バックナンバー

バックナンバー

No.254(2012年5月16日発行)>>「会員会社のホームページ紹介」

●=●=============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン    No.254        2012/5/16
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                       
●=●=============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
    ◆「投資信託基礎講座」開催のお知らせ
    ◆「不動産投信NEWS」5月号の公表 
    ◆ 投資信託の市場動向(4月中)
    ◆ 会員会社のホームページ紹介

2.募集中ファンド

3.カフェコーナー
    ◆ 日本の言葉



■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス

  ◆ 「投資信託基礎講座」開催のお知らせ

当協会とNPOエイプロシス(投資と学習を普及・推進する会)は、未経験者向けに
「投資信託基礎講座」を開催します。

 
  開催日:平成24年6月9日(土)
  会  場:東京証券会館9階 第4・5会議室

  申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
 https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=12-00-01-23


  開催日:平成24年7月7日(土)
  会  場:東京証券会館9階 第4・5会議室

 申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
 https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=12-00-01-35 



----------------------------■□■□■---------------------------------

   ◆「不動産投信NEWS」5月号の公表

不動産投信に係る主な動き等をとりまとめた「不動産投信NEWS」5月号を公表し
ました。公表内容等は4月中の動向です。

  詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/reit/newsetc/fudousannews/



----------------------------■□■□■---------------------------------

    ◆投資信託の市場動向(4月中)

■ 全体の概況

24年4月末の契約型公募証券投資信託の純資産は、前月比9,281億円減少して61
兆2,668億円となった。このうち、株式投信は前月比9,043億円減少(うち、運
用減1兆3,333億円)して50兆3,229億円、MMFを含む公社債投信は前月比238億円
減少して10兆9,439億円であった。
販売態別に残高を見ると、証券会社経由の契約型公募株式投信の残高は、前月
比5,043億円減少して26兆4,852億円、銀行等経由の残高は3,834億円減少して
23兆4,723億円となった。
契約型私募投資信託の純資産は前月比5,825億円減少して29兆4,527億円となっ
た。

■ 公募証券投資信託の状況

(1)資産動向
                                                          <単位:億円>
                        設定          解約(償還含む)     純資産(前月比)
株式投信             20,663         16,374            503,229(-9,043)
公社債投信           29,925         30,163            109,439(-238)
内、MMF                  426            464             19,736(-38)
株式投信+公社債投信  50,588         46,537            612,668(-9,281)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用増減が加味され
  ますので、本表では一致しません。
(注3)公社債投信にはMMFを含みます。

(2)運用状況
4月中の株式運用について、国内株式は1,568億円の買越し、外国株式は598億円
の買越しで4月末の組入株式の時価総額は11兆6,619億円となった。
公社債の運用状況については、国内公社債は626億円の買越し、外国公社債は55
0億円の売越しで4月末の組入公社債の時価総額は23兆4,466億円となっている。

(3)主体別残高状況(公募証券投資信託)
                                                          <単位:億円>
                      証券会社      銀行等      投信会社          合計
株式投信              264,852      234,723        3,655         503,230
公社債投信            105,157        4,232           50         109,439
内、MMF                16,109        3,586           41          19,736
株式投信+公社債投信  370,008      238,955        3,705         612,669
(シェア:%)             (60.4)       (39.0)        (0.6)         (100.0)

(注1)公社債投信にはMMFを含みます。

■ 私募投資信託の資産動向
                                                          <単位:億円>
                      設定       解約(償還含む)         純資産計(前月比)
合計(株投+社投)      6,553         8,310                 294,527(-5,825)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用増減が加味
     されますので、本表では一致しません。

■ 不動産投信(J-REIT)の資産動向
                                                          <単位:億円>
                      24年3月(前月比)         24年2月           前年3月
純資産計                  41,987(181)          41,806            39,753
追加出資額                    35                  537               310                      

■ マーケット指標(参考)
                      24年4月末(前月比)       24年3月末       前年4月末
日経平均株価(円)       9,520.89(-562.67)      10,083.56        9,849.74
TOPIX(ポイント)          804.27(-50.08)          854.35          851.85
為替(1米$:円)            81.19(-1.00)            82.19           82.08
東証REIT指数             970.61(-19.03)          989.64        1,073.33
(ポイント)
                              (322回債)         (321回債)      (314回債)
国債利回り(%)              0.885(-0.100)           0.985           1.2



----------------------------■□■□■---------------------------------

  ◆会員会社のホームページ紹介

当協会の会員会社が運営するホームページには、投資信託に関する基礎知識、ラ
イフプランやマネープランについてわかりやすく学べるコーナーがあります。
本コーナーでは、各社の資産運用に関するコーナーを順次ご紹介していきます。
詳しくは下記ホームページをご覧ください。

(株)ミカサ・アセット・マネジメントは、不動産投資信託(REIT)である『日本賃
貸住宅投資法人』の資産運用会社です。ミカサ・アセット・マネジメントのホー
ムページには、「不動産投資信託について」の基礎が学べるコンテンツがありま
す。→ http://www.mi-casa.co.jp/index.html

REITは、多くの投資家から集めた資金で、オフィスビルや商業施設、マンション
など複数の不動産などを購入し、その賃貸収入や売買益を投資家に分配する商品
ですが、「名前は聞いたことはあるけれど内容まではわからない」、「興味はあ
るけれどなんとなく不安」などと感じている方々へ、REITについての基礎を「不
動産投資信託(REIT)とは」で学ぶことができます。
→ http://www.mi-casa.co.jp/reit/index.html

この中には、REITについての「仕組み」、「特徴」、「REIT投資の主なリスク」、
「REITから分配金を受け取る仕組み」、「REITの個人投資家税制」についてわか
りやすく説明されています。
特に、REITの仕組みについては、図表を使い不動産投資法人やその他関係する会
社の役割、お金の流れなどについて理解することができます。

REITについての基礎が十分理解できれば疑問や不安もきっと解決されることで
しょう。 



■□■-----------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型> 5月中に設定されるファンド・・ 4本
<株投追加型> 設定日5月中のファンド  ・・・21本


  詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/



■□■-----------------------------------------------------------------

3.カフェコーナー

  ◆日本の言葉

今回は、小生が最近読んだ「懐かしい日本の言葉」という著書で紹介されていた
言葉の中で、気にとめたものをいくつか、著書からの引用も含めて、紹介したい
と思います。
「いそしむ」:漢字で書けば「勤しむ」となります。怠りなくやる、精を出す、
励むといった意味です。この言葉には、生真面目さ、地道さ、将来何者かになろ
うとする目標のようなものが込められている、とありました。
「ゆかしさ」:「ゆかしい人」などと言います。自己を徒に主張せず控え目で、
しかし皆の心をひきつけてゆく魅力、上品で落ち着いた美しさ、奥深い優しさ。
現代の社会は、本来ゆかしい人を下品に無遠慮にかりたてている、とありました。
「そこはかとなく」:所在や理由がはっきりしないが、全体的にそう感じられる
さま、であり、日本人はこの感覚を大事にしてきた、とありました。何とも言え
ない淡い感じが好まれたということでしょうか。
「寄り合い」:最近の言葉では、会合、飲み会、あるいは女子会となるのでしょ
うか。いくつもの世帯が一か所に集まって住む寄り合い世帯がなくなってから、
人の集まりも寄り合いとは言わなくなった、とありました。
「残んの月:「のこんのつき」と読みます。残っている月は、はかなさを感じさ
せる。朝とともに消えていく定め。日本人は、失われてゆくもの、はかないもの
に美意識を持ってきた、とありました。古来の日本人にとって、はかなさは花の
散り際でだけではなかったようです。

この著書の著者は、巻頭で、「私たちの周囲から懐かしい里山風景がどんどん失
われていくと同時に、懐かしい日本の言葉も失われている。これは淋しいことだ
と思ったのが、この本を編むきっかけになった。」と述べています。

巷には、「コンビニ敬語」というものがあると聞きました。それらは新しい日本
の言葉として継承されていくことになるのでしょうか。

                                                           (二十一世紀)



=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「不動産投資法人ガイド」
 「投資信託説明書ガイド」をセットにして、無料でお送りしていま
 す。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る