バックナンバー

バックナンバー

No.96 (2005年10月19日発行) >>投資信託の監督官庁はどこ



●=●=============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン    No.96         2005/10/19
                                 発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                       
●=●=============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●


1.トピックス
  ◆「投信フォーラム2005」福岡講演会の開催
  ◆「不動産投信 NEWS」10月号の公表
  ◆投資信託の市場動向(9月中)


2.募集中ファンド


3.投資信託に関するQ&A集-64-
  ◆投資信託の監督官庁はどこ


4.カフェコーナー
  ◆スーツ購入


■□■□■------------------------------------------------------------

1.トピックス

  ◆「投信フォーラム2005」福岡講演会の開催(入場無料)

有力な資産運用のひとつとして期待される投資信託をご理解いただくために、
広く一般の方を対象に講演会を開催いたします。
講演は、著名な経済評論家や生活経済ジャーナリストによる、わかりやすく実
践的な内容となっております。
この機会にぜひご参加ください。

◆福岡講演会◆ 
開催日:11月19日(土)
場 所:都久志会館
時 間:開場/13:00  開演/13:30
講 師:第1部 森永卓郎氏「今後の日本経済・投資と暮らしはどう変わる?」
    第2部 和泉昭子氏「ライフプランと投資信託」

※参加申し込み時に投資信託に関する質問をお受けします。主なものについて、
  当日和泉氏がお答えします。(ただし、投資のご相談は行いません。)
※講演者、講演内容については、都合により変更になる場合もございますので、
  ご了承ください。

参加には、事前申し込みが必要です。
郵便番号、住所、氏名、電話番号、参加人数、投資信託に関する質問を明記の
上、下記のいずれかの方法でお申し込みください。後日招待券を発送いたしま
す。
なお、定員になり次第締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みく
ださい。

「投信フォーラム2005」事務局宛
ハガキの場合:〒104‐8176 東京都中央区銀座7‐13‐20 (株)日本経済社内
 FAX:03-3541-7533
 Email:toushin@nks.jp
お問い合わせ TEL03-5565-5381(投信フォーラム2005事務局)

詳しくは、下記URLをご覧ください。
http://www.toushin.or.jp/info/news051019.html/

〔個人情報の取扱いについて〕
いただいた個人情報は、本フォーラムの招待券の送付、確認事項等が発生した
場合の連絡、開催日当日の参加確認のみに使用し、第三者に対してご本人の許
可なく提供いたしません。


  ◆「不動産投信 NEWS」10月号の公表

本協会では、不動産投信のより一層の普及のため、不動産投信に係る主な動き
等をとりまとめた「不動産投信 NEWS」10月号を公表しました。なお、
公表内容等は9月中の動向です。

詳しくは下記アドレスをご覧ください。
http://www.toushin.or.jp/info/fudousan_news.html


  ◆投資信託の市場動向(9月中)

投資信託の市場動向(9月中)

全体の概況
17年9月末の契約型証券公募投資信託の純資産残高は前月比2兆2,690億円増加 
して48兆7,996億円となった。そのうち、株式投信の純資産残高は前月比1兆6,
665億円増加(うち、運用増1兆2,902億円)して34兆8,384億円。MMFを除く公社 
債投信の純資産残高は前月比6,436億円増加して10兆6,268億円となった。
販売態別に残高を見ると、証券会社経由の契約型公募株式投信残高は前月比9,
122億円増加して17兆1,807億円(シェア49.3%)となった。銀行等経由の販売  
(いわゆる銀行窓販)も増えており、契約型公募株式投信の残高は7,321億円増 
加して17兆3,417億円(シェア49.8%)となった。
契約型私募投信の純資産残高は前月比1兆3,369億円増加して22兆927億円とな 
った。


Ⅰ.契約型公募証券投資信託の状況

(1)資産動向
                            <単位:億円>
           設定    解約(償還含む)   純資産計(前月比)
1.株式投信     17,870     14,107      348,384(+16,665)
2.公社債投信    51,758     45,347      108,268 (+6,436)
3.MMF        1,182      1,594      31,344  (▲412)
合計[1+2+3]   70,812     61,049      487,996(+22,690)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用増減が加
味されますので、本表では一致しません。


(2)運用状況
株式投信にかかる9月中の株式運用は国内株式について対市場で1,551億円売越
し、外国株式は1,169億円の買越しであった。
証券公募投資信託全体における組入れ株式は前月比7,212億円増加して13兆5,
408億円、同組入れ公社債は前月比1兆365億円増加して24兆4,587億円であった。

                             <単位:%>
           株式       公社債    余資その他有価証券
1.株式投信     38.9       45.2        4.9
2.公社債投信     ―       69.9        32.0
3.MMF         ―       36.5        64.2
合計[1+2+3]   27.7       50.1        14.7


●株式の売買状況(国内外合算) 382億円の売り越し。


(3)主体別残高状況(契約型公募証券投資信託)
                            <単位:億円>
          証券会社    銀行等    投信会社    合計
1.株式投信     171,807    173,417     3,158    348,384
2.公社債投信    105,047     3,157      63    108,268
3.MMF        24,882     6,827      47    31,756
合計[1+2+3]   301,527    183,200     3,268    487,996
    (前月比)  (+15,438)   (+7,031)    (+221)   (+22,691)
 (保有割合:%)   (61.8)    (37.5)     (0.7)    (100.0)


Ⅱ.契約型私募投資信託の資産動向
                            <単位:億円>
           設定   解約(償還含む)    純資産計(前月比)
合計(株投+社投)  12,311     7,831      220,927(+13,369)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用増減が加
味されますので、本表では一致しません。



Ⅲ.不動産投信(J-REIT)の資産動向

         17年8月(前月比)     17年7月     前年8月
純資産計    17,822億円(+811億円)   17,011億円    11,016億円
追加出資額     750億円        1,234億円     848億円



Ⅳ.マーケット指標(参考)
            17年9月末(前月比)  17年8月末    前年9月末
日経平均株価(円) 13,574.30(+1,160.70)  12,413.60   10,823.57
TOPIX(ポイント)  1,412.28 (+140.99)   1,271.29    1,102.11
為替(1米$:円)   113.44  (+2.82)    110.62     110.08
東証REIT指数     1,603.97  (+28.06)   1,575.91    1,465.84
(ポイント)
              (273回債)    (272回債)   (263回債)
国債利回り(%)     1.500(+0.100)    1.400     1.600



■□■□■------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドについて、手数料、購入窓口等の内容が一覧表になっていま
す。
<株投単位型>10月19日現在、募集中のファンド ・・・       8本
<株投追加型>設定日が10月中のファンド    ・・・      16本
<社投単位型>10月19日現在、募集中のファンド ・・・       2本
<金銭信託受益権投信>設定日が10月中のファンド・・・       1本


詳しくは下記アドレスをご覧ください。
http://www.toushin.or.jp/fund/new/2005/fund05102.pdf



■□■□■------------------------------------------------------------

3.投資信託に関するQ&A集-64-

今回は、「投資信託の監督官庁はどこ」についてご回答いたします。


★投資信託の運営の担い手
投資信託は、複数の投資家から資金を集め、1つのファンドとして合同して運 
用を行い、運用成果を投資家に分配するという金融商品です。

その運営は、運用は投信会社、販売は証券会社、銀行・郵便局等の登録金融機
関及び証券仲介業者、そして保管・管理は信託銀行というように、各分野の専
門家が分担する形で行われます。

このように、各専門家がそれぞれの役割を分担することで、厳正で効率的な運
営が図られているというのが投資信託の特徴の1つです。


★投資信託を運営する業務は誰でもできるの
上記の投資信託の運営に係る業務は、法律に基づき認可または登録を受けてい
なければ行えません。

投信会社は、「投資信託及び投資法人に関する法律」に基づき「投資信託委託
業者」として認可を受けています。また、販売会社は「証券取引法」に基づき
登録を、信託銀行は「金融機関の信託業務の兼営等に関する法律」に基づき認
可を受けています。

金融庁は、上記の法律に従って、投信会社、販売会社及び信託銀行の監督を行
っています。


★認可・登録を受けている会社は確認できるの
金融庁のホームページには、同庁が認可または登録した会社が掲載されていま
す。
金融庁ホームページアドレス:http://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyo.html

なお、投資信託は、「ファンド」と称されていますが、投資信託以外の金融商
品についても「ファンド」と称している場合があります。こうした金融商品は、
投資信託と同様に合同運用を行うということもあり、投資家が投資信託と誤認
してしまうケースもあるようです。

ご購入を検討されている金融商品が投資信託であるかご不明の場合には、その
商品の運用会社が上記の法律に基づき認可を受けた投信会社であるかご確認く
ださい。


次回は、「ラップアカウントって何」についてご回答いたします。



■□■□■------------------------------------------------------------

4.カフェコーナー

  ◆スーツ購入

先日、久しぶりにスーツを購入しました。行きつけの店から優待券が送られて
きたので「格安の値段で購入できるな。」というのが購入する気になった理由
です。

お店に入り、まっすぐスーツ売り場に直行。最近は、カジュアルの服しか購入
してなかったので、いつもと違う売り場に行くのはちょっと恥ずかしい感じが
しました。

「これなどいかがですか。」

店員さんは、お薦め商品を次から次へと紹介してくれます。「良いかもしれな
い。」と思う商品も中にはあるのですが、なかなか購入に踏み切れません(久
しぶりのスーツ購入なので、肩に力が入っているのかな?)。

生地を確認するふりをして、さりげなく値段もチェック。色々迷いながらも  
「これだ。」と購入を決めたスーツは、候補に絞ったいくつかの商品の中で最
も割引されていたものでした(決して値段だけにつられたわけではありませ  
ん)。

やっと購入する商品も決まり、裾上げの仕方も確認して、いざ、レジへゴー!

「メンバーズカードはありますか?」

「もちろんです。優待券もあります。」

ここで、店員さん、若干ためらい気味ながら、

「申し訳ありません。この商品はこれ以上割引できない商品なんです。」

なぬ!!!

優待券を確認すると、小さく""なお、一部優待の対象外の商品があります。""の
表示。

「割引対象外の商品ならそれと分かるようにするのが普通じゃないの!!!」
お気に入りの店だけにそんなことも言えず、裾上げのための針の刺さったスー
ツをつき返して「それじゃあ止めます。」とはもっと言えず(よわー)・・・、

気に入った商品でしたが、ちょっぴりほろ苦い買い物になってしまいました  
(こんな経験は、私だけですか?)。

思っていたより高い買い物となってしまいましたが、「大切に、大切に着よう。
ぜったい汚さないぞ。」と堅く心に誓いました。

                                 (K.T)



=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」と「不動産投資法人ガイド」を作成
  しています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

   ホームページアドレス
   http://www.toushin.or.jp/info/publish.html

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。
  (入会)
      http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub.html
  (退会)
      http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub2.html
      
■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想は、
    jita-public@toushin.or.jp  までお願いいたします。
      
=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、社団法人  投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可 
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己 
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行 : 社団法人  投資信託協会   総務部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===



バックナンバー一覧へ戻る