バックナンバー

バックナンバー

No.131 (2007年4月4日発行) >>不動産投資法人の取引にかかる費用って?



●=●=============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン    No.131         2007/4/4
                                 発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                       
●=●=============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
  ◆定款・諸規則集(平成19年3月版)ができました!

2.募集中ファンド

3.投資信託に関するQ&A集-99-
  ◆不動産投資法人の取引にかかる費用って?

4.その他
  ◆投資信託概況の発表日

5.カフェコーナー
  ◆詰め替え



■□■□■------------------------------------------------------------

1.トピックス

  ◆定款・諸規則集(平成19年3月版)ができました!
   (A4判、613頁、1,500円(税込))

投資信託協会では、協会の定款、業務規程、諸規則等を掲載した「定款・諸規
則集(平成19年3月版)」を発刊いたしました。
販売は、当協会窓口または宅配で取り扱っております。

<直接来社の場合>
・下記の窓口にご来社下さい。代金は窓口にて現金でお願いします。
販売窓口:東京都中央区日本橋兜町2-1
              東京証券取引所ビル6階 (総務部)
受付時間:9時から17時(11時30分~12時30分を除く)

<宅配の場合>
・総務部宛に下記の要領によりFAXにてお申し込み下さい。
◇申込FAX 03-5614-8448

・送付先の住所、会社名(担当部署・担当者名も明記して下さい)または氏名、
電話番号、請求書に記載する名称、数量および「定款・諸規則集 平成19年3月
版 宅配希望」とご記入して下さい。
請求書を同封しますので、代金は当協会指定の銀行口座へお振込み下さい。
・なお、宅配便の送料着払いにて発送させていただきますので、実費負担願い
ます。

〇問い合わせ先: 投資信託協会 総務部TEL 03-5614-8400



■□■□■------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドについて、手数料、購入窓口等の内容が一覧表になっていま
す。
<株投単位型>4月4日以降4月中に設定されるファンド ・・・     7本
<株投追加型>設定日が4月中のファンド             ・・・    12本


詳しくは下記アドレスをご覧ください。
http://www.toushin.or.jp/fund/new/2007/fund07041.pdf



■□■□■------------------------------------------------------------

3.投資信託に関するQ&A集-99-

  ◆不動産投資法人の取引にかかる費用って?

今回は不動産投資法人(J-REIT)の投資証券の取引にかかる費用についてご紹介
いたします。

★J-REITはクローズド・エンド型
不動産投資法人とは、不動産等を保有し運用することを目的とした会社で、日
本の不動産投資法人は「J-REIT」と呼ばれています。不動産投資法人は投資信
託の仕組みのうち、会社型と呼ばれる仕組みを用いるため、「投資法人」に区
分けされます。投資家は不動産投資法人が発行する投資証券を購入し、不動産
投資法人が不動産を保有し運用することによる利益から分配を受けます。

不動産投資法人はクローズド・エンド型と呼ばれる仕組みをとっています。ク
ローズド・エンド型は投資家の解約に応じないタイプの投資信託を指し、換金性
を担保するために不動産投資法人は市場に上場し、投資家は市場でこの商品を
売却することで換金を行います。
不動産に投資する投資信託は投資家の解約に応じて直に物件を売却し、換金す
ることが投資資産の性質上困難であるため、また、流動性に乏しく日々時価評
価することが困難であることから、クローズド・エンド型を用いています。こ
れと同じような理由で、非上場株式に投資する投資信託もクローズド・エンド
型という仕組みを用いる場合が多いようです。

このように不動産投資法人はクローズド・エンド型であることから、市場に上場
し、市場で売買が行われるので、一般的な契約型投資信託とは異なる点が費用
面でもいくつかあります。

★購入・売却するときの費用は?
一般的な契約型投資信託は販売手数料がかかり、この販売手数料は販売会社が
商品ごとに定める(上限の料率は約款で定められています)ので、同じ投資信託
にもかかわらず販売会社で販売手数料が違ってきたり、同じ販売会社で、異な
る投資信託を同じ額だけ購入したとしても、販売手数料が異なったりします。

一方、不動産投資法人が発行する投資証券にかかる取引手数料は、株式に準じ
ます。証券会社ごとに株式の取引手数料に差があるのと同じように、どこの証
券会社で取引をするかによって取引手数料の額は異なりますが、例えば同じ100
万円の値がついている2つの不動産投資法人の投資証券を、同じ証券会社で取引
すれば同じ額の取引手数料がかかり、不動産投資法人ごとに取引手数料が異な
ることはありません。

また、契約型投資信託は商品によって、解約時に解約手数料や信託財産留保金
が徴収されることがありますが、それらが徴収されなければ解約時には費用は
かかりません。(税金は除きます) 一方、不動産投資法人は株式に準じますの
で、売却時にも取引手数料が発生します。

★保有時の費用は?
契約型投資信託には信託報酬という、投資信託の運用・管理の対価として投資信
託財産から支払われる費用があります。信託報酬は信託財産から日々差し引か
れるので、投資家は、投資信託を保有している期間は、間接的にその費用を負
担していることになります。不動産投資法人にも、この信託報酬に相当する、
不動産投資法人が運用会社に支払う資産運用報酬や、資産保管会社へ支払う報
酬がありますが、これらの報酬も考慮し、市場の価格は形成されていると考え
られます。これらの報酬に関しては不動産投資法人の目論見書「第2部 発行者
情報 第1 投資法人の状況 4 手数料等及び税金」という項目に記載されてい
ます。

不動産投資法人は市場に上場されていることから、その価格は投資家の売りと
買いの需給関係によって形成されます。もちろん、その売りと買いの背後には
不動産の賃貸市場・売買市場、金利動向等といった経済情勢の影響があります
が、株式と同じように投資家の心理的動向や期待といった数字では表しにくい
要因も大きく影響を与えます。

不動産投資法人の一口当たり純資産総額と市場での価格は上記のような理由で
一致しませんが、一方、契約型投資信託の取引価格に相当する基準価額は、純
資産総額を総口数で割ることで求められ、基準価額は信託報酬率の大小によっ
て直接影響を受けます。

不動産投資法人は「投資信託及び投資法人に関する法律」に基づき組成・運用
されていますが、会社型であり上場していることから商品としての性質は株式
に近く、不動産投資法人の投資証券の取引にかかる費用も株式に準じています。




■□■□■------------------------------------------------------------

4.その他

  ◆投資信託概況の発表日

投資信託協会では、毎月1回、前月末の純資産等の数字を発表しております。
3月分の発表日は4月12日(木)を予定しております。なお、ホームページへの記
事掲載は同日14時30分頃の予定です。


■□■□■------------------------------------------------------------

5.カフェコーナー

  ◆詰め替え

ここ数年、環境への影響を考えてのことだと思いますが、詰め替え用の商品が
販売されているのをよく目にするようになりました。液体洗剤やシャンプー・
リンス、消臭剤あたりが代表的な商品でしょうか。

私は、環境のために!と思っている訳ではありませんが、まあそういう意識も
頭の片隅に持ちながら、詰め替え用の方が安いからというのが主要な動機で、
パッケージ済みの商品と詰め替え用商品が両方店頭に並んでいれば詰め替え用
商品を購入します。

ただ、パッケージ済みの商品が特売品としていつもより安く売っている時は、
詰め替え用の方が逆に割高になっていることもあり、そんな時は苦渋の選択で
はありますが、お金のために!と思ってパッケージ済みの商品を買ってしまい
ます。できれば詰め替え用の方がうんと安くて、消費者が詰め替え用を購入し
やすいようにして欲しいのですが…。

いろんな商品の詰め替え用が発売されていますが、つい最近、コンビニに立ち
寄ったところ、よくみる絵柄が書いてあるものの、形態が妙な商品を見つけま
した。なんだろうと思って手に取ってみるとおなじみのカップめんの詰め替え
?用でした。カップと詰め替え用がセットになっているものと、詰め替え用単
体のものがあり、詰め替え用は真空パックしてあって、中身がぎゅっと詰まっ
ていて意外に重さを感じます。

こんな商品も発売したんだとすこし驚きましたが、そこまでするなら、どんぶ
りで袋詰めのインスタントめんを食べればいいのでは…とつい思ってしまいま
した。けれど、詰め替え用は真空パックしてあるので、かさばらずにカップめ
んを持って行きたい時にはきっと便利なんでしょう。キャンプとか?

この商品が売れるのか売れないのかはわかりませんが、こういう遊び心がある
商品は面白いですね。私の生活には正直フィットしませんが、きっと日本のど
こかには「これを待っていたんだ!」という人がいると思われます。登山家と
か?


                                                                 (AS)



=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」と「不動産投資法人ガイド」を作成
  しています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

   ホームページアドレス
   http://www.toushin.or.jp/info/publish.html

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

   ホームページアドレス
   http://www.toushin.or.jp/cgi-bin/framed.cgi?74

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。
  (入会)
      http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub.html
  (退会)
      http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub2.html
      
■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想は、
    jita-public@toushin.or.jp  までお願いいたします。
      
=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、社団法人  投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可 
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己 
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行 : 社団法人  投資信託協会   総務部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===


バックナンバー一覧へ戻る