バックナンバー

バックナンバー

No.190(2009年9月16日発行) >>決算短信ってなに?

●=●=============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン    No.190        2009/09/16
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                       
●=●=============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
    ◆「投資信託入門講座(東京・茅場町)」開催のお知らせ
    ◆パブリックコメント募集のお知らせ
    ◆「不動産投信NEWS」9月号の公表
    ◆投資信託の市場動向(8月中)

2.募集中ファンド

3.投資信託に関するQ&A集-158-
    ◆決算短信ってなに?

4.カフェコーナー
    ◆白い時刻表



■□■□■------------------------------------------------------------

1.トピックス

    ◆「投資信託入門講座(東京・茅場町)」開催のお知らせ

当協会とNPOエイプロシス(投資と学習を普及・推進する会)は、未経験者向け
に「投資信託入門講座」を東京・茅場町で開催します。

開催日:平成21年10月8日
開催日:平成21年11月15日

申込方法等、詳細は下記NPOエイプロシスホームページをご覧ください。
10月:https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=09-00-01-58
11月:https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=09-00-01-69


    ◆パブリックコメント募集のお知らせ

当協会では、今般「苦情の解決等に関する規則」等の一部改正案を取りまと
め、この案についてパブリックコメントを募集しております。

詳細は以下のアドレスをご覧ください。
http://www.toushin.or.jp/publiccomment/ichiran/2810/


    ◆「不動産投信NEWS」9月号の公表

不動産投信に係る主な動き等をとりまとめた「不動産投信NEWS」9月号を公表
しました。公表内容等は8月中の動向です。

詳しくは下記アドレスをご覧ください。
http://www.toushin.or.jp/reit/newsetc/fudousannews/


    ◆投資信託の市場動向(8月中)

全体の概況
21年8月末の契約型公募証券投資信託の純資産は、前月比6,243億円増加して59
兆4,054億円となった。このうち、株式投信は前月比3,851億円増加(うち、運
用増948億円)して47兆7,814億円、MMFを除く公社債投信は前月比2,512億円増
加して9兆800億円であった。
販売態別に残高を見ると、証券会社経由の契約型公募株式投信の残高は、前月
比1,942億円増加して22兆8,718億円、銀行等経由の残高は1,818億円増加して
24兆5,563億円となった。
契約型私募投資信託の純資産は前月比3,668億円増加して29兆85億円となった。


■ 公募証券投資信託の状況

(1)資産動向
                                                         <単位:億円>
                     設定          解約(償還含む)       純資産(前月比)
1.株式投信         17,213         14,310              477,7814(3,851)
2.公社債投信       36,552         34,044                90,800(2,512)
3.MMF                 703            823                25,439(-120)
合計[1+2+3]        54,470         49,179               594,054(6,243)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用増減が加味さ
     れますので、本表では一致しません。

(2)運用状況
8月中の株式運用について、国内株式は612億円の売越し、外国株式は126億円
の売越しで8月末の組入株式の時価総額は14兆3,290億円となった。
公社債の運用状況については、国内公社債は2,108億円の売越し、外国公社債
は880億円の買越しで8月末の組入公社債の時価総額は27兆2,558億円となって
いる。

(3)主体別残高状況(公募証券投資信託)
                                                         <単位:億円>
                      証券会社      銀行等      投信会社         合計
1.株式投信             228,717     245,562       3,533        477,813
2.公社債投信            89,864         907          28         90,800
3.MMF                   20,529       4,869          40         25,439
合計[1+2+3]            339,112     251,339       3,602        594,054
(シェア:%)              (57.1)      (42.3)       (0.6)        (100.0)


■ 私募投資信託の資産動向
                                                         <単位:億円>
                      設定       解約(償還含む)      純資産計(前月比)
合計(株投+社投)      5,624       4,357                290,084(3,668)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用増減が加味
     されますので、本表では一致しません。


■ 不動産投信(J-REIT)の資産動向
                                                         <単位:億円>
                 21年7月(前月比)       21年6月               前年7月
純資産計           39,663(122)          39,541                39,275
追加出資額            100                    0                   225


■ マーケット指標(参考)
                     21年8月末(前月比)      21年7月末       前年8月末
日経平均株価(円)        10,492.53(135.70)    10,356.83     13,072.87
TOPIX(ポイント)            965.73(14.79)        950.94      1,254.71
為替(1米$:円)              92.74(-2.73)         95.47        109.36
東証REIT指数             1,006.99(16.03)        990.96      1,260.02
(ポイント)
                            (303回債)         (301回債)     (296回債)
国債利回り(%)               1.305(-0.11)         1.415         1.405



■□■□■------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料、購入窓口等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型> 9月中に設定されるファンド ・・・10本
<株投追加型> 設定日が9月中のファンド   ・・・55本

詳しくは下記アドレスをご覧ください。
http://data.toushin.or.jp/fund/new/2009/fund09093.pdf



■□■□■------------------------------------------------------------

3.投資信託に関するQ&A集-158-

    ◆決算短信ってなに?

今回は、リートに関する情報を得るための書類のひとつである「決算短信」に
ついてご説明いたします。

★法律による開示
リートとは、不動産に対して投資を行う、証券取引所に上場している投資信託
です(正確には投資法人と言います)。リートが発行する投資証券(株式に相当
します)は有価証券なので、新規に上場したり増資を行う場合は目論見書を作
成し、購入しようとする投資家に交付しなければなりません。ただし、発行済
みの証券の売買を行う際は目論見書の交付は必要ありません(上場株式と同様
です)。

また、リートは決算ごとに「有価証券報告書」「資産運用報告」を作成し、
財務局に提出したり、リートを保有する投資家に対して交付する必要がありま
す。

★決算短信?
上記の書類の作成などは、法律によって求められていて、一般の投資信託も同
様の書類の作成などを求めれています。
加えてリートは、証券取引所に上場している金融商品なので、法律で求められ
ている開示書類のほか、証券取引所の規定に基づいて開示しなくてはならない
書類があります。証券取引所の規定に従って作成し、開示しなければならない
書類として「決算短信」があります。

★どのような書類?
決算短信とは、上場会社などが決算ごとに開示することが求められている書類
で、決算の速報にあたる書類です。有価証券報告書が確定版で、決算短信が速
報版と捉えることができます。(決算短信はその性格上、後日訂正されることも
あります)

決算短信の作成要領は各証券取引所が定めています。東京証券取引所が定める
リートの決算短信の様式としては、サマリー情報として、「運用状況」「分配
状況」や「運用状況の予想」などを開示し、定性的情報・財務諸表等として
「投資法人の関係法人」「貸借対照表」などを開示しなくてはなりません。

★いつ開示される?
東京証券取引所は、決算短信は決算期末後速やかに開示されることが必要で、
遅くとも期末後45日以内に開示されることが適当であり、期末後30日以内での
開示がより望ましいものと考えられる、との旨を表明しています。

決算短信は、証券取引所のホームページやリートの投資法人のホームページで
閲覧することができます。リートに投資する際は、法定の書類に加え、決算短
信などによる即時性のある情報も参考にするとよいでしょう。



■□■□■------------------------------------------------------------

4.カフェコーナー

    ◆白い時刻表

先日、テレビでとある旅番組を見ていました。その番組の企画は路線バスだけ
を使って目的地を目指す、というもので、シリーズ化されている旅番組です。

この旅番組は、何度か見たことがあるのですが、よくある光景として、バスの
本数が少なくて乗り継ぎの待ち時間が長く、大幅に時間をロスしてしまうこと
があります。

そんな光景を見るたび、私の実家近くのバス停留所の時刻表を思い出します。
すかすかなのです、バスの時刻表が。ほぼ真っ白で、朝と夕方の欄に2・3の数
字が書いてあるだけ。知らない人が見たら、あれこれ印刷ミス?と思うくらい
ではないかと。

私が子供のころは、もっと時刻表が時刻表らしく、数字がある程度書いてあっ
たような気がします。おそらく、朝夕以外は2時間に1本くらいだったのでしょ
うが、それでも今と比べれば多くの本数です。

この旅番組を見て、数字が少ない白っぽい時刻表が映ると、日本のどこも路線
バスは大変なんだな、と考えてしまいます。実際廃線、なんてニュースも耳に
しますし、まだ運行しているだけありがたいのかも…。

                                                                  (AS)





=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「不動産投資法人ガイド」「マンガ
  で学べる投資信託」を作成し、無料でお送りしています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想は、
    jita-public@toushin.or.jp  までお願いいたします。

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る