バックナンバー

バックナンバー

No.436(2019年12月18日発行)>> いよいよ開催間近!「投信フォーラム2019 in 徳島」のお知らせ

●=●==============================================================●=●

       投信協会メールマガジン No.436 2019/12/18
           発行:毎月第1・第3水曜日
   
●=●==============================================================●=●

●--● CONTENTS ●--●

1.トピックス
◆来月のメールマガジン配信日について
◆いよいよ開催間近!「投信フォーラム2019 in 徳島」のお知らせ
◆iDeCo公式サイトコンテンツ「有識者によるiDeCoのコラム」のご案内
◆日本証券業協会「はじめての資産運用講座」のご案内 

2.投資信託の市場動向(令和元年11月中)

3.カフェコーナー
◆ 「新語・流行語大賞」


■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス 

◆ 来月のメールマガジン配信日について

当メールマガジンは、毎月第一・第三水曜日に配信しておりますが、
2020年1月1日は休日のため、配信をお休みさせていただきます。

2020年1月の配信日は1月8日(水)1月22日(水)の予定です。

どうぞよろしくお願いいたします。

-------------------------------■□■□■------------------------------

◆ いよいよ開催間近!「投信フォーラム2019 in 徳島」のお知らせ

投資信託協会では、全国各地で「投信フォーラム」を開催しています。
少額からできる投資信託を利用した資産形成の方法をやさしく解説します。

2019年12月21日(土)は、徳島県 徳島市での開催です!

本フォーラムは二部構成となっており、第1部は阿波踊り娯茶平連長 岡 秀昭 氏
による「阿波おどり人生」と題しての特別講演。

第2部ではファイナンシャルプランナーによる、つみたてNISAやiDeCo等の解説と、
来場希望者から事前に頂いた質問などを基にパネルディスカッションを行います。

パネルディスカッションでは、第1部講師の岡氏をゲストに迎え、
ファイナンシャルプランナーと運用会社の専門家が皆様の疑問にお答えします!
モデレーターは協会長の松谷が務めます。

皆様お誘いあわせの上、ぜひご参加ください!

【開催概要】
 日時:令和元年12月21日(土)  13時30分~16時20分(13時開場)
 会場:とくぎんトモニプラザ(徳島県徳島市徳島町城内2番地1)
 主催:投資信託協会  徳島新聞社  全国地方新聞社連合会

 第1部/特別講演
  演題
 「阿波おどり人生」
 講師
  阿波踊り娯茶平連長 岡 秀昭 氏

  第2部/パネルディスカッション
  演題
 「どう使う?知って得するNISAと確定拠出年金」

 <キーノートスピーチ・パネリスト>
   ファイナンシャルプランナー
  深野 康彦 氏

  <パネリスト>
  阿波踊り娯茶平連長
   岡 秀昭 氏
  フィデリティ投信(株)
    セールスサポート部長兼シニア・プロダクト・ストラテジスト
   藤田 薫 氏
  ジャパンリアルエステイトアセットマネジメント(株)
     執行役員企画部長
   元岡 將 氏

   <モデレーター>
  投資信託協会 会長
     松谷 博司


    詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
 https://www.toushin.or.jp/seminar/2019/20764/



-------------------------------■□■□■------------------------------

◆iDeCo公式サイトコンテンツ「有識者によるiDeCoのコラム」のご案内

「今すぐiDeCo加入を検討するべき理由って?」

iDeCo公式サイトでは、iDeCoの専門家が、様々な角度からiDeCoの活用方法等を
解説するiDeCoの入門webコラムを掲載しています。

第7回「iDeCoをはじめる手続き解説」が新たに公開されました!

アドレスはこちら(iDeCo公式サイト)
https://www.ideco-koushiki.jp/special/#area03

第1回「はじめてiDeCoに出会った方へ」
第2回「人生100年時代のiDeCo」
第3回「女性とiDeCo」
第4回「iDeCoの選び方」
第5回「iDeCoを活用した老後資産づくりのポイント」
第6回「iDeCoってどんな人にオススメ?」

ぜひご覧ください!

-------------------------------■□■□■------------------------------

◆ 日本証券業協会「はじめての資産運用講座」のご案内

日本証券業協会が全国各地で投資未経験者、初心者の方を対象とした
「はじめての資産運用講座」を開催します。

本講座では、資産運用の基礎や金融商品の仕組みに加え、
NISAや確定拠出年金の活用法などについて学ぶことができます。
この機会に、金融や資産運用について日頃の疑問を是非解決してみて下さい!

 現在、以下の日程のセミナーの参加申込を受け付けています。
(締切など随時更新されていますのでご注意ください。)


 1月:旭川、長野、名古屋、奈良


  申し込み方法等、詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
 http://www.e-104.net/


■□■-----------------------------------------------------------------

2.投資信託の市場動向(令和元年11月中)

■全体の概況

令和元年11月末の契約型公募証券投資信託の純資産は、前月比1兆5,701億円増加
して121兆5,524億円となった。このうち、株式投信は前月比8,674億円増加
(うち、運用等増1兆5,620億円)して108兆7,521億円、公社債投信は前月比7,027
億円増加して12兆8,002億円であった。
販売態別に残高を見ると、証券会社経由の契約型公募株式投信の残高は、前月比
9,329億円増加して78兆7,361億円、銀行等経由の残高は814億円減少して29兆
811億円となった。契約型私募投資信託の純資産は前月比9,180億円増加して98兆
2,533億円となった。


■公募証券投資信託の状況

(1)資産動向
                                                         <単位:億円>
                        設定          解約(償還含む)      純資産(前月比)
株式投信                23,065        27,923          1,087,521 (8,674)
公社債投信              33,670        26,643            128,002 (7,027)
株式投信+公社債投信    56,735        54,566          1,215,524 (15,701)


(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用等増減が加味され
ますので、本表では一致しません。


(2)運用状況
11月中の株式運用について、国内株式は6,424億円の売越し、外国株式は2,467億円
の売越しで11月末の組入株式の時価総額は61兆8,504億円となった。
公社債の運用状況については、国内公社債は543億円の買越し、外国公社債は204億円
の売越しで11月末の組入公社債の時価総額は13兆7,845億円となっている。



(3)主体別残高状況(公募証券投資信託)
                                                          <単位:億円>
                      証券会社      銀行等    投信会社        合計
株式投信               787,361     290,811       9,350   1,087,522
公社債投信             127,467         532           3     128,002
株式投信+公社債投信   914,829     291,343       9,353   1,215,525
(シェア:%)              (75.3)      (24.0)       (0.8)     (100.0)



■募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容を一覧表にしています。
<株投単位型> 12月中に設定されるファンド・・・ 6本
<株投追加型> 設定日が12月中のファンド・・・・27本

詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/


■私募投資信託の資産動向
                                                          <単位:億円>
                        設定          解約(償還含む)      純資産(前月比)
合計(株投+社投)         21,047        14,830            982,533 (9,180)


(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用等増減が加味され
ますので、本表では一致しません。


■不動産投信(J-REIT)の資産動向
                                                           <単位:億円>
                  元年10月(前月比)         元年 9月           前年10月
純資産計        100,649 (-41)              100,690              95,012
追加出資額          289                        903                 213


■マーケット指標(参考)

                  元年11月末(前月比)      元年10月末       前年11月末
日経平均株価(円)   23,293.91 (366.87)        22,927.04         22,351.06
TOPIX(ポイント)     1,699.36 (32.35)          1,667.01          1,667.45
為替(1米$:円)       109.56 (0.68)             108.88            113.47
東証REIT指数       2,219.74 (-25.27)         2,245.01          1,816.96
(ポイント)
                           (356回債)          (356回債)      (352回債)
国債利回り(%)        -0.073 (0.060)            -0.133             0.092



直近の統計データは投資信託協会ホームページでご覧いただけます。
アドレスはこちら
https://www.toushin.or.jp/statistics/statistics/data/


■□■-----------------------------------------------------------------

3.カフェコーナー

◆ 「新語・流行語大賞」

年末恒例となった今年の「新語・流行語大賞」には、「ONE TEAM(ワンチー
ム)」が順当に選ばれたと思います。ラグビー・ワールドカップにおける史上初の
8強入りなどが評価されたようです。

今年の大賞は1ワード(語)のみでしたが、2013年は、「じぇじぇじぇ」、「倍返
し」、「今でしょ」、「おもてなし」と4つも選ばれています。これについて、あ
る芸能人の方が著書の中で、大賞が4つもあるのは「ちょっと残念で、やっている
ことがもう野暮なんです。」と主張されています。
更には、『東京オリンピック・パラリンピックに向けて「おもてなし」は「いいか
なぁ?」と思ったら、一番最初に「おもてなし」をうけちゃったのが、都知事(当
時)ですよ。』とも。ご当人は、みんなを明るく元気にした「じぇじぇじぇ」を推
していたようですが、確かに(異論が出るかもしれませんが)大賞は1ワードが望
ましいかもしれません。

また、主催者側の都合があることは承知の上で、大賞の公表を12月上旬に行うた
めに、ノミネート30ワードの公表を11月上旬には行わざるをえないのだと思います。
これに関して僭越ながら以下個人的な意見を述べさせていただくと、11月以降、
波静かな年ばかりとはいえない激動の中にあって、公表後に巷で大きく話題になっ
た新語・流行語が注目された場合、その取扱いが曖昧になってしまうのではないか
と感じます。

ノミネートワードの公表時期が11月初旬にセットされてしまうと、公表された30
の新語・流行語のみを持ってその年の世相をパーフェクトに反映することは難しい
と思います。少しでもその年を印象づける世相や話題となった言葉を反映させるた
めには、ノミネートワードの公表時期を遅らせることも必要になるのではないで
しょうか。(今年の漢字1文字の公表は12月12日であります。)


(二十一世紀)

今年も「メルマガ」をご愛読いただき誠にありがとうございました。
東京オリンピック・パラリンピックを迎える令和2年が、皆様にとってより良い年
でありますことを祈念しています。


=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「リートガイド」
「なるほど!投資信託説明書ガイド」「知っておきたい投資の基本」
「まるわかり!!運用報告書」をセットにして、無料でお送りしています。


ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      https://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      https://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、一般社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:一般社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る