情報を得るには

運用報告書

購入後の投資信託がどのように運用され、その結果どうなったかなどは、決算期ごとに作成・送付される「運用報告書」によって知ることができます。

運用報告書は、原則的に投資信託の決算を迎えるごとに作成され、投資信託を保有している受益者に交付されます。ただし、毎月決算型(毎月分配型)の 投資信託に代表されるような、短期間で決算を行う投資信託(計算期間が6ヶ月未満の投資信託)の運用報告書の作成・交付のタイミングは、6ヶ月に1度と法令に定められています。例えば毎月決算型の計算期間は1ヶ月ですから、6ヶ月に1度運用報告書を作成し交付することが求められます。

運用報告書の主な内容をご説明しましょう。

運用成績

設定来の運用実績が、以下のように記載されています。

運用実績の一例

期中の運用経過

期中の市況概況などの資産運用経過が記載されています。

市況概況

当期の投資環境について、グラフや図表とともに説明されています。

運用経過と基準価額

期初・期中・期末の基準価額の状況が示されています。また、ファンドの運用方針や、前期の運用報告書に記載された「今後の運用方針」との比較検証もされています。

分配金

当期の収益分配金について、分配金決定の根拠と、留保益の今後の運用方針が示されています。

運用報告書で示される情報の一例

今後の運用方針

目論見書に記載された運用方針を前提として、今後の運用方針が具体的に示されています。