バックナンバー

バックナンバー

No.348(2016年4月20日発行)>>金融広報中央委員会「暮らしのお役立ちツール 資金プランシミュレーション」のご紹介

●=●==============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン     No.348        2016/4/20
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                      
●=●==============================================================●=●



熊本地震により、被害を受けられた皆さまに、謹んでお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧を心よりお祈りいたします。



●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
   ◆ 金融広報中央委員会「暮らしのお役立ちツール 資金プランシミュレー
      ション」のご紹介
   ◆「数字で見る投資信託」の公表について
  ◆「投資信託基礎講座」開催のお知らせ
  ◆「不動産投信NEWS」4月号の公表 
  ◆ 投資信託の市場動向(3月中)

2.募集中ファンド

3.カフェコーナー
   ◆ レジスター



■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス

   ◆ 金融広報中央委員会「暮らしのお役立ちツール 資金プランシミュレー
      ション」のご紹介

金融広報中央委員会が運営するサイト「知るぽると」はくらしに役立つお金の
情報を提供しているサイトです。

その中で、今回ご紹介するのは「暮らしのお役立ちツール 資金プランシミュ
レーション」というコンテンツ。

例えば、「○○円貯めるには、毎月いくら積立てればいいのか?」といったこと
や「毎年○○万円を△年間取り崩すための必要貯蓄額は?」など預貯金の積立
予測、他にも住宅ローンの返済計画など、11種類のシミュレーションを手軽に
試すことができます。

いつどれくらいの金額が必要になるかの目安にもなりますので、資産形成や
ライフプランを考える際、参考になりそうです。

  詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。(知るぽるとへのリンク)
 http://www.shiruporuto.jp/tool/sikin/



-------------------------------■□■□■------------------------------

   ◆「数字で見る投資信託」の公表について

当協会では、ホームページ上で公表の統計資料に「数字で見る投資信託」を公表
しております。(最新版は平成28年3月末のデータです。)

内容は、投信の残高(公募・私募)、銀行等の投信シェア(残高ベース)などに
加え、過去最高時の純資産残高や投信が保有する外貨建て資産の通貨別ランキング
など、投資信託の統計についてお問い合わせの多い数字をピックアップしてまとめ
たものとなっています。

  詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
 http://www.toushin.or.jp/statistics/statistics/information/



-------------------------------■□■□■------------------------------

   ◆「投資信託基礎講座」開催のお知らせ

当協会とNPO法人エイプロシス(投資と学習を普及・推進する会)は、投資未経験者
向けに「投資信託基礎講座」を開催しており、6月の開催予定は以下のとおりです。
特に土曜日開催はご好評をいただいており、募集開始後すぐに定員に達してし
まうことも多いため、受講をご希望の場合はお早めにお申込み下さい。


 * 開催日:平成28年6月11日(土)午前開催
    会  場:東京証券会館 9階 第1・2会議室
      (東京都中央区日本橋茅場町1-5-8) 
 
  申込方法など詳細は、下記NPO法人エイプロシスHPをご覧下さい。
  https://www.aprosis.com/ceminar/input.php?c=16-00-01-14



-------------------------------■□■□■------------------------------
 
   ◆ 「不動産投信NEWS」4月号の公表

不動産投信に係る主な動きなどをとりまとめた「不動産投信NEWS」4月号を
公表しました。

  詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
  http://www.toushin.or.jp/reit/newsetc/fudousannews/



-------------------------------■□■□■------------------------------
  
  ◆ 投資信託の市場動向(3月中)


■全体の概況

28年3月末の契約型公募証券投資信託の純資産は、前月比3兆5,689億円増加して
92兆4,285億円となった。このうち、株式投信は前月比4兆430億円増加(うち、
運用等増3兆3,306億円)して78兆5,710億円、MMFを含む公社債投信は前月比4,742
億円減少して13兆8,575億円であった。
販売態別に残高を見ると、証券会社経由の契約型公募株式投信の残高は、前月比
2兆8,315億円増加して49兆2,408億円、銀行等経由の残高は1兆1,791億円増加して
28兆7,309億円となった。
契約型私募投資信託の純資産は前月比2兆8,456億円増加して63兆6,078億円と
なった。


■公募証券投資信託の状況

(1)資産動向
                                                         <単位:億円>
                       設定          解約(償還含む)      純資産(前月比)
株式投信            26,097         18,972             785,710(40,430)
公社債投信          28,802         33,543             138,575(-4,742)
内、MMF                  57          1,210              12,763(-1,153)
株式投信+公社債投信  54,899         52,515             924,285(35,689)
(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用等増減が加味
されますので、本表では一致しません。
(注3)公社債投信にはMMFを含みます。

(2)運用状況
3月中の株式運用について、国内株式は106億円の売越し、外国株式は653億円の
買越しで3月末の組入株式の時価総額は27兆5,900億円となった。
公社債の運用状況については、国内公社債は1兆9,058億円の売越し、外国公社
債は124億円の売越しで3月末の組入公社債の時価総額は16兆7,989億円となって
いる。

(3)主体別残高状況(公募証券投資信託)
                                                        <単位:億円>
                     証券会社      銀行等      投信会社         合計
株式投信             492,408     287,309       5,994        785,712
公社債投信           135,010       3,537          28        138,575
内、MMF               10,010       2,732          20         12,763
株式投信+公社債投信 627,419     290,847       6,022        924,287
(シェア:%)            (67.9)      (31.5)       (0.7)        (100.0)
(注1)公社債投信にはMMFを含みます。  


■私募投資信託の資産動向
                                                        <単位:億円>
                      設定       解約(償還含む)      純資産計(前月比)
合計(株投+社投)      29,339       12,198                636,078(28,456)
(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用等増減が加味
されますので、本表では一致しません。


■不動産投信(J-REIT)の資産動向
                                                          <単位:億円>
                 28年 2月(前月比)         28年  1月            前年 2月
純資産計           75,182 (1,571)            73,611             67,541
追加出資額          1,601                       156              1,418
 
  
■マーケット指標(参考)
                     28年  3月末(前月比)    28年 2月末      前年  3月末
日経平均株価(円)      16,758.67 (731.91)     16,026.76        19,206.99
TOPIX(ポイント)        1,347.20 (49.35)       1,297.85         1,543.11
為替(1米$:円)          112.68 (-0.94)         113.62           120.17
東証REIT指数          1,896.40 (23.11)       1,873.29         1,864.66
(ポイント)
                           (342回債)          (342回債)      (338回債)
国債利回り(%)          -0.050 (0.015)           -0.065          0.400



■□■-----------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型> 4月中に設定されるファンド・・・2本
<株投追加型> 設定日が4月中のファンド・・・・42本

  詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
  http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/



■□■-----------------------------------------------------------------

3.カフェコーナー

 ◆ レジスター

2歳になる娘が、幼児向け雑誌の付録についていたレジスターで遊んでいました。
雑誌の付録なので作りは簡素ですが、雑誌自体の値段が500円程だということを
考えると立派なものです。

プラスチックでできた一辺15センチほどの四角い箱型で、レジのボタンに、紙
でできた野菜やお菓子、果物、肉、さかなをかざすと、「百円です」、「四百円
です」、「二百八十円です」など金額を声で返してくれるというもの。

しかしそこは「付録」、バーコードを読み取って金額を認識するのではなく
あらかじめ返答する金額の音声は固定されているので、レジスターにかざした
商品と金額がつりあわない場合も出て来ます。

それを面白がった上の娘が、食パンをかざして「500円です」との声に、「えっ、
高くない?うちが買ってるのいくら?」と聞くので「6枚切りで160円位よ。
それ、有名店のやつでしょ?」と私、肉をかざして「50円です」、「安いっ、
肉ってこんなに安かった?」と聞くので「産地にもよるけど・・・そんなに
安い肉は聞いたことがないなあ。グラム50円かな?」などやりとりしていると、
一通り全部の商品をチェックし終えたその時、付録の一部である紙でできた
500円玉を娘がかざし・・・「480円です!」。

それまでふざけてるのか何だかわからないような回答をしていた私でしたが、
「何よ!500円が480円ってどういうことよ?」との娘からの詰問には、「イン
フレが起こったんじゃない?」と軽々しく答えることができませんでした(苦笑)。


                                                   (S.I)


=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「REITガイド」
「なるほど!投資信託説明書ガイド」をセットにして、無料で
お送りしています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、一般社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:一般社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る