バックナンバー

バックナンバー

No.219 (2010年12月1日発行)>>「投資信託の株主優待物等 」について

●=●=============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン    No.219        2010/12/1
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                       
●=●=============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
    ◆「投信フォーラム2010in 長崎」開催のお知らせ
    ◆「投資信託基礎講座」開催のお知らせ

2.募集中ファンド

3.投資信託に関するQ&A集-182-
    ◆投資信託の株主優待物等について

4.その他
    ◆投資信託概況の発表日

5.カフェコーナー
    ◆おとうと



■□■□■------------------------------------------------------------

1.トピックス

  ◆「投信フォーラム2010in 長崎」開催のお知らせ

主催:投資信託協会  全国地方新聞社連合会  長崎新聞社
日時:平成22年12月11日(土)  13時30分~16時05分 (13時開場)
会場:長崎新聞文化ホール・アストピア2階大ホール(長崎市茂里町3-1)
内容:第1部/特別講演
      演題「龍馬に投資した男たち~ グラバー、オルト、ウオーカー ~」
      講師:長崎総合科学大学教授  ブライアン・バークガフニ氏

      第2部/FPによる投資信託セミナー
      演題「投資信託との上手なつき合い方」
      講師:CFP・1級FP技能士  新倉 由紀氏


申し込み方法など、詳細は下記ページをご覧ください。
http://www.toushin.or.jp/seminar/2010/4843/



  ◆「投資信託基礎講座」開催のお知らせ

当協会とNPOエイプロシス(投資と学習を普及・推進する会)は、未経験者向け
に「投資信託基礎講座」を開催します。


     開催日:平成23年1月29日(土)
     会  場:東京証券会館9階  第4・5会議室

申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスホームページをご覧ください。
https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=10-00-01-94



■□■□■------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型> 12月中に設定されるファンド ・・・ 4本
<株投追加型> 設定日が12月中のファンド   ・・・20本

詳しくは下記アドレスをご覧ください。
http://data.toushin.or.jp/fund/new/2010/fund10121.pdf



■□■□■------------------------------------------------------------

3.投資信託に関するQ&A集-182-


    ◆投資信託の株主優待物等について


証券取引所に上場している企業の中で、株主優待制度がある企業の株主になると
企業から自社製品や割引券などが送られてきます。

電車や飛行機の割引券、映画の鑑賞券など、暮らしに役立つものもあり、株主優
待を株式購入の選択肢とされる方も多いようです。

では、投資信託が株主優待制度のある企業の株式を組み入れている場合には、ど
のような取り扱いとなるのでしょうか。2つのケースが考えられます。

一つ目は、投資信託が独自に株主優待制度を採用する場合です。投資信託の一種
であるETFには、一定口数以上を保有している投資家に対して、優待品を提供
しているものがあります。
投資信託が独自に優待制度を採用することはほとんどないので、極めて珍しいケ
ースです。

二つ目は、投資信託が株主優待制度のある企業の株式を組み入れている場合です。
これは、株式を組み入れる投資信託のすべてに当てはまるケースですが、当協会
では、規則でその取り扱い方法を定めています。
規則の概要は、「◆個別に換金する市場が存在するなど容易に換金できるもの、
◆基準価額に影響するなど受益者の利益のため必要と判断されるもの、について
は、受託銀行と協議の上、換金して投資信託財産に繰り入れることができる。
これ以外のもので、株主優待物等を一括して換金できる場合は、受託銀行と協議
の上、恣意性を排除した一定の配分方法により信託財産に繰り入れることができ
る。」とされています。
即ち、換金できる優待物はできるだけ換金をして、基準価額に反映するというこ
とです。

投資信託は、投資家から集めた資金(金銭)を一つにまとめて株式や債券といった
有価証券に投資し、運用の結果を再び金銭の形にして投資家に均等(持分に応じ
て)にお返しする仕組の金融商品です。このため、優待物のような「物」を投資
家に均等にお返しすることはなかなか難しく、換金できるものを極力換金して投
資信託財産に繰り入れ、投資家に均等に優待物の恩恵が行き渡るよう努力してい
ます。



■□■□■------------------------------------------------------------

4.その他

    ◆投資信託概況の発表日

当協会では、毎月1回、前月末の純資産等の数字を発表しております。11月分の
発表日は12月13日(月)を予定しております。なお、ホームページへの記事掲載
は同日15時30分の予定です。



■□■□■------------------------------------------------------------

5.カフェコーナー

    ◆おとうと


義弟がどてらい。女房から初めて紹介された日も「はじめまして。今、眠いんで
寝ていいですか?おやすみなさい。」と言うと私の部屋の真ん中でバタッと大の
字になりそのまま夜中まで寝てしまい、ろくに話もできず女房と二人で起きるの
を待つことに。さらに起きて話を聞くと、彼はその日私と会うこと以外にも2件
(同時間帯)の約束をしていたとのこと。

まさかのトリプルブッキングに本人より私の方が心配になり「待たせている友達
は大丈夫?待ってんじゃないの?連絡しなくていいの?」と尋ねると「大丈夫っ
す。気にしないで下さい。」とニコニコ。

女房からの話だと義弟は小さいことも多少大きいことでも気にしない性格なのだ
そう。初対面がこれだものでその後も彼の行動に私は飽きさせられることがなく、
度々飲み会で眼鏡を失くしてきたり(理由は飲む前に顔を拭くからとのこと)、人
から車を借りて出かけたのにその車を置き忘れて電車で帰ってきたり(理由は自分
の車ではないのですっかり忘れてしまったとのこと)、私の貸したものが一切返っ
てこなかったり(理由は聞いていません)。。。

そんな義弟は現在中国へ赴任しているのですが、先日かの国の祝日に合わせて一
時帰国した折、宿が無いからとうちに転がりこんできたので「日本にいる間は何
をするの?」と私が尋ねると、「(自動車の)免許更新っすね!」と一言。

その後、何かを探すしぐさをして「あれっ免許証中国に忘れてきたみたいです!」
と言うだけで「えーっと、お義兄さんへのお土産はなんかメチャ不味いお菓子
で、、、」と免許証を忘れてきたことを特に気にする様子も無い姿に小心者の私
は義弟とはいえなんとも頼もしく、また羨ましく思うのでした。「これ不味くて
マジウケるんですよ、笑うー、、」不味いなら買うなよ!

                                                             (otouto31)




=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「不動産投資法人ガイド」「マンガ
  で学べる投資信託」を作成し、無料でお送りしています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る