バックナンバー

バックナンバー

No.250(2012年3月21日発行)>>「会員会社のホームページ紹介」

●=●=============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン    No.250        2012/3/21
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                       
●=●=============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
    ◆ 新規コンテンツ公開のお知らせ
    ◆「投資信託基礎講座」開催のお知らせ
    ◆「不動産投信NEWS」3月号の公表 
    ◆ 投資信託の市場動向(2月中)
    ◆ 会員会社のホームページ紹介

2.募集中ファンド

3.カフェコーナー
    ◆ 勇気



■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス

  ◆新規コンテンツ公開のお知らせ


当協会ホームページに、好評連載中のWebコンテンツ「著名人インタビュー」、
「教えて!REIT」「教えて!ETF」を公開中です。

   第5回  スポーツジャーナリスト 増田 明美 氏
    (目標に向って焦らず進む マラソンと投資信託は似ていますね)


 記事については下記アドレスをご覧ください。
 http://www.toushin.or.jp/interview/



----------------------------■□■□■---------------------------------

  ◆ 「投資信託基礎講座」開催のお知らせ

当協会とNPOエイプロシス(投資と学習を普及・推進する会)は、未経験者向けに
「投資信託基礎講座」を開催します。

  開催日:平成24年4月12日(木)
  会  場:東京証券会館9階 第9会議室
 
  申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
  https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=12-00-01-07


 開催日:平成24年5月12日(土)
  会  場:東京証券会館9階 第4・5会議室

  申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
  https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=12-00-01-13



----------------------------■□■□■---------------------------------

   ◆「不動産投信NEWS」3月号の公表

不動産投信に係る主な動き等をとりまとめた「不動産投信NEWS」3月号を公表し
ました。公表内容等は2月中の動向です。

  詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/reit/newsetc/fudousannews/



----------------------------■□■□■---------------------------------

    ◆投資信託の市場動向(2月中)

■ 全体の概況

24年2月末の契約型公募証券投資信託の純資産は、前月比3兆5,987億円増加して
62兆2,869億円となった。このうち、株式投信は前月比3兆4,229億円増加(うち、
運用増3兆6,469億円)して51兆3,859億円、MMFを含む公社債投信は前月比1,758
億円増加して10兆9,009億円であった。
販売態別に残高を見ると、証券会社経由の契約型公募株式投信の残高は、前月
比2兆286億円増加して27兆1,017億円、銀行等経由の残高は1兆3,591億円増加し
て23兆9,028億円となった。
契約型私募投資信託の純資産は前月比1兆2,742億円増加して30兆1,315億円とな
った。

■ 公募証券投資信託の状況

(1)資産動向
                                                          <単位:億円>
                       設定          解約(償還含む)      純資産(前月比)
株式投信            20,968         23,209             513,859(34,229)
公社債投信          29,648         27,887              109,009(1,758)
内、MMF                 391            520               20,144(-129)
株式投信+公社債投信 50,616         51,096             622,869(35,987)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用増減が加味され
     ますので、本表では一致しません。
(注3)公社債投信にはMMFを含みます。

(2)運用状況
2月中の株式運用について、国内株式は2,825億円の売越し、外国株式は1,094億
円の売越しで2月末の組入株式の時価総額は11兆9,751億円となった。
公社債の運用状況については、国内公社債は5,166億円の買越し、外国公社債は
1,437億円の売越しで2月末の組入公社債の時価総額は24兆1,475億円となってい
る。

(3)主体別残高状況(公募証券投資信託)
                                                          <単位:億円>
                      証券会社      銀行等      投信会社         合計
株式投信              271,017      239,028        3,815        513,860
公社債投信            104,658        4,301           50        109,009
内、MMF                16,464        3,639           41         20,144
株式投信+公社債投信  375,674      243,329        3,865        622,869
(シェア:%)             (60.3)       (39.1)        (0.6)        (100.0)

(注1)公社債投信にはMMFを含みます。


■ 私募投資信託の資産動向
                                                          <単位:億円>
                      設定       解約(償還含む)       純資産計(前月比)
合計(株投+社投)      4,663         6,171               301,315(12,742)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用増減が加味さ
     れますので、本表では一致しません。


■ 不動産投信(J-REIT)の資産動向
                                                          <単位:億円>
                 24年1月(前月比)          23年12月             前年1月
純資産計           41,412(315)              41,097              39,589
追加出資額            182                       80                   0


■ マーケット指標(参考)
                     24年2月末(前月比)      24年1月末        前年2月末
日経平均株価(円)      9,723.24(920.73)       8,802.51        10,624.09
TOPIX(ポイント)         835.96(80.69)          755.27           951.27
為替(1米$:円)           80.68 (4.30)           76.38            81.71
東証REIT指数            958.02(107.54)         850.48         1,107.70
(ポイント)
                            (321回債)        (320回債)       (313回債)
国債利回り(%)           0.955(-0.010)           0.965           1.255



----------------------------■□■□■---------------------------------

  ◆会員会社のホームページ紹介

当協会の会員会社が運営するホームページには、投資信託に関する基礎知識、
ライフプランやマネープランについてわかりやすく学べるコーナーがあります。
本コーナーでは、各社の資産運用に関するコーナーを順次ご紹介していきます。
詳しくは下記ホームページをご覧ください。

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント(株)
→ http://www.goldmansachs.com/japan/gsitm/index.html
のホームページには、「教えて!資産運用ABC」⇒「はじめての投資信託」があ
ります。

このコーナーは、「資産運用」の一つとして注目されている投資信託をもっと
身近に感じていただけるよう、投資信託での疑問をQ&A方式でわかりやすく解
説しています。
 → http://www.goldmansachs.com/japan/gsitm/forum/index.html

「将来のためにお金を準備したいけど、何から始めればいいかわからない。」
「投資信託ってどういうもの」といった疑問、悩みに答えてくれる内容となっ
ています。

その他、現行の年金制度についても図表を使ってわかりやすく説明しながら確
定拠出年金の制度を解説する「確定拠出年金って何」や老後資金についての対
策をわかりやすく解説する「自分年金を作ろう」という項目があります。

また、トップ画面にある「投資情報」には、「いま、この人に聞きたいお金の
話」があり、話題のテーマについて、マネーに関するスペシャリストの方々に
聞いた内容が掲載されています。投資先として新興国が気になっている方には、
「読得(ヨミトク)~1分で読みとく新興国」もお薦めです。


人生にはさまざまな資金が必要です。では具体的にはどうしたらよいか、と迷
っているならこのサイトを活用してみてはどうでしょう。何かよい考えが浮か
ぶかもしれません。



■□■-----------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型> 3月中に設定されるファンド・・・10本
<株投追加型> 設定日が3月中のファンド  ・・・28本


  詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/



■□■-----------------------------------------------------------------

3.カフェコーナー

  ◆勇気

帰宅途中の地下鉄車内での出来事二話。

電車が急に揺れた際、咄嗟に吊皮に捕まえることが出来ずよろめいてしまった
小生の無様な格好を見て、座席に座っていた学生が、「席を替わりますよ。」
と声をかけてくれた。一度は遠慮をして固辞したものの、「私、若いですか
ら。」と言われた以上、断るのも悪いと思い、結局、席を譲ってもらうことに
した。
小生の方が先に下車することになったため、その学生に一言言葉をかけて下車
したが、その言葉掛けにも、「どういたしまして。」と丁寧に対応していただ
いた。
その日は、車内で初めて年寄扱いされたショックよりも、爽やかな気分で家路
に向かうことができた。
余談ですが、ある某大学の講師が、講義に向かう車内の中で、座席に座ってい
た自分の大学らしき学生に対し、「目の前に立っている先生に席を譲ったらど
うか。」と声をかけたところ、その学生が「講義では先生が立って、学生は座
って聞いています。」と言ったとか言わなかったとか。

夜10時過ぎの車内。ミニのセーラー服を着た女子中学生らしき二人が、会い向
かいに座って、周りの乗客に憚りなく会話していた事の顛末のごく一部の内容
再現。

A:「昨日、警察に補導され、手荷物を全部調べられた上に、一晩泊められシ
    ョックだった。」
B:「警察の食事って、どうっだった。」
A:「普通だったよ。」

まさか車内でこのような会話を聞こうとは思ってみなかったし、聞こえてきて
しまった以上、勇気を出して、「場所柄を考えて会話するように」と注意しよ
うと思ったこと数度。思っただけで行動は伴っていません。そのため、その日
は、自省もあって寝つきの悪いものでした。
「家庭の躾」とか「学校の生活指導」について嘆くよりも、他人の子供に対し
ても、勇気を持って注意等が出来る大人が一人でも多く出てくることの方が、
世の中にとって有用ではないかと思った次第です。
さて、本メルマガを読まれた皆さんは、このような場面に遭遇した時、どのよ
うな言動を取りますか。勇気ある言動が取れますか。
                                                           (二十一世紀)





=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「不動産投資法人ガイド」
 「投資信託説明書ガイド」をセットにして、無料でお送りしていま
 す。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る