バックナンバー

バックナンバー

No.268(2012年12月19日発行)>>「投信フォーラム2012in 奈良」講演録について

●=●=============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン    No.268        2012/12/19
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                       
●=●=============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
   ◆「年金ラボ」公開のお知らせ
    ◆「投資信託基礎講座」開催のお知らせ
    ◆「著名人インタビュー」公開のお知らせ
    ◆「投信フォーラム2012in 奈良」講演録について
  ◆「不動産投信NEWS」12月号の公表 
    ◆ 投資信託の市場動向(11月中)
    ◆「投信協会メールマガジン」の配信日の変更について

2.募集中ファンド

3.カフェコーナー
    ◆ スマホ



■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス

 ◆ 「年金ラボ」公開のお知らせ

当協会ホームページに「年金及び確定拠出年金」について、著名ファイナンシャ
ル・プランナーが特別研究員として、わかりやすく解説するコンテンツ「年金ラ
ボ」を公開いたしました。

☆第一弾、生活経済ジャーナリスト/ファイナンシャル・プランナーの和泉昭子
 氏による日本の年金制度の基本やねんきん定期便について、動画やテキストで
 わかりやすく解説。

 詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/dc/labo/


※次回は、1級DCプランナー山崎俊輔氏によるコンテンツを公開予定です。



-------------------------------■□■□■------------------------------

 ◆ 「投資信託基礎講座」開催のお知らせ

 当協会とNPOエイプロシス(投資と学習を普及・推進する会)は、未経験者向けに
「投資信託基礎講座」を開催しています。

  * 開催日:平成25年1月19日(土)午前開催
      会  場:東京証券会館9階 第1・2会議室

  申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
  https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=12-00-01-94


  * 開催日:平成25年2月9日(土)午前開催
      会  場:東京証券会館9階 第4・5会議室

  申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
  https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=12-00-01-103


 <大人のためのお金の教養講座in高崎>
  午前コース:やさしく学習!投資信託の基礎知識
    開催日:平成25年2月1日(金)午前開催
    会  場:高崎市総合福祉センター「会議室2」
              群馬県高崎市末広町115-1
       (JR高崎駅より徒歩23分、車で約10分)

 申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
  https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=12-00-01-84



-------------------------------■□■□■------------------------------
 
 ◆ 「著名人インタビュー」公開のお知らせ

当協会ホームページコンテンツ、著名人インタビューを公開しました。
また、その他コンテンツも公開中です。

 *スポーツジャーナリスト 中西哲生 氏
  (将来に対する具体的なイメージが投資にも必要でしょう)
       
 
  詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/interview/



----------------------------■□■□■---------------------------------

 ◆ 「投信フォーラム2012in 奈良」講演録について

当協会では、投資信託の啓発・普及活動の一環として、開催地にゆかりのある
著名人と資産運用の専門家をお招きして、各地方新聞社及び全国地方新聞社連
合会との共催による「投信フォーラム」を開催しております。

平成24年度は、長野・北海道・岩手・奈良・高知の5会場で開催します。
今回は、平成24年11月10日に開催された「投信フォーラム2012 in 奈良」の講演
内容についてご紹介します。

  会場:奈良県新公会堂 (13時30分~16時10分)
  第1部/特別講演
  演題:歴史の中のうそのような本当のお金の話
  講師:作家  加来耕三氏

  第2部/FPによる投資信託セミナー
  演題:投資信託で“草食系”の資産づくり
  講師:ファイナンシャルプランナー(CFP認定者) 馬養雅子氏

加来耕三氏は、昭和33年大阪市生まれ。昭和56年奈良大学文学部史学科卒業。
学究生活を経て、昭和59年より奈良大学文学部研究員。現在は大学・企業の講師
をつとめながら、歴史家・作家として独自の史観にもとづく著作活動を行ってい
ます。加来氏の講演タイトル「お金」などにまつわる話として、「元禄時代、豊
島屋という酒屋が酒や食べ物を仕入れ値で売って行列ができる店となり、そして
大もうけして江戸一番の大金持ちとなった・・・」。しかし、仕入れ値で売って
大もうけするというのはなぜ。その理由を知りたい方は採録をご覧ください。
その他、織田信長と坂本龍馬の共通点とは。歴史好きの方にも興味深いお話を聞
くことができました。


  詳しくは下記ページをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/seminar/2012/7937/8372/



-------------------------------■□■□■-------------------------------

  ◆ 「不動産投信NEWS」12月号の公表

不動産投信に係る主な動き等をとりまとめた「不動産投信NEWS」12月号を公表し
ました。公表内容等は11月中の動向です。

  詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/reit/newsetc/fudousannews/



----------------------------■□■□■---------------------------------

  ◆ 投資信託の市場動向(11月中)

全体の概況
24年11月末の契約型公募証券投資信託の純資産は、前月比1兆2,749億円増加して
60兆8,975億円となった。このうち、株式投信は前月比1兆1,060億円増加(うち、
運用等増1兆1,755億円)して50兆353億円、MMFを含む公社債投信は前月比1,689億
円増加して10兆8,622億円であった。
販売態別に残高を見ると、証券会社経由の契約型公募株式投信の残高は、前月比
7,457億円増加して26兆7,386億円、銀行等経由の残高は3,424億円増加して22兆
9,213億円となった。
契約型私募投資信託の純資産は前月比1兆124億円増加して30兆5,923億円となっ
た。

■ 公募証券投資信託の状況

(1)資産動向
                                                          <単位:億円>
                       設定          解約(償還含む)      純資産(前月比)
株式投信       20,548         21,244             500,353(11,060)
公社債投信      27,288         25,599             108,622(1,689)
内、MMF                 287            421              18,563(-134)
株式投信+公社債投信 47,836         46,843             608,975(12,749)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用等増減が加味さ
     れますので、本表では一致しません。
(注 3)公社債投信にはMMFを含みます。

(2)運用状況
11月中の株式運用について、国内株式は958億円の売越し、外国株式は654億円の
売越しで11月末の組入株式の時価総額は11兆9,027億円となった。
公社債の運用状況については、国内公社債は4,986億円の買越し、外国公社債は
2,224億円の売越しで11月末の組入公社債の時価総額は23兆659億円となってい
る。


(3)主体別残高状況(公募証券投資信託)
                                                          <単位:億円>
                      証券会社      銀行等      投信会社         合計
株式投信              267,386     229,213       3,755        500,354
公社債投信            104,389       4,203          30        108,622
内、MMF                15,091       3,451          21         18,563
株式投信+公社債投信  371,774     233,416       3,785        608,976
(シェア:%)              (61.0)      (38.3)       (0.6)        (100.0)

(注1)公社債投信にはMMFを含みます。

■ 私募投資信託の資産動向
                                                          <単位:億円>
                       設定       解約(償還含む)     純資産計(前月比)
合計(株投+社投)       8,206       4,771               305,923(10,124)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用等増減が加味
     されますので、本表では一致しません。


■ 不動産投信(J-REIT)の資産動向
                                                          <単位:億円>
                   24年10月(前月比)        24年 9月          前年10月
純資産計             44,091(592)             43,499            41,171
追加出資額              372                      49               160                      

■ マーケット指標(参考)
                      24年11月末(前月比)    24年10月末      前年11月末
日経平均株価(円)       9,446.01(517.72)        8,928.29       8,434.61
TOPIX(ポイント)          781.46(39.13)           742.33         728.46
為替(1米$:円)            82.12(2.46)             79.66          78.13
東証REIT指数           1,065.74(12.93)         1,052.81         847.08
(ポイント)
                             (326回債)        (325回債)       (319回債)
国債利回り(%)              0.7(-0.075)           0.775           1.065



----------------------------■□■□■---------------------------------

 ◆「投信協会メールマガジン」の配信日の変更について

「投信協会メールマガジン」は毎月第1、第3の水曜日に配信しております。
年明けの「投信協会メールマガジン」は1月9日(水)、1月16日(水)を予定してお
ります。



■□■-----------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型> 12月中に設定されるファンド・・ 6本
<株投追加型> 設定日12月中のファンド  ・・・24本

  詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/



■□■-----------------------------------------------------------------

3.カフェコーナー

 ◆ 「スマホ」

もうじきクリスマス。サンタクロースにプレゼントをお願いするとすれば、私
はスマホと即答する。これまでもケータイは2年程度のサイクルで機種変更をし
ているものの、必要性を感じてというよりは「なんとなく充電の持ちが・・」、
「なんとなく形が古く・・」と「なんとなく」変更しているというのが実際で
あった。しかし、ここへきてスマホへの機種変更は「早くしなければ・・」と
危機感を感じている。

ある日情報番組を見ていると、最近よく使われる言葉の意味を調べてみようと
いうコーナーで「まだガラ女子」なる言葉が紹介されていた。これはスマホで
はなく旧来のケータイをまだ使用している女の子を指して言う言葉であるとい
う解説であったが、実際この言葉を街角の女子高生に使ってもらうという映像
が流れた瞬間「これはヤバい・・俺は遅れているぞ。」と感じてしまった。女
子高生たちがケタケタと薄ら笑いながら「まだガラ女子」の使用法について語
る様は、「まだガラケーなんぞ持っとんのかい」と言葉にはしないものの「ま
だガラおやじ」の心の耳にはその蔑みが聞こえてしまったのである。

ただ、そんな言葉が使われる程スマホが普及しているということであれば、持
っている、持っていないということ以前に、現状の仕様がほぼ標準仕様となっ
て今後開発が進むはずなので、現段階で操作含め慣れておかないと後々取り残
されてしまうということも危機感を持った理由である。
かくして自身のガラパゴス化を食い止めるためにも即「スマホ購入!」といき
たかったが、家内(スマホ所有者)からの許可が下りず今に至っている。
ちなみに、通勤途中などでもみなさんゲーム、音楽、映像とスマホを楽しんで
いる様子を見かけるが、私が見た中で一番活用されていたと思うのは、膝上の
スマホで韓流ドラマを見ながら、片耳はその音声、片耳は携帯ラジオに聞き入
り編み物をしているご婦人で、最初は電車内で自宅の居間感覚を再現している
その堂々とした態度に感嘆したものの、次第に「何だよ電車内でこのふてぶて
しさは!」と腹が立ってしまった。

自分がスマホを持ってないから少し嫉妬交じりであったかとも思うので、こん
な気持ちにならないためにも、サンタさんいっちょ私にスマホの方を宜しくお
ねがいします。待ってます。
                                                              (Pear)



=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「REITガイド」
「なるほど!投資信託説明書ガイド」をセットにして、無料で
お送りしています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る