バックナンバー

バックナンバー

No.165 (2008年9月3日発行) >>信託報酬って誰に支払っているの?


●=●=============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン    No.165         2008/9/3
                                 発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                       
●=●=============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
  ◆証券知識普及プロジェクトによるイベントの開催のお知らせ

2.募集中ファンド

3.投資信託に関するQ&A集-133-
  ◆信託報酬って誰に支払っているの?

4.その他
  ◆投資信託概況の発表日


5.カフェコーナー
  ◆繰り返し


■□■□■------------------------------------------------------------

1.トピックス

  ◆証券知識普及プロジェクトによるイベントの開催のお知らせ(入場無料)
      証券知識普及プロジェクト
            (日本証券業協会、東京証券取引所、ジャスダック証券取引所、
             各地証券取引所、投資信託協会などで構成)

証券知識普及プロジェクトでは、10月4日(トーシ)を「証券投資の日」として、
10月2日(木)から11月3日(月)までの間に、証券知識普及プロジェクト主催の記
念イベントを全国23都市27会場で開催します。
記念イベントは、最近の金融・経済事情や証券投資に関する講演に加えて、著
名人によるマネープランに関するトークショー等を開催するほか、他団体主催
イベントへのブース出展など、多彩な内容を用意しております。

★参加方法
各会場で開催する記念イベントへの参加は事前申込制となっており、ハガキあ
るいはFAXのほかに、イベント・セミナーのお知らせサイト「e-104.net」(イー
トーシ・ネット)により、インターネット上でも参加申込みを受け付けます。

イベント内容や参加方法などの詳細は、下記URL(「e-104.net」イートーシ・ネ
ット)をご覧ください。
イートーシ・ネットのURL http://www.e-104.net



■□■□■------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドについて、手数料、購入窓口等の内容が一覧表になっていま
す。
 9月中に設定されるファンド  ・・・ 19本
 設定日が9月中のファンド    ・・・ 17本

詳しくは下記アドレスをご覧ください。
http://www.toushin.or.jp/fund/new/2008/fund08091.pdf



■□■□■------------------------------------------------------------

3.投資信託に関するQ&A集-133-

  ◆信託報酬って誰に支払っているの?

今回は、投資信託を保有している期間中に投資家が間接的に支払う、信託報酬
についてご説明いたします。

★まずは投資信託の仕組みの確認
日本の投資信託は契約型と呼ばれる仕組みを用いた投資信託が主流で、投資信
託を販売する販売会社(証券会社・銀行など)、投資信託を運用する運用会社、
投資信託財産を保管・管理する信託銀行がそれぞれの役割を果たして投資信託
が成り立っています。

★投資信託の手数料等
投資信託の取引を行う際には費用が発生し、主だったものとして、購入する際
に支払う「販売手数料」、保有している期間中間接的に支払う「信託報酬」、
換金する際に支払う「信託財産留保金」(信託財産に繰り入れられます)などが
あります。(投資信託もしくは販売会社によってはこれら費用がかからない場
合もあります。また、これら費用以外にも売買委託手数料等の費用がかかりま
す。)

★信託報酬の配分
信託報酬は、運用期間中に信託財産から間接的に支払われる費用で、運用会社
だけではなく、販売会社、信託銀行にも支払われています。投資信託の運用期
間中、運用会社は投資信託の運用を行い、販売会社は分配金の支払いや運用報
告書などの交付(の代理)を行い、信託銀行は信託財産の管理・保管、基準価額
の算出を行っており、そのサービスの対価として各社が信託報酬を受け取ると
いう仕組みになっています。なお、運用会社が直接投資家に投資信託の販売を
行う場合(直販)は、運用会社が販売会社の役割を担っていることから、運用会
社の分と販売会社の分の信託報酬を受け取ることとなります。

信託報酬がどこにいくら支払われるかは、目論見書に記載されています。投資
信託の広告や目論見書の冒頭には、合計した信託報酬率が記載されていること
が多いですが、目論見書の「手数料等及び税金」という項目には、例えば、以
下のように信託報酬の内訳が記載されています。

*一例
○信託報酬の総額…信託財産の純資産総額に対して年率1.785%(税抜1.70%)
・委託会社…年率0.945%(税抜0.90%)
・販売会社…年率0.735%(税抜0.70%)
・受託会社…年率0.105%(税抜0.10%)

このように、投資家が合計でどのくらい信託報酬を間接的に支払うのかが年率
で示され、さらにその内訳として、運用会社(委託会社)、販売会社、信託銀行
(受託会社)にそれぞれどのくらいの年率で支払っているのかが示されています。

次回も引き続き信託報酬についてご説明いたします。



■□■□■------------------------------------------------------------

4.その他

  ◆投資信託概況の発表日

当協会では、毎月1回、前月末の純資産等の数字を発表しております。8月分の
発表日は9月11日(木)を予定しております。なお、ホームページへの記事掲載
は同日14時30分頃の予定です。



■□■□■------------------------------------------------------------

5.カフェコーナー

  ◆繰り返し

最寄りの駅前に、数年前までよく行っていたラーメン屋がありました。魚介系
の濃厚なスープを使う店で、夜に行くと仕事帰りのサラリーマンを中心にいつ
も賑わっている店でした。

その店が、数年前駅周辺の再開発の影響で別の街に移転することになりました。
店が移転する数日前くらいから、その店には別れを惜しむようにお客が行列を
作っていました。移転して数年が経っても、ふとその店の味を思い出し、もう
一度食べたいなと思っていました。

そして今年の夏、うれしいことにその店がもとの街に戻ってきたことを知りま
した。住所を確認すると以前の場所ではなく、駅からは徒歩で15分くらいかか
る場所に戻ってきたとのこと。15分も歩くのは少し億劫ですが、せっかく戻っ
てきたので会社帰りに足を運ぶことにしました。

この店は、前にこの街で営業してた頃は確か午後11時まで開いてたな、という
ことで夜にも関わらず蒸し暑い中、自宅とは逆口の駅前からその店に向かって
歩きました。午後9時ちょっと過ぎに店に着いたのはいいんですが、店のドア
に張り紙が張ってあり、
「営業時間 午前11時から午後9時」と。
営業時間変更したのか、でもまた今度来ればいいやと、数日後にもう一度向か
いました。するとまた張り紙がしてあり、
「店主急病のためお休みです。」あ…
その数日後「スープが切れたので早めに閉店いたします。」え…
そのまた数日後「夏休みにて12日から14日まで閉店いたします。」……。

…なにか運命的なものを感じずにはいられません。


                                                                   (AS)



=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「不動産投資法人ガイド」「マンガ
  で学べる投資信託」を作成し、無料進呈しています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

   ホームページアドレス
   http://www.toushin.or.jp/info/publish.html

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

   ホームページアドレス
   http://www.toushin.or.jp/cgi-bin/framed.cgi?74

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。
  (入会)
      http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub.html
  (退会)
      http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub2.html

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
 形されています。
      
■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想は、
    jita-public@toushin.or.jp  までお願いいたします。
      
=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、社団法人  投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可 
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己 
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行 : 社団法人  投資信託協会   企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る