バックナンバー

バックナンバー

No.435(2019年12月4日発行)>> 投資シミュレーション機能って?~リニューアルした【投信総合検索ライブラリー】のご紹介VOL2~

●=●==============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン     No.435      2019/12/4
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                                                        
●=●==============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
◆ 「投信フォーラム2019 in 徳島」開催のお知らせ
◆ 日本証券業協会「はじめての資産運用講座」のご案内
◆ 日本証券業協会 冊子「確定拠出年金入門」新版発行のお知らせ
  

2.投資信託に関するQ&A集‐290‐
◆ 投資シミュレーション機能って?
   ~リニューアルした【投信総合検索ライブラリー】のご紹介VOL2~
3.その他
   投資信託概況の発表日

4.カフェコーナー
◆ 「令和元年12月」


■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス 
 
◆ 「投信フォーラム2019 in 徳島」開催のお知らせ

投資信託協会では、全国各地で「投信フォーラム」を開催しています。
少額からできる投資信託を利用した資産形成の方法をやさしく解説します。

2019年12月21日(土)は、徳島県 徳島市での開催です!

本フォーラムは二部構成となっており、第1部は阿波踊り娯茶平連長 岡 秀昭 氏
による「阿波おどり人生」と題しての特別講演。

第2部ではファイナンシャルプランナーによる、つみたてNISAやiDeCo等の解説と、
来場希望者から事前に頂いた質問などを基にパネルディスカッションを行います。
FPの深野 康彦 氏をコーディネーターに、運用会社の専門家と第1部講師の岡氏
をお迎えして、皆様の疑問にお答えいたします!


【開催概要】
  
  日時:令和元年12月21日(土)  13時30分~16時20分(13時開場)
  会場:とくぎんトモニプラザ(徳島県徳島市徳島町城内2番地1)
  主催:投資信託協会  徳島新聞社  全国地方新聞社連合会

  第1部/特別講演
    演題:「阿波おどり人生」
   講師: 阿波踊り娯茶平連長 岡 秀昭 氏

    第2部/パネルディスカッション
    演題:「どう使う?知って得するNISAと確定拠出年金」

  コーディネーター:ファイナンシャルプランナー
              深野 康彦 氏

      パネリスト:阿波踊り娯茶平連長
                    岡 秀昭 氏
               フィデリティ投信(株)
                        セールスサポート部長兼シニア・プロダクト・ストラテジスト
               藤田 薫 氏
                ジャパンリアルエステイトアセットマネジメント(株)
                        執行役員企画部長
               元岡 將 氏

    詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
https://www.toushin.or.jp/seminar/2019/20764/

-------------------------------■□■□■------------------------------

◆ 日本証券業協会「はじめての資産運用講座」のご案内

日本証券業協会が全国各地で投資未経験者、初心者の方を対象とした
「はじめての資産運用講座」を開催します。

本講座では、資産運用の基礎や金融商品の仕組みに加え、
NISAや確定拠出年金の活用法などについて学ぶことができます。
この機会に、金融や資産運用について日頃の疑問を是非解決してみて下さい!

 現在、以下の日程のセミナーの参加申込を受け付けています。
(締切など随時更新されていますのでご注意ください。)


 12月:松江、仙台、松山、鳥取、大阪、上本町
  1月:長野、名古屋


  申し込み方法等、詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
 http://www.e-104.net/

 
-------------------------------■□■□■------------------------------

◆日本証券業協会 冊子「確定拠出年金入門」新版発行のお知らせ


日本証券業協会が、冊子「確定拠出年金入門」の新版(2019年版)を発行しました!
この冊子では、確定拠出年金のしくみや特徴、留意点などについてわかりやすく
解説しています。

○学べる内容
・セカンドライフを充実させるためには
・確定拠出年金のしくみ
・転職や退職をするとどうなるの?
・確定拠出年金にはどのような税制メリットがあるの?
など

当冊子は、各電子書店において無料で公開されています。
日本証券業協会の電子書籍アプリ「投資道場」でも順次公開予定です。

 詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。(日本証券業協会HP)
http://fofa.jp/jsda104/c.p?22cDWh32Nf4



■□■-----------------------------------------------------------------

2.投資信託に関するQ&A集‐290-

◆ 投資シミュレーション機能って?
   ~リニューアルした【投信総合検索ライブラリー】のご紹介VOL2~

投信協会のHPでは、個別ファンドの基準価額や騰落率、分配金などの他、
様々な情報を閲覧できるシステム「投信総合検索ライブラリー」を提供しています。

このライブラリーにはたくさんの機能がありますので、便利な使い方の事例をご紹介していきます。
前回のバックナンバー「投資信託の便利な検索方法って?」はこちら
https://www.toushin.or.jp/mailmag/backnumber/pages/detail/457/


今回は「投資シミュレーション機能」のご紹介です。

積立投資がいいと聞くけど、実際どうなの?
投信総合検索ライブラリーを使えば、気になる投資信託の銘柄でシミュレーション
ができます!


まず、ファンドを検索し、シミュレーションしたい投資信託の銘柄名をクリックして
ファンド詳細画面を開きます。ファンド詳細では、基本情報・運用情報・投資シ
ミュレーションの3つのタブを展開できます。


<投資シミュレーション>

騰落率計算と積立投資計算ができます。

騰落率計算では、【期間】【分配金の再投資or受け取り】【初期投資額】を指定し
計算をします。指定期間中の投資元本(累計)額と評価額の推移を示したグラフ、
累計の評価額や投資額、損益(収益率)と年次で損益(収益率)の推移などの結果
を見ることができます。

積立投資計算では初期投資額に加え、【毎月投資額】を入力することにより、一括
投資と積立投資の両方の評価額での比較をすることが可能になりましたので、2つ
の投資パターンの値動きを折れ線で表示し、投資元本(累計)を棒グラフで表示す
ることで、どのぐらいの損益が発生しているのかが一度で見ることができ、大変わ
かりやすいです。

さらに、リニューアル後の投信総合検索ライブラリーでは、積立期間を最長20年
まで設定することが可能になりました!

こうしたシミュレーションで数字やグラフを見ると、長期投資のイメージがつきや
すいのではないでしょうか。
これから投資を始める方も、「自分が以前に一括で購入した投資信託を、もし積立
で購入していたら?」を知りたい方も、新しくなった投信総合検索ライブラリーを
ぜひご活用ください!


※本ライブラリー掲載の情報は過去のデータに基づき計算したものであり、将来の
運用成果を保証するものではありません。ご利用にあたっては「投信総合検索ライ
ブラリーのご利用にあたってのご注意」をよくお読みになってご利用ください。


投信総合検索ライブラリーはこちら
https://toushin-lib.fwg.ne.jp/FdsWeb/

投信協会HP【ファンド情報】からもアクセスいただけます。


■□■-----------------------------------------------------------------

3. その他

  ◆ 投資信託概況の発表日

当協会では毎月1回、前月末の純資産等の統計を発表しております。
11月分の発表は12月12日(木)を予定しております。なお、ホームページへの
記事掲載は同日16時00分頃の予定です。



■□■-----------------------------------------------------------------

4.カフェコーナー

◆ 「令和元年12月」

早いもので今年も残すところあと1か月となりました。
やはり今年一番のニュースは平成から令和になったことでしょうか。一年を通して
皇室行事が執り行われ、所々で時代の節目を感じることができました。

「令和」には人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ。という意味が込
められているそうです。日本で開催され、大いに盛り上がったラグビーワールド
カップでも、日本代表の「ワンチーム」の精神に多くのサポーターが惹きつけら
れ、日本国が一体となり、ムーブメントが巻き起こったように思います。来年には
いよいよ東京オリンピックを控え、令和時代の幕開けにふさわしい一年になりました。

一方で、甚大な被害をもたらした台風が忘れられません。
記録的な大雨をもたらした台風19号がここまで強くなったのは、日本周辺の海水
温が例年より1~2度程高かったことが要因だそうです。理科に疎い私は、たった
1度くらいで?とびっくりしてしまいました。自然災害の脅威を思い知らされます。

資産運用の世界では、環境・社会・ガバナンスを重視した投資の考え方である
「ESG投資」が拡大しています。例えば、環境(Environment)の観点では
「利益が出るならば、私たちが呼吸する空気を汚してもいいの?」
台風や洪水などの自然災害がもたらす直接的な経済的被害の他、空気や水の汚染さ
れた土地の資産価値の下落などなど、ESGの観点抜きに、持続可能な社会・経済
の発展はあり得ません。

経済においても、GDPや財務情報等の数字では測れない、今まで見えなかった
「豊かさ」を大切にする価値観への転換が起きているのでしょう。

私個人のレベルでも、令和初のお正月を迎えるにあたって、今年一年を振り返りな
がら、“美しい心をもって文化を育む”令和時代の豊かさと生き方について考えてみ
たいと思います。

(夜行性ももんが)


=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「リートガイド」
「なるほど!投資信託説明書ガイド」「知っておきたい投資の基本」
「まるわかり!!運用報告書」をセットにして、無料でお送りしています。


ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      https://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      https://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、一般社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:一般社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る