バックナンバー

バックナンバー

No.242(2011年11月16日発行)>>「会員会社のホームページ紹介」

●=●=============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン    No.242        2011/11/16
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                       
●=●=============================================================●=●



●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
    ◆ 新規コンテンツ公開のお知らせ
    ◆「投信フォーラム2011 in 熊本」開催のお知らせ
    ◆「投資信託基礎講座」開催のお知らせ
    ◆ 個人投資家のための「Jリートセミナー2011」開催のお知らせ
    ◆「不動産投信NEWS」11月号の公表
    ◆投資信託の市場動向(10月中)
    ◆会員会社のホームページ紹介

2.募集中ファンド

3.カフェコーナー
    ◆21.2世紀



■□■□■------------------------------------------------------------

1.トピックス

  ◆新規コンテンツ公開のお知らせ

当協会ホームページに、新規コンテンツ「著名人インタビュー」を公開しました。
是非ご覧下さい。

 第1回 経済ジャーナリスト 森永 卓郎 氏 
     「お金に縛られないためにもやっぱりお金は大切です」

 詳しくは下記アドレスご覧下さい。
 http://www.toushin.or.jp/interview/



------------------------------■□■□■-------------------------------

  ◆「投信フォーラム2011 in 熊本」開催のお知らせ

主催:投資信託協会  熊本日日新聞社  全国地方新聞社連合会  
日時:平成23年12月3日(土)  13時30分~16時10分 (13時開場)
会場:くまもと森都心プラザ  プラザホール  (熊本市春日1‐14‐1)
内容:第1部/特別講演
      演題「夢の実現」
      講師:シンガーソングライター   樋口 了一  氏

      第2部/FPによる投資信託セミナー
      演題「若い世代ほど深刻!  どうなる年金、どうする老後資金
             ~ 投資信託を活用した資産形成法 ~ 」
      講師:生活経済ジャーナリスト/ファイナンシャル・プランナー  和泉 昭子 氏


  申し込み方法など、詳細は下記ページをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/seminar/2011/6282/



-------------------------------■□■□■-------------------------------

  ◆「投資信託基礎講座」開催のお知らせ

当協会とNPOエイプロシス(投資と学習を普及・推進する会)は、未経験者向け
に「投資信託基礎講座」を開催します。


  開催日:平成23年12月10日(土)
  会  場:東京証券会館9階 第4・5会議室

  申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
  https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=11-00-01-92


  開催日:平成24年1月14日(土)
  会  場:東京証券会館9階 第1・2会議室

  申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
  https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=11-00-01-102


<暮らしに役立つ証券投資の基礎講座in船橋>
     開催日:平成23年11月22日(火)
     会  場:船橋市勤労市民センター (千葉県船橋市) 
       第一会議室 3階

 申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
 https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=11-00-01-83 


<暮らしに役立つ証券投資の基礎講座in武蔵野>
    開催日:平成23年12月1日(木)
    会  場:武蔵野商工会議所 市民会議室 (東京都武蔵野市)

  申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスHPをご覧ください。
  https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=11-00-01-85



-------------------------------■□■□■-------------------------------

    ◆ 個人投資家のための「Jリートセミナー2011」開催のお知らせ

一般社団法人不動産証券化協会(ARES)の主催により「個人投資家のための「Jリ
ートセミナー2011」が開催されます。
「Jリートセミナー2011」では、Jリートの魅力を広く知っていただくため、参加
JリートによるIR説明会、Jリート市場の最新動向や資産運用におけるJリートの
組み入れをテーマにした特別セミナーなどの催しを用意しております。


  開催日:日時:平成23年11月26日(土)10時~18時(事前申込不要、参加無料)
  会  場:東京国際フォーラム ガラス棟 6階 他

  詳細は、下記不動産証券化協会ホームページをご覧ください。
  http://www.ares.or.jp/seminar2011/index.html



■-------------------------------■□■□■-------------------------------

  ◆「不動産投信NEWS」11月号の公表

不動産投信に係る主な動き等をとりまとめた「不動産投信NEWS」11月号を公表
しました。公表内容等は10月中の動向です。

  詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://www.toushin.or.jp/reit/newsetc/fudousannews/



-------------------------------■□■□■-------------------------------

   ◆投資信託の市場動向(10月中)

■ 全体の概況
23年10月末の契約型公募証券投資信託の純資産は、前月比2兆8,287億円増加して
60兆7,169億円となった。このうち、株式投信は前月比2兆6,430億円増加(うち、
運用増2兆7,407億円)して49兆9,852億円、MMFを除く公社債投信は前月比1,854億
円増加して8兆6,677億円であった。
販売態別に残高を見ると、証券会社経由の契約型公募株式投信の残高は、前月比
1兆6,106億円増加して25兆9,735億円、銀行等経由の残高は1兆248億円増加して
23兆6,675億円となった。
契約型私募投資信託の純資産は前月比7,115億円増加して29兆966億円となった。

■ 公募証券投資信託の状況

(1)資産動向
                                                          <単位:億円>
                     設定          解約(償還含む)      純資産(前月比)
1.株式投信          13,491         14,468             499,852(26,430)
2.公社債投信        22,704         20,851              86,677(1,854)
3.MMF                  482            479              20,640(3)
合計[1+2+3]         36,676         35,798             607,169(28,287)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用増減が加味され
     ますので、本表では一致しません。

(2)運用状況
10月中の株式運用について、国内株式は642億円の売越し、外国株式は389億円の
売越しで10月末の組入株式の時価総額は11兆3,114億円となった。
公社債の運用状況については、国内公社債は1,556億円の売越し、外国公社債は
2,758億円の売越しで10月末の組入公社債の時価総額は23兆9,000億円となってい
る。

(3)主体別残高状況(公募証券投資信託)
                                                          <単位:億円>
                      証券会社      銀行等      投信会社         合計
1.株式投信             259,735     236,675         3,441      499,851
2.公社債投信            85,974         694             9       86,677
3.MMF                   16,841       3,758            41       20,640
合計[1+2+3]            362,550     241,128         3,491      607,168
(シェア:%)              (59.7)      (39.7)         (0.6)      (100.0)


■ 私募投資信託の資産動向
                                                         <単位:億円>
                      設定       解約(償還含む)      純資産計(前月比)
合計(株投+社投)      3,724       4,178                 290,966(7,115)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用増減が加味さ
     れますので、本表では一致しません。


■ 不動産投信(J-REIT)の資産動向
                                                          <単位:億円>
                 23年9月(前月比)           23年 8月           前年9月
純資産計           41,001(132)               40,869            40,155
追加出資額              0                         4                 4


■ マーケット指標(参考)
                     23年 10月末(前月比)      23年9月末     前年10月末
日経平均株価(円)       8,988.39(288.10)        8,700.29       9,202.45
TOPIX(ポイント)          764.06(2.89)            761.17         810.91
為替(1米$:円)            77.75(1.10)             76.65          80.89
東証REIT指数            902.22(-26.34)           928.56         964.09
(ポイント)
                             (318回債)         (318回債)      (310回債)
国債利回り(%)             1.045(0.025)             1.02           0.92



-------------------------------■□■□■-------------------------------

   ◆会員会社ホームページ紹介

当協会の会員会社が運営するホームページには、投資信託に関する基礎知識、ラ
イフプランやマネープランについてわかりやすく学べるコーナーがあります。
本コーナーでは、各社の資産運用に関するコーナーを順次ご紹介していきます。
詳しくは下記ホームページをご覧ください。

ニッセイアセットマネジメント(株) http://www.nam.co.jp/ のホームページに
は、「はじめての投資信託」⇒「ふくろう教授の投資信託ゼミナール」に、セカ
ンドライフが気になりはじめた方におすすめの各種解説とともにふくろう教授と
その弟子たちと投資信託などについて学べる各種コンテンツがあります。
 → http://www.nam.co.jp/seminar/index.html 

はつらつとしたセカンドライフのために「老後の資金はいくら必要」やお金のか
かるライフイベント「マイホームの購入資金」「子供の教育費」「引退後の老後
資金」など、気になる資産運用の方法を世代別にアドバイスする項目もあります。
資産運用のハウツーを学ばれた方は「投資信託ABC」へ。

「投資信託ABC」では、投資信託を始める前に投資信託の基礎を「福はな」と一
緒に学ぶというものです。「そもそも投資信託って何」では、「投資信託とファ
ンドの違い」、投資信託の仕組み、種類、リスクについてのほか「預金や株/債
券との違い」など投資信託について疑問に思われることが詳しく説明されていま
す。 → http://www.nam.co.jp/seminar/basis/toushin/index.html


「ふくろう教授の投資信託ゼミナール」を受講することにより、「資産運用の達
人」への道が開けるかもしれません。



■□■□■--------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型> 11月中に設定されるファンド ・・・ 2本
<株投追加型> 設定日が11月中のファンド   ・・・53本

  詳しくは下記アドレスをご覧ください。
  http://data.toushin.or.jp/fund/new/index.html



■□■□■--------------------------------------------------------------

3.カフェコーナー

   ◆21.2世紀

今から10年余り前は、コンピューターの2000年問題や21世紀展望が花盛りだった
と記憶しております。よく「十年一昔」と言われますが、2001年から2010年まで
の10年間を、仮に「21.1世紀」とすれば、あっと言う間の0.1世紀だったような
気がしています。因みに、この間の内閣総理大臣は7人です。

さて、21.2世紀のスタート年であった2011年も残すところ1カ月余りとなりまし
た。今年を振り返るにはまだ早いですが、せっかちな性分でありますことからお
許しをいただくことにして、我が国では3月11日に「東日本大震災」による甚大
な被害の発生、欧州では政府債務問題の露呈、「アラブの春」と言われた中東・
北アフリカでは民主化運動の拡大、などなどがありました。後世の日本史及び世
界史の教科書から消えることのない年になるでしょう。

更に、我が国では、財政問題の深刻化から、年の後半に至り、年金支給開始年齢
の引上げや引上げぺースの前倒しなどの改革案が公表されました。波紋が大きい
ようで、これが実現すると、更に世代間の不公平が拡大することになりかねませ
ん。あるセミナーに参加した際に配布された資料(「想定されるシナリオと発生
確率」)をお借りすれば、「財政状況はさらに悪化するが破綻には至らない」が
56%で一番高く、「ハイパーインフレーションの発生」は7%となっていました。
いずれにしても、我々は、21.2世紀以降も、ソブリン・リスクを抱えた中での日
常生活を余儀なくされます。

来年のことを言うと鬼に笑われそうですが、来年はいよいよ投資信託業界も要望
していた従業員個人の掛金拠出、いわゆる「マッチング拠出元年」を迎えます。
顧みれば「投資信託元年」ともてはやされた時期もありましたが、確定拠出年金
(DC)の残高が、それに伴う投資信託の残高が趨勢的に増加していくことを静かに
見守っていきたいものです。
                              (二十一世紀)



=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「不動産投資法人ガイド」
 「投資信託説明書ガイド」をセットにして、無料でお送りしていま
 す。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る