山崎俊輔氏インタビュー

山崎俊輔氏。1995年、中央大学法学部卒業。同年、株式会社企業年金研究所入社。2000年、株式会社FP総研入社。2001年、情報サイト『All About』にて、マネーチャネル「30代からの将来設計と401k」連載開始。2002年、商工会議所年金教育センター主任研究員(嘱託)として、企業年金・退職金制度の見直しに関する執筆、講演等の啓発活動に取り組む。2006年より 企業年金連合会会員センター調査役確定拠出年金担当(嘱託)。ファイナンシャル・プランナー、1級DCプランナー、消費生活アドバイザー。近著に「お金の知恵は45歳までに身につけなさい」

そういう意味では、公平な制度であるともいえますね。

公平というより、リスクの取り方の違いだと思います。確定給付型の企業年金は、OBも含めた会社全体でリスクをシェアする仕組み。確定拠出はリスクをシェアしないで個人で負う仕組みです。リスクの総量はどちらも変わらないのですが、リスクの分担の仕方が違うというわけです。

どちらがいい、悪いという話ではありませんが、会社に任せきりで何でも責任をとってもらうことが難しい時代になってきているのは確かだと思います。例えば大卒で23歳のときに入社し、60歳で退職するまで38年間働き、その後20年間、企業年金を受け取るとすると、トータル58年間になります。58年もの長期にわたって、民間企業が年金を管理できるのかというと、「分からない」「難しい」としか答えようがありません。

確定拠出年金には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

山崎俊輔氏

主なメリットは次の5点です。

(1)受給権が手厚く保護されている。
(2)受給額が可視化される。
(3)自己責任で運用できる。
(4)老後の資産形成が確実に行われる。
(5)税制上の特典がある。

それぞれを順に説明していきましょう。

まず(1)の受給権の保護ですが、従来の確定給付型の企業年金では、企業が経営危機に瀕した際などに労使合意を前提に支給額が大幅にカットされることがあります。5割カットに達することも珍しくありません。退職金のカットなどもよく行われています。しかし確定拠出年金では、入社して3年以上であればどのような理由があったとしてもカットできません。たとえ企業が破綻したとしても、それまでに積み立てたお金は100%保全される。自己責任で運用しなければならない見返りとして、すでに積み立てたお金の受給権は手厚く保護されているのです。

(2)の受給額の可視化は、今の時代にマッチしたメリットです。確定拠出年金では、自分が運用している資産の時価を、1円単位でほぼリアルタイムで把握できます(前日付の時価がHPで確認できる)。もちろん確定給付でも一応目安となる金額を計算することはできます。しかし実際に退職してみないと、本当にもらえる金額は明確になりませんし、前述のように破綻したらどうなるかも分かりません。

(3)は、自分自身で運用できるという点です。運用に成功すれば、その果実はすべて受け取ることができます。運用についてのアドバイスは、次回、詳しくご説明します。

(4)はファイナンシャル・プランナーとしての目線で申し上げたい重要なメリットです。確定拠出年金では、いったん積み立てたお金は60歳まで引き出せません。中途退職した際に現金を受け取れないとして、デメリットといわれることが多いのですが、その半面、老後の資産形成を確実に継続できるという、非常に有用な役割を担っていると思います。老後のための資産形成の必要性は高まっており、「解約できない」ことにも意義があるわけです。

また、確定拠出年金には「ポータビリティ」という仕組みがあり、転職時や退職時も、転職先企業の確定拠出年金や個人型確定拠出年金に移換させて積み立てを継続できるようになっています。

最後に(5)ですが、通常は預貯金の利子や株式等の運用益には、税金がかかります。原則20%(証券優遇税制の期間中は投資信託等の売却益は10%)という大きな税金です。しかし確定拠出年金の資産は、運用期間中の運用益には課税されません。通常なら課税される分を、再投資でき、効率的に運用できるメリットは非常に大きいものがあります。

確定拠出年金の受給方法についても簡単にご説明ください。

まず受給開始は、60~70歳までの好きな時期を選べます。再雇用で収入がある人は再雇用期間が終わってから受け取ることもできますし、70歳まで運用して非課税メリットを最大限活かすこともできます。逆に60歳から取り崩すこともできるわけです。

受け取り方は各企業の定めによりますが、ほとんどの企業は、退職時に一括で受け取る「一時金受取」と、年金のように定期的に受け取る「年金払い」を用意しています。そして多くの企業では、例えば受給総額の25%を一時払い、75%を年金払いといった具合に、一時払い・年金払いのウエートを選択できる規定を設けています。

年金払いについては、5~20年の間で好きな年数を自分で設定して受け取ります。毎月受給することもできますし、2カ月ごと、半年ごとに受け取ることも可能です。

このように自由度が極めて高く、退職時の状況に応じてフレキシブルに受給方法を選択できる点も、確定拠出年金のメリットだと言えるでしょう。

ありがとうございました。次回は、確定拠出年金の運用のポイントなどを伺います。

 


※このインタビュー内容は、個人の発言に基づき構成されており、投資信託協会がその内容を必ずしも保証するものではありません。

こちらもチェック!