バックナンバー

バックナンバー

No.434(2019年11月20日発行)>> 「投信フォーラム2019in長野・松江」パネルディスカッション動画を公開しました!

●=●==============================================================●=●

       投信協会メールマガジン No.434 2019/11/20
           発行:毎月第1・第3水曜日
   
●=●==============================================================●=●

●--● CONTENTS ●--●

1.トピックス
◆「投信フォーラム2019in長野・松江」パネルディスカッション動画を公開しました!
◆「個人投資家のためのJリートフェア2019」開催のお知らせ
◆日本証券業協会「はじめての資産運用講座」のご案内 

2.投資信託の市場動向(令和元年10月中)

3.カフェコーナー
◆ 「姓」


■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス 

◆ 「投信フォーラム2019in長野・松江」パネルディスカッション動画を公開しました!

投信協会では、全国各地で「投信フォーラム」を開催しています。

投信フォーラムの第二部で展開されているパネルディスカッション
「どう使う?知って得するNISAと確定拠出年金」の模様を収録した動画を期間限定で配信中!

著名人をパネリストに迎え、ファイナンシャルプランナー、運用会社の専門家が、
皆さんの疑問にお答えしながら資産形成の方法をやさしく解説します。

現在公開中の動画
・長崎フォーラム  (2019年8月24日開催)
・鹿児島フォーラム(2019年8月31日開催)
・盛岡フォーラム  (2019年9月14日開催)
・長野フォーラム  (2019年9月21日開催)←NEW!!
・松江フォーラム  (2019年10月5日開催)←NEW!!

投信協会のホームページからご覧いただけます。
アドレスはこちら
https://www.toushin.or.jp/seminar/2019/20647/


-------------------------------■□■□■------------------------------

◆「個人投資家のためのJリートフェア2019」開催のお知らせ

Jリートは、2万円前後の少額から運用できる投資の初心者にもおすすめの金融商品です。
近年、株式や国債などと比較して高水準の安定した分配金が期待できることなどから、
低金利時代に有望な資産運用の一つとして注目を集めています。

今回の「Jリートフェア」は、Jリート43社が出展し、各社によるブース展示、説明会を実施。

これから資産運用を考えたいという方にも気軽にご参加いただける「初心者のため
のJリートセミナー」やリート市場への理解を深められる専門家による「特別セミ
ナー」などの企画をご用意しております。

「Jリートフェア」は、Jリートの基本情報に加え、複数のJリートの情報を一度に
入手したり、Jリート各社の経営者や担当者などと直接対話したりすることができ
る絶好の機会です。

皆様お誘い合わせの上、ぜひご来場ください!

【開催概要】
  日時:2019年11月29日(金)8時45分~16時00分
     2019年11月30日(土)8時45分~16時00分
  会場:ベルサール東京日本橋 イベントホール(東京都中央区日本橋2-7-1)
  主催:不動産証券化協会(ARES)、東京証券取引所(東証)
  参加費:無料
 
  内容:Jリート各社による説明会やブース展示
     専門家による特別セミナー
     初心者のためのJリートセミナー・JリートETFセミナー
     参加者にお楽しみ抽選券を配布

 お申込み等詳細はこちらをご覧ください。
 https://j-reit.jp/fair/2019/

-------------------------------■□■□■------------------------------

◆ 日本証券業協会「はじめての資産運用講座」のご案内

日本証券業協会が全国各地で投資未経験者、初心者の方を対象とした
「はじめての資産運用講座」を開催します。

本講座では、資産運用の基礎や金融商品の仕組みに加え、
NISAや確定拠出年金の活用法などについて学ぶことができます。
この機会に、金融や資産運用について日頃の疑問を是非解決してみて下さい!

 現在、以下の日程のセミナーの参加申込を受け付けています。
(締切など随時更新されていますのでご注意ください。)


 11月:高知、水戸、盛岡、奈良、静岡、
 12月:松江、仙台、松山、鳥取、大阪、上本町、津


  申し込み方法等、詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
 http://www.e-104.net/


■□■-----------------------------------------------------------------

2.投資信託の市場動向(令和元年10月中)

■全体の概況

令和元年10月末の契約型公募証券投資信託の純資産は、前月比3兆7,747億円増加
して119兆9,823億円となった。
このうち、株式投信は前月比3兆6,260億円増加(うち、運用等増3兆7,179億円)して
107兆8,848億円、公社債投信は前月比1,486億円増加して12兆975億円であった。
販売態別に残高を見ると、証券会社経由の契約型公募株式投信の残高は、
前月比3兆504億円増加して77兆8,032億円、
銀行等経由の残高は5,341億円増加して29兆1,625億円となった。
契約型私募投資信託の純資産は前月比1兆4,172億円増加して97兆3,353億円となった。


■公募証券投資信託の状況

(1)資産動向
                                                          <単位:億円>
                       設定          解約(償還含む)      純資産(前月比)
株式投信                28,541        27,426          1,078,848 (36,260)
公社債投信              26,499        25,012            120,975 (1,486)
株式投信+公社債投信    55,040        52,438          1,199,823 (37,747)


(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用等増減が
加味されますので、本表では一致しません。


(2)運用状況

10月中の株式運用について、国内株式は3,937億円の売越し、
外国株式は1,073億円の売越しで10月末の組入株式の時価総額は61兆1,077億円
となった。公社債の運用状況については、国内公社債は1,078億円の買越し、
外国公社債は765億円の売越しで10月末の組入公社債の時価総額は13兆7,259億円
となっている。


(3)主体別残高状況(公募証券投資信託)
                                                          <単位:億円>
                      証券会社      銀行等    投信会社        合計
株式投信               778,032     291,625       9,189   1,078,846
公社債投信             120,546         426           3     120,975
株式投信+公社債投信   898,579     292,051       9,192   1,199,821
(シェア:%)              (74.9)      (24.3)       (0.8)     (100.0)


■募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容を一覧表にしています。
<株投単位型> 11月中に設定されるファンド・・・ 2本
<株投追加型> 設定日が11月中のファンド・・・・38本

詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/


■私募投資信託の資産動向
                                                          <単位:億円>
                        設定          解約(償還含む)      純資産(前月比)
合計(株投+社投)         25,190        13,673            973,353 (14,172)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用等増減が加味
されますので、本表では一致しません。


■不動産投信(J-REIT)の資産動向
                                                          <単位:億円>
                  元年 9月(前月比)         元年 8月           前年 9月
純資産計        100,690 (707)               99,984              95,087
追加出資額          903                        116               1,045


■マーケット指標(参考)

                   元年10月末(前月比)      元年 9月末         前年10月末
日経平均株価(円)   22,927.04 (1,171.20)      21,755.84         21,920.46
TOPIX(ポイント)     1,667.01 (79.21)          1,587.80          1,646.12
為替(1米$:円)       108.88 (0.96)             107.92            113.26
東証REIT指数       2,245.01 (67.83)          2,177.18          1,745.97
(ポイント)
                           (356回債)          (356回債)      (352回債)
国債利回り(%)        -0.133 (0.080)            -0.213             0.127



直近の統計データは投資信託協会ホームページでご覧いただけます。
アドレスはこちら
https://www.toushin.or.jp/statistics/statistics/data/


■□■-----------------------------------------------------------------

3.カフェコーナー

◆ 「姓」

結婚なんぞ他人事だと思っていましたが、いつの間にか自分が当事者になりました。
嬉しい気持ちはありつつ、色々考えることがあるものですね。

今考えているのは結婚後の姓です。
日本では男性側の姓を女性が名乗ることが圧倒的に多いですが、手続き的には婚姻
届にどちらの姓を名乗るか記載するだけなので、当然ですが男性・女性どちらの姓
も選択できます。

気になったので調べてみたところ、国内で婚姻届提出の際に妻の姓を選択した夫婦
の割合は、平成28年度の報告によると僅か4%だそうです。これでも少しずつ増
えているそうです。我々はまだどちらを選ぶか決めていませんが、先日じゃんけん
で決めようかという案がでました。

また、国際結婚の場合では、複合姓といって夫婦の姓を合わせて新たな姓を名乗る
ことも可能だということです。
つくづく自分が一般的なケースしか知らなかったことを思い知らされました。
個人的にはどちらかが新しい姓を名乗るくらいなら、思い切って二人揃って全く違
う姓に変えることが可能な未来が数百年後くらいに来たらいいなと思っています。

姓の話に限らず、どんなに当たり前だと思われていることでも、違和感があった時
には共に調べて、考えて、実行できる家族になりたいものですね。

ということで冬の賞与で指輪を買います。

(プランシェ)

=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「リートガイド」
「なるほど!投資信託説明書ガイド」「知っておきたい投資の基本」
「まるわかり!!運用報告書」をセットにして、無料でお送りしています。


ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      https://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      https://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、一般社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:一般社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る