バックナンバー

バックナンバー

No.217 (2010年11月4日発行)>>「金融ADR 」について

●=●=============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン     No.217       2010/11/04
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                       
●=●=============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
    ◆「投信フォーラム2010in 高崎」開催のお知らせ
    ◆「投資信託基礎講座」開催のお知らせ

2.募集中ファンド

3.投資信託に関するQ&A集-181-
    ◆「金融ADR」について

4.その他
    ◆投資信託概況の発表日

5.カフェコーナー
    ◆神の住む池


■□■□■-----------------------------------------------------------


1.トピックス

  ◆「投信フォーラム2010in 高崎」開催のお知らせ

主催:投資信託協会  全国地方新聞社連合会  上毛新聞社
日時:平成22年11月27日(土)  13時30分~16時05分 (13時開場)
会場:ビエント高崎エクセルホール  (高崎市問屋町2丁目7番)
内容:第1部/特別講演
      演題「私のスキー人生」
      講師:冬季五輪金メダリスト  荻原 健司氏

      第2部/FPによる投資信託セミナー
      演題「皆さんのギモンに答えます!~投資信託との上手な付き合い方~」
      講師:生活経済ジャーナリスト/ファイナンシャルプランナー  和泉 昭子氏


申し込み方法など、詳細は下記ページをご覧ください。
http://www.toushin.or.jp/seminar/2010/4720/




  ◆「投資信託基礎講座」開催のお知らせ


当協会とNPOエイプロシス(投資と学習を普及・推進する会)は、未経験者向け
に「投資信託基礎講座」を開催します。


<投資信託基礎講座ⅰn銀座>
   開催日:平成22年12月8日(水)
   会  場:銀座フェニックスプラザ第6会議室(紙パルプ会館3階)

申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスホームページをご覧ください。
https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=10-00-01-83



<暮らしに役立つやさしい資産運用活用法講座ⅰn新潟>
   Aコース:学んでみよう!株式投資の魅力とリスク
    開催日:平成22年11月15日(月)
    会  場:ANAクラウンプラザ新潟 3階

申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスホームページをご覧ください。
https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=10-00-01-77

   Bコース:やさしく学習!投資信託のABC
    開催日:平成22年11月16日(火)
    会  場:ANAクラウンプラザ新潟 3階

申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスホームページをご覧ください。
https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=10-00-01-77



<暮らしに役立つやさしい資産運用活用法講座ⅰn長野>
   Aコース:学んでみよう!株式投資の魅力とリスク
    開催日:平成22年12月10日(金)
    会  場:ホテルメトロポリタン長野 2階

申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスホームページをご覧ください。
https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=10-00-01-79

   Bコース:やさしく学習!投資信託のABC
    開催日:平成22年12月11日(土)
    会  場:ANAクラウンプラザ長野 2階

申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスホームページをご覧ください。
https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=10-00-01-80



■□■□■------------------------------------------------------------


2.募集中ファンド

新規設定ファンドについて、手数料、購入窓口等の内容が一覧表になってい
ます。

<株投単位型> 11月中に設定されるファンド ・・・ 0本
<株投追加型> 設定日が11月中のファンド   ・・・27本

詳しくは下記アドレスをご覧ください。
http://data.toushin.or.jp/fund/new/2010/fund10111.pdf



■□■□■------------------------------------------------------------


3.投資信託に関するQ&A集-181-


    ◆「金融ADR」について

金融ADRとは、金融機関の業務に関する紛争を解決するための裁判外紛争解決
制度(Alternative Dispute Resolution)のことをいいます。

金融商品の勧誘や契約等によって生じたトラブルに対し、裁判で解決しようと
すると時間がかかり費用面でも大きな負担となります。裁判外解決機関を利用
することで中立・公正な第三者に関わってもらいながら柔軟な解決を図ること
ができます。

金融ADRは、訴訟に代わるあっせん、調停、仲裁等の当事者の合意に基づく紛
争の解決方法であり、事案の性質や当事者の事情等に応じた迅速・簡便・柔軟
な紛争解決が期待される制度です。2009年6月金融商品取引法の改正により2010
年4月から金融分野における裁判外紛争解決制度の中核となる制度として、指定
紛争解決機関制度が導入され、2010年10月1日から金融機関に対し指定紛争解決
機関が存在する場合は、指定紛争解決機関の利用を義務付け、指定紛争解決
機関が存在しない場合は、金融機関に対して苦情処理・紛争解決のための一定
の対応を求めることとしたものです。

金融商品・サービスの多様化・複雑化が進む中、金融危機なども背景に金融商
品・サービスの勧誘・販売を巡るトラブルは増加傾向にあるため、金融庁が指
定した第三者機関が仲介役となり、苦情処理や和解の提示などを行いトラブル
の解決を図ります。

金融庁は、本年9月15日銀行、生保等の7団体を紛争解決機関に指定し、これら
の団体は金融ADRの業務を開始しました。

証券業界等では苦情処理やトラブルを解決する共通の「金融商品取引苦情相談
窓口」を設置しておりましたが、横断的かつ包括的な形で相談及び苦情・紛争
解決サービスを提供する体制を構築するため、特定非営利活動法人「証券・金
融商品あっせん相談センター」(FINMAC)を2009年8月に設立しました。

FINMACが金融商品取引法の改正に基づく金融ADRとして指定紛争解決機関となる
には金融庁の指定を受ける必要がありますが、FINMACでは、現在、指定第一種
紛争解決機関としての指定を得ることを目指して準備を進めています。


※投資信託協会のホームページには、紛争解決等の対応(金融ADR)中にFINMAC
  の情報などをお知らせしておりますのでご覧ください。
  (アドレスhttp://www.toushin.or.jp/consult/contact/)



■□■□■------------------------------------------------------------

4.その他

    ◆投資信託概況の発表日

当協会では、毎月1回、前月末の純資産等の数字を発表しております。10月分の
発表日は11月12日(金)を予定しております。なお、ホームページへの記事掲載
は同日16時00分の予定です。



■□■□■------------------------------------------------------------

5.カフェコーナー

    ◆神の住む池

伊豆にスキューバダイビングのライセンスを取得しにいった時の話。実習を行っ
た海の近くに大瀬神社という神社があり、そこには「神池」という不思議な池が
あるとのこと。何が神で何が不思議なのかよくわからないので、インストラクタ
ーの人に聞いてみても、自分の目で確かめなさいと言われ、「一つだけ言えるの
は、あたしゃあダイバーだけど、あの池だけにゃあ、いくらお金を積まれても潜
りたくないね」とのことだった。

実習のあと、散歩がてら、インストラクターの人に神社まで連れていってもらっ
た。静かな海をバックに、厳かな鳥居、中には天狗が忘れていったと思われる重
たい鉄下駄もあり、不思議感が増していく。

しばらく行くと小さな池が見えてきた。これが「神池」か。確かに水面はそんな
にきれいではないが、インストラクター、あなたは何故そこまで潜りたくないの
か?周囲に目を向けると自動鯉の餌販売機を発見。インストラクターは「秘密を
知りたきゃ、そこで餌を買ってまいてみな」と目配せをする。

財布から小銭を取り出し、モナカのような、パリパリとした皮の中に、緑の粒粒
の魚の餌がたくさん入った「魚の餌モナカ」を買い、少しずつ、おそるおそる粒
粒をまいてみた。

すると突然水面に荒々しく波が起こり、来るは来るは、大量の鯉!、多分100匹
の単位でいたと思う。バシャバシャと水をかき分け、鯉をかき分け、緑の粒粒を
食べにやってくる。時々妙に髭の長いのもいたが、多分あれはナマズだ。

聞くところによるとこの神池、「伊豆の七不思議」にもエントリーしているほど
の有名なスポットらしく、池の目と鼻の先にすぐ海があり、海面と池面(イケメ
ン?)の高さもあまり変わらないのにもかかわらず、淡水で、鯉やナマズが1万匹
以上、一説には3万匹も生息しているとのこと。こんな小さな池に3万匹はそりゃ
多すぎだ。いくらダイビング好きでもそれだけの鯉ナマズ密度だったら潜るのを
ためらうだろう。

おびただしい数の鯉を眼前に、「これでも全体の1%にも満たないのか」と無心
に餌をまいていたが、この後に驚異の出来事が襲い掛かるとは、その時、まだ知
る由もなかった・・・。(後編へ続く)

                                                                 (人生) 





=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「不動産投資法人ガイド」「マンガ
  で学べる投資信託」を作成し、無料でお送りしています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る