バックナンバー

バックナンバー

No.166 (2008年9月17日発行) >>信託報酬って誰に支払っているの?-2



●=●=============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン    No.166         2008/9/17
                                 発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                       
●=●=============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
  ◆未経験者のための「投資信託入門講座」の開催のお知らせ
  ◆不動産投信ニュース9月号の公表
  ◆投資信託の市場動向 (8月中)

2.募集中ファンド

3.投資信託に関するQ&A集-134-
  ◆信託報酬って誰に支払っているの?-2

4.カフェコーナー
  ◆あと一歩


■□■□■------------------------------------------------------------

1.トピックス

  ◆未経験者のための「投資信託入門講座」の開催のお知らせ

当協会とNPOエイプロシス(投資と学習を普及・推進する会)は、未経験者向けに
平日午後集中講座「投資信託入門講座」を東京・茅場町で開催します。

日時:平成20年10月16日(木) 13時00分 (受付:12時30分)
会場:東京証券会館9階会議室 第9会議室
      (東京都中央区日本橋茅場町1-5-8
       東京メトロ「茅場町」駅8番出口直結)
講師:NPOエイプロシス所属証券カウンセラー

申込方法等、詳細は下記NPOエイプロシスホームページをご覧ください。
https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=08-00-01-54


  ◆「不動産投信NEWS」9月号の公表

当協会では、不動産投信のより一層の普及のため、不動産投信に係る主な動き
等をとりまとめた「不動産投信NEWS」9月号を公表しました。
なお、公表内容等は8月中の動向です。

詳しくは下記アドレスをご覧ください。
http://www.toushin.or.jp/info/fudousan_news.html


  ◆投資信託の市場動向 (8月中)

全体の概況
20年8月末の契約型公募証券投資信託の純資産は、前月比1兆2,830億円減少し
て71兆8,718億円となった。このうち、株式投信は前月比1兆2,918億円減少
(うち、運用減1兆5,567億円)して59兆6,620億円、MMFを除く公社債投信は前月
比92億円減少して9兆3,838億円であった。
販売態別に残高を見ると、証券会社経由の契約型公募株式投信の残高は、前
月比7,712億円減少して28兆7,866億円、銀行等経由の残高は5,106億円減少し
て30兆4,956億円となった。
契約型私募投資信託の純資産は前月比5,112億円減少して33兆1,663億円とな
った。

Ⅰ.公募証券投資信託の状況

(1)資産動向
                                                      <単位:億円>
                      設定     解約(償還含む)       純資産(前月比)
1.株式投信         11,918        9,269            596,620(-12,918)
2.公社債投信       28,210       28,294             93,838(-92) 
3.MMF               1,130          949             28,259(+180)
合計[1+2+3]         41,258       38,513            718,718(-12,830)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用増減が加味さ
     れますので、本表では一致しません。

(2)運用状況
8月中の株式運用について、国内株式は262億円の売越し、外国株式は985億円
の売越しで8月末の組入株式の時価総額は18兆4,865億円となった。
公社債の運用状況については、国内公社債は293億円の売越し、外国公社債は
2,752億円の買越しで8月末の組入公社債の時価総額は30兆9,136億円となって
いる。

(3)主体別残高状況(公募証券投資信託)
                                                       <単位:億円>
                     証券会社      銀行等     投信会社       合計
1.株式投信          287,866      304,956      3,796       596,620
2.公社債投信         92,557        1,253         27        93,838
3.MMF                22,752        5,466         40        28,259
合計[1+2+3]          403,176      311,676      3,865       718,718
(シェア:%)           (56.1)       (43.4)      (0.5)       (100.0)

Ⅱ.私募投資信託の資産動向
                                                       <単位:億円>
                     設定     解約(償還含む)        純資産計(前月比)
合計(株投+社投)    7,058       6,888               331,663(-5,112)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用増減が加味さ
     れますので、本表では一致しません。


Ⅲ.不動産投信(J-REIT)の資産動向

                20年7月(前月比            20年6月           前年7月
純資産計      39,275億円(+206億円)     39,069億円        35,553億円
追加出資額       225億円                   794億円           189億円


Ⅳ.マーケット指標(参考)
                   20年8月末(前月比)       20年7月末       前年8月末
日経平均株価(円)   13,072.87(-303.94)      13,376.81       16,569.09
TOPIX(ポイント)     1,254.71(-48.91)        1,303.62        1,608.25
為替(1米$:円)      109.36(+1.24)           108.12          116.07
東証REIT指数        1,260.02(-83.61)        1,343.63        2,005.70
(ポイント)
                     (296回債)             (295回債)       (288回債)
国債利回り(%)          1.405(-0.125)            1.53             1.6



■□■□■------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドについて、手数料、購入窓口等の内容が一覧表になっていま
す。
 9月中に設定されるファンド ・・・ 23本
 設定日が9月中のファンド   ・・・ 23本

詳しくは下記アドレスをご覧ください。
http://www.toushin.or.jp/fund/new/2008/fund08093.pdf



■□■□■------------------------------------------------------------

3.投資信託に関するQ&A集-134-

  ◆信託報酬って誰に支払っているの?-2

前回は信託報酬が運用会社・販売会社・信託銀行に支払われていることについて
ご説明しました。今回も引き続き、信託報酬についてご説明いたします。

★信託報酬率ってどれくらい?
実際には信託財産から支払われる信託報酬は年率でどのくらいなのでしょうか。
国内で設定されたすべての投資信託のうち、純資産総額の大きな投資信託の上
位5ファンド(2008年9月8日付)について、それぞれの目論見書で調べると以下の
ようになりました。

5ファンドの信託報酬率の範囲:0.798%-1.3125%(年率)
5ファンドの信託報酬率の単純平均:1.1151%(年率)

この5つのファンドの信託報酬率の単純平均は1.1151%でした。なお、信託報酬
率はすべて税込であって、ファンド・オブ・ファンズにおいてはその投資信託単
体にかかる信託報酬率を用いており、実質的な信託報酬率は用いておりません。
*実質的な信託報酬率については下記Q&A集-91-をご覧ください。
http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/backno/061206.html

★どこにどれくらい支払われている?
次に、同じ5ファンドの最新の運用報告書から、信託報酬がどのくらいの割合
で運用会社、販売会社、信託銀行に配分されているのか見ていきます。運用
報告書には「1万口あたりの費用」が掲載されていますので、そこから信託財
産から支払われた信託報酬の何%が各社に支払われているのか算出します。

5ファンドの信託報酬の配分割合の範囲
運用会社:31%-50%   販売会社:46%-64%   受託銀行:1%-5%
5ファンドの信託報酬の配分割合の単純平均
運用会社:40.17%   販売会社:55.16%   受託銀行:3.81%

この結果はあくまでも純資産総額の大きな上位5ファンドの単純平均ですので、
何千本と存在するすべての投資信託の平均を表しているものではありません
が、信託報酬は運用会社と販売会社に割合的に多く支払われているということ
が傾向としては言えると思われます。
なお、ここでは投資信託を全体としてみた場合の信託報酬の配分の割合を見た
かったので、実際に配分された額が記載されている運用報告書の数字を元に算
出しています。

★信託報酬の配分のされかた
信託報酬の配分の割合は目論見書に記載されていますが、投資信託によっては
段階的にその割合が変化するものもあります。具体的には、各販売会社の顧客
が保有する投資信託の純資産残高に応じて、各販売会社に対して支払われる信
託報酬率も段階的に積み増しされる仕組みを持つ投資信託があります。

また、投資信託の純資産総額が増加すると段階的に運用会社が受け取る割合が
減り、その分だけ投資家が支払う信託報酬率が減少する投資信託もあります。
さらに、投資信託の運用成績に応じて運用会社が受け取る信託報酬率が上下す
る投資信託もあります。これはファンドの運用成績が良ければ投資家が支払う
信託報酬率も増加し、悪ければ信託報酬率が下がるという仕組みですので、成
功報酬制・実績報酬制と呼ばれることがあります。



■□■□■------------------------------------------------------------
4.カフェコーナー

  ◆あと一歩

(前回のあらすじ) しばらく別の街に移転していたラーメン屋がもとの街に戻
ってきたことを知り、早速その店に向かったがなんやかんやで計4回無駄足を
踏んでしまった…、という話。

今度こそはそのラーメン屋で食べてやるという意気込みと、なんかもう、ど
うでもいいやという気持ちが同居しつつ、再び無駄足を何度も踏まされてい
るラーメン屋に向かってみた。またもや蒸し暑い中、家とは逆側に向かって
歩くのはなかなかしんどい。

明るい街中を抜け、街灯がぽつぽつあるような寂しい通りをしばらく行くと、
遠くに明かりがついている店が見えてくる。今日こそはあの店に入れそうだ。
腕時計で時計を見ると、営業終了時間の一時間くらい前。スープが切れてい
ない限り大丈夫だ。すこし足早に店に向かう。

歩きながら、店を見ていると一人のお客が店に入っていくのがシルエットで
見える。肩から大きめの鞄を提げていたからきっとサラリーマンだ。数年前、
仕事帰りのサラリーマンで賑わっていた店内を思い出し、今入ったお客もきっ
と店が帰ってくるのを待ってたんだろうな、とすこし親近感を感じる。

やっと店に到着、のれんをくぐると素早く店員がやってくる。早速メニュー聞
いてくるのか、何も考えてなかったな、つけ麺かな普通のラーメンにしようか
なと考えている最中、
「すいやせん、今日スープ切れちゃってるんすよ」と。
あれ?なんて? つい数秒前にお客が入って行ったのに?と思ったが、まあい
いやと思い、
「ああ、そうですか、また来ます」と爽やか(のつもり)に言ったところ、
「すいませんねえ、今来たお客さんのでスープ終わっちゃったんですよ」と。

なんというか、あと一歩のところだったという状況を知らされると、ダメージ
は増しますね。夏休みでもとって午前中に行くしかないかな…。しかしながら、
そもそもそこまで好きだったのかどうかがよくわからないんですけども。

                                                                   (AS)



=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「不動産投資法人ガイド」「マンガ
  で学べる投資信託」を作成し、無料進呈しています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

   ホームページアドレス
   http://www.toushin.or.jp/info/publish.html

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

   ホームページアドレス
   http://www.toushin.or.jp/cgi-bin/framed.cgi?74

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。
  (入会)
      http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub.html
  (退会)
      http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub2.html

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
 形されています。
      
■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想は、
    jita-public@toushin.or.jp  までお願いいたします。
      
=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、社団法人  投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可 
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己 
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行 : 社団法人  投資信託協会   企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る