バックナンバー

バックナンバー

No.213 (2010年9月1日発行)>>「資産運用は時間を味方をつけましょう」について

●=●=============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン     No.213       2010/09/1
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                       
●=●=============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
    ◆「投資信託基礎講座」及び「はじめての株式投資講座」開催のお知らせ
    ◆「個人投資家のための秋のJリートフェア2010」のお知らせ

2.募集中ファンド

3.投資信託に関するQ&A集-179-
    ◆「資産運用は時間を味方につけましょう」について

4.その他
    ◆投資信託概況の発表日

5.カフェコーナー
    ◆ヤモリ



■□■□■-----------------------------------------------------------

1.トピックス


    ◆「投資信託基礎講座」及び「はじめての株式投資講座」開催のお知らせ

■ 「投資信託基礎講座」開催のお知らせ

当協会とNPOエイプロシス(投資と学習を普及・推進する会)は、未経験者向け
に「投資信託基礎講座」を開催します。

  開催日:平成22年9月11日(土)
  会  場:東京証券会館9階  第4・5会議室

申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスホームページをご覧ください。
https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=10-00-01-51


  開催日:平成22年10月14日(木)
  会  場:ベルサール八重洲 ルームF(八重洲ファーストフィナンシャルビル2階)

申し込み方法など、詳細は下記NPOエイプロシスホームページをご覧ください。
https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=10-00-01-59



    ◆「個人投資家のための秋のJリートフェア2010」のお知らせ

社団法人不動産証券化協会(ARES)と東京証券取引所の共催により「個人投資家
のための秋のJリートフェア2010」が開催されます。
「個人投資家のための秋のJリートフェア2010」では、参加Jリートによるブー
ス展示や説明会、Jリート市場を取り巻く最新の動向やJリートを活用したライ
フプランについての特別セミナーなどの様々な催しが用意されています。

開催日:日時:平成22年9月11日(土)10時~17時(入場無料)
会  場:東京証券取引所  東証ホール他

申し込み方法など、詳細は下記不動産証券化協会ホームページをご覧ください。
http://www.ares.or.jp/fair2010aki/index.html



■□■□■------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドについて、手数料、購入窓口等の内容が一覧表になってい
ます。

<株投単位型> 9月中に設定されるファンド ・・・ 2本
<株投追加型> 設定日が9月中のファンド   ・・・30本

詳しくは下記アドレスをご覧ください。
http://data.toushin.or.jp/fund/new/2010/fund10091.pdf



■□■□■------------------------------------------------------------

3.投資信託に関するQ&A集-179-

    ◆「資産運用は時間を味方につけましょう」について


昨今の急激な相場の値動きにより、投資に前向きになれない人や、やっぱり投
資は恐いものと思っている方もいるのではないでしょうか。今回は、このよう
な状況のもとで、金融商品と上手に付き合うにはどうしたらよいか、「分散投
資」と「時間分散」の考え方を上手に利用して、リスクを小さくする投資手法
をご説明いたします。

投資信託は、投資家から集めたお金を一つの大きな資金としてまとめ、運用の
専門家が株式、債券、不動産などに投資・運用する商品です。投資家一人一人
の投資金額は少額であっても、投資信託としては大きな資金になりますので、
例えば、株式に投資する投資信託の場合、一銘柄だけに投資するのではなく、
複数の銘柄に分散して投資することができます。これによってある銘柄の大き
な値下がりを他の銘柄でカバーすることができます。つまり、投資信託を購入
することで間接的に分散投資をすることができるのです。

しかし、金融商品には内容は異なるものの必ず「リスク」と「リターン」があ
ります。投資信託も、値動きのある株式や債券などに投資をしますので、株式
市場などの状況により値段(基準価額)が変動します。銘柄や投資対象を分散す
るだけではリスクを小さくすることが難しい場合もあります。

そこで、値動きに対応するためには少しずつ長期に亘って積み立てていく「時
間分散」という投資の手法も有効な手段となります。

1回に全額を投資するのではなく、「時間分散」により買付のタイミングをず
らして購入することにより、いわゆる高値掴みのリスクを軽減することができ
ます。

この方法の一つとして、毎月一定の金額で購入していく「ドル・コスト平均法」
と呼ばれる方法があります。これにより、値段が高いときには少しだけ購入し、
その逆に安いときには多く購入することになり、平均買付単価を下げることが
できます。

こうした積立は月々1万円程度から手軽に始められるのが一般的です。
「分散投資」と「時間分散」の投資方法の一つとして取り入れれば長期的な資
産運用にもつながることになるのではないでしょうか。


※「ドル・コスト平均法」について、投資信託協会ホームページ→「投資信託
を学ぼう」→「専門家に学ぶ投資信託実践編」中で詳しく説明してますので、
ご覧ください。
(アドレスhttp://www.toushin.or.jp/investmenttrust/specialist/)



■□■□■------------------------------------------------------------

4.その他

    ◆投資信託概況の発表日

当協会では、毎月1回、前月末の純資産等の数字を発表しております。8月分の
発表日は9月13日(月)を予定しております。なお、ホームページへの記事掲載
は同日15時30分の予定です。



■□■□■------------------------------------------------------------

5.カフェコーナー

    ◆「ヤモリ」

ある日の夜遅く実家の台所においてある芯つきキッチンペーパーからゴソゴソ
と音がするので、中を確認しようとしたところ、尻尾の長い、やや白みがかっ
た扁平体型の爬虫類が逃げ出し「ギャー!!!」。

その正体はヤモリです。ここ4・5年、梅雨時にあらわれて台所の窓に張り付き、
家の中に向って足のひら(5本指)を全開にし、明かりを求めて飛んでくる小さな
虫を長い舌でヒョイヒョイ捕まえ食べている姿を何度か見かけました。

ヤモリについて調べたところ、夜行性で家やその周辺に生息し、特に木造住宅
が好きなようです。蚊や蛾等の害虫を捕食することから家を守るとされ、古く
から縁起物として大切にされているそうです。また、年に1~2回に分けて卵を
産むようです。ということは、卵からかえった縁起物のヤモリ一族が代々実家
の何処かに棲んでいるということになります。

その後、何度か台所の窓に忍者のように張り付いている縁起物のヤモリを見かけ
ました。その姿を家の中から見ているのには可愛らしい生き物ですが、ある日突
然、天井に張り付いていた、ということにならないよう願わずにはいられません。

後日、ヤモリと遭遇した話を同僚Y子さんにしたところ「私の家の玄関灯にヤモ
リが張り付いていますよ」。私としては縁起物のヤモリの面白話をしたつもり
が、その彼女の話に逆に「吃驚」。縁起物のヤモリって、何処にでもいるんで
すね。皆さんの家にもヤモリが棲みついていませんか。

                                                                   (夢)




=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「不動産投資法人ガイド」「マンガ
  で学べる投資信託」を作成し、無料でお送りしています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る