入門者もプロも使えるETFの魅力をもっと伝えたい

晋陽FPオフィス代表 投資アドバイザー
カン・チュンド氏

カン・チュンド氏。1968年生まれ。晋陽FPオフィス代表。CFP/1級ファイナンシャルプランニング技能士。日本で唯一のインデックス投資アドバイザー。2003年より「マネーの缶詰めスクール」代表講師を務め、一貫してETF、インデックスファンドを用いた投資を行うことを説く。自社セミナー開催回数は140回を越え、開業以来多くの顧客から資産運用、ポートフォリオ構築に関する相談を受けている。

カン・チュンド氏


ETFに投資をする際、留意することはありますか?

市場価格が今いくらなのかはもちろん、最低売買単位、直近の出来高、純資産残高などをチェックすることが必要です。

FP カン・チュンド氏

ETFは指数や特定の資産価格への連動を目指すものなので、元本が保証されているものではなく、価格変動のリスクがあることを認識しておかなければなりません。日経225やTOPIXに連動するものは投資対象が分散されているため、個別の株式と比較すると一般的には価格変動リスクは抑えられていると言えますが、株価指数は変動するものですし、選ぶETF商品(銘柄)によっては価格が大きく変動するものもあります。

直近の出来高や純資産残高は、それぞれの銘柄の流動性を把握するためにチェックします。出来高が少ない、すなわち流動性の低い銘柄は、買い注文や売り注文を出しても、その注文に応じる投資家が少ないため、価格がどこで決まるかがわからず、成行で注文を出すと想像もしなかった高値で買うことになったり安値で売ることになったりする可能性がありますから、注意が必要ですね。

ごくまれに、運用会社の判断で上場廃止申請が提出されたり、取引所が定める上場廃止基準に該当したりすることもあり、その場合は上場廃止となる可能性もあります。ただ、上場廃止が決まってもすぐに上場廃止になるわけではなく、一定期間取引ができ、上場廃止後も運用会社の指定する証券会社を通じて換金可能です。

ETFの情報を得るにはどうすればいいでしょうか?

東京証券取引所や大阪証券取引所、ファンドの評価機関、株価情報を提供しているウェブサイトなどで詳しい情報が提供されています。日本経済新聞など日刊紙の株式欄にも出来高や市場価格が掲載されています。流動性リスクを回避するためにも、保有期間中は出来高などをチェックするとよいでしょう。

日本でETFがさらに普及していくためには、どんな課題があるのでしょうか?

私自身、ETFの魅力をまだ十分に伝えきれていない気がします。

「ETFは知っていますよ。TOPIXや日経225に連動するものですよね」とイメージできる人はいても、例えば世界の国債指数に連動するETFが取引所に上場されているということまではあまり知られていません。「毎月分配金が出るものもありますよ」と言うとびっくりされることさえあります。

ETFが世界中で買われているベストセラー商品だということを認識してもらうこと、そして個人が使いやすい商品であることをもっと訴えていく必要があると考えています。

今後、日本でETFはどうなっていくでしょうか?

日本でもETFは、今後さらに普及していくだろうと予測しています。

私は「株式市場」という言葉がやがて死語になるのではないかと考えています。これまでは不動産投資に興味がある人は不動産会社に行ってワンルームマンションを買い、金に興味があれば貴金属店で金を買っていました。

ところがETFの登場により、これまで株式市場と呼ばれてきたマーケットに存在する商品は株だけではなくなりました。ETFを通じて債券、不動産、コモディティと株式市場のラインアップは飛躍的に広がっています。そう遠くない将来、株式市場は金融総合マーケットに変貌していくでしょう。そのきっかけの一つがETFだと考えています。


※2012年2月14日時点の内容となります。

※このインタビュー内容は、個人の発言に基づき構成されており、投資信託協会がその内容を必ずしも保証するものではありません。