になる前
は入口でした。」と。こういう会話って、咄嗟の思いつきとはいえ、ユーモア
があっていいですね。

川柳の話題に戻って、自分の情報や知識不足などから、紙面に掲載された作品
の中には、何を題材に読んだのか分からないものもあって、この時は、少しイ
ライラが募るわけですが、掲載された全ての作品について理解できる情報力を
身に付けなければいけないと思わず反省もしてしまいます。

いずれの日にか、自ら作った時事川柳が地方版で良いから掲載される日を夢み
ているのですが、投稿しない限りそれが実現しないという根本的な問題に直面
しているところです。

                                                         (二十一世紀)


=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「REITガイド」
「なるほど!投資信託説明書ガイド」をセットにして、無料で
お送りしています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、一般社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:一般社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る