J-REITのメリットとリスク

J-REITが持つリスク

J-REITは多くのメリットを持つ一方で、さまざまなリスクを伴います。J-REITは、証券取引所に上場され、取引価格が変動しますので、元本利回りが保証された金融商品ではありません。

J-REITの価格に影響を及ぼす主なリスクには、以下のものがあります。

不動産市場のリスク

不動産の賃貸市場や売買市場、金利環境、経済情勢などの影響を受けて、J-REITが保有する物件の賃料収入が減ったり、保有物件そのものの価格が低下したりすることで、価格や分配金が変動する可能性があります。

金利変動リスク

J-REITは、一般投資家から資金を集めるほか、金融機関からの借入を行って資金調達している場合があります。この場合、金利の変動はJ-REITの収益に影響を及ぼし、価格や分配金が変動する可能性があります。

地震・火災などによるリスク

投資対象の不動産が地震や火災の被災を受けた場合など、予想不可能な事態によって価格や分配金が変動する可能性があります。

上場廃止になるリスク

証券取引所が定める上場基準に抵触し、上場廃止になった場合には、取引が著しく困難になる可能性があります。

運営に関するリスク

J-REITは一般の法人と同様に、倒産するリスクがあります。このリスクが表面化した場合、価格が著しく下落する可能性があります。

J-REITのリスク

購入の際は目論見書でリスクを説明している項目にも目を通し、そのJ-REITが持つリスクを知ることが大切です。

未来につむぐ 投資信託つみたて Book インタビュー&コラム 動画特集・運用会社に迫る