バックナンバー

バックナンバー

No.94 (2005年9月21日発行) >>投資信託を購入する時に確認すべき事項について教えて



●=●=============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン    No.94         2005/9/21
                                 発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                       
●=●=============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●


1.トピックス
  ◆証券知識普及プロジェクトによるイベントの開催
  ◆「不動産投信 NEWS」9月号の公表
  ◆投資信託の市場動向(8月中)


2.募集中ファンド


3.投資信託に関するQ&A集-62-
  ◆投資信託を購入する時に確認すべき事項について教えて


4.その他
  ◆投資信託に関する書籍の紹介


5.カフェコーナー
  ◆ダッチオープン再び



■□■□■------------------------------------------------------------

1.トピックス

  ◆証券知識普及プロジェクトによるイベントの開催(入場無料)

<主催>証券知識普及プロジェクト
(日本証券業協会、東京証券取引所、ジャスダック証券取引所、
各地証券取引所、投資信託協会などで構成)

証券知識普及プロジェクトでは、10月4日(トーシ)を「証券投資の日」とし 
て、10月3日~14日の間に、全国10地区24会場において記念イベントを開催い 
たします。記念イベントの内容は、若者から定年を迎えた方、あるいは定年を
迎えようとする方まで幅広い層を対象とした各界の著名人・有識者による講演
会やトークショーなど興味深いものとなっております。

開催地区と開催日、会場は以下のとおり。
東京地区  10月4日(火) よみうりホール
      10月5日(水) 証券広報センター証券情報室
      10月6日(木) 東京国際フォーラム ホールB7-1
                〃      ホールB7-2
                〃      ホールB5
大阪地区  10月 4日(火) 朝日生命ホール
〃     10月 7日(金) 御堂会館 大ホール
〃     10月 8日(土) 朝日生命ホール
〃     10月11日(火) 京田辺市商工会館 4階キララホール
 〃    10月12日(水) 三田市民会館 大会議室
 〃    10月13日(木) 兵庫県民会館 11階パルテホール
〃     10月14日(金) 奈良県文化会館 集会室AB
〃     10月14日(金) 新阪急スカイルーム 1・2号室
             (新阪急ビル12階)
名古屋地区 10月 3日(月) テレピアホール
〃     10月 7日(金) メルサホール(岐阜メルサファッション館8階)
〃     10月12日(水) グランシップ
             (静岡県コンベンションアーツセンター)
北海道地区 10月 3日(月) 札幌グランドホテル
東北地区  10月 3日(月) 電力ホール
新潟地区  10月 4日(火) ホテルオークラ新潟 
北陸地区  10月 4日(火) 石川県文教会館
中国地区  10月 4日(火) 中国新聞ホール
四国地区  10月 3日(月) 阿波観光ホテル 5階クリスタルパレス
      10月 4日(火) 高松商工会議所 大ホール
九州地区  10月 4日(火) 西鉄グランドホテル 

★参加方法
原則として事前申込制となっております。ハガキによるお申込みのほか、イン
ターネット上からもお申込みが可能となっております。

イベント内容や参加方法など詳しくは、下記URL(「e-104.net」イー
トーシネット)をご覧ください。
イートーシネットのURL http://www.e-104.net



  ◆「不動産投信 NEWS」9月号の公表

本協会では、不動産投信のより一層の普及のため、不動産投信に係る主な動き
等をとりまとめた「不動産投信 NEWS」9月号を公表しました。
なお、公表内容等は8月中の動向です。

詳しくは下記アドレスをご覧ください。
http://www.toushin.or.jp/info/fudousan_news.html



  ◆投資信託の市場動向(8月中)

全体の概況
17年8月末の契約型公募投資信託の純資産残高は前月比1兆389億円増加して46
兆5,306億円となった。そのうち、株式投信の純資産残高は前月比5,125億円増
加(うち、運用増3,464億円)して33兆1,718億円。公社債投信の純資産残高は前
月比5,711億円増加して10兆1,831億円となった。
販売態別に残高を見ると、証券会社経由の契約型公募株式投信残高は前月比  
466億円増加して16兆2,685億円(シェア49.0%)となった。銀行等経由の販売  
(いわゆる銀行窓販)も増えており、契約型公募株式投信の残高は4,553億円増 
加して16兆6,096億円(シェア50.1%)となった。
契約型私募投信の純資産残高は前月比7,032億円増加して20兆7,558億円となっ
た。


Ⅰ.契約型公募投資信託の状況

(1)資産動向
                            <単位:億円>
            設定    解約(償還含む)   純資産計(前月比)
1.株式投信     18,217     16,555     331,718(+5,125)
2.公社債投信    49,938     44,206     101,831(+5,711)
3.MMF         940      1,388      31,756( ▲448)
合計[1+2+3]   69,095     62,149     465,305(+10,388)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用増減が加
味されますので、本表では一致しません。


(2)運用状況
株式投信にかかる8月中の株式運用は国内株式について対市場で2,722億円売越
し、外国株式は1,864億円の買越しであった。
株式時価総額は前月末に比べ1,597億円減少、月末には12兆8,196億円(うち、 
外国株式2兆5,848億円)となり、純資産総額に対する比率が38.6%(前月末39. 
7%)となった。

                             <単位:%>
            株式       公社債       余資等※
1.株式投信      38.6        46.3         4.5
2.公社債投信     ―        67.8         14.3
3.MMF         ―        37.0         22.5
合計[1+2+3]    27.5        50.3         15.0

※余資等とは預金、金銭信託、コール・ローン、割引手形、CD、CP等が含
  まれます。

●株式の売買状況(国内外合算) 857億円の売り越し。


(3)主体別残高状況
                            <単位:億円>
          証券会社    銀行等    投信会社     合計
1.株式投信     162,685    166,096    2,937    331,718
2.公社債投信    98,521     3,246      63    101,831
3.MMF        24,882     6,827      47    31,756
合計[1+2+3]   286,089    176,169    3,047    465,305
(前月比)      (+6,054)    (+4,229)    (+107)   (+10,389)
(保有割合:%)    (61.5)     (37.9)    (0.6)    (100.0)



Ⅱ.契約型私募投資信託の資産動向
                             <単位:億円>
            設定    解約(償還含む)    純資産計(前月比)
合計(株投+社投)  11,610      7,307      207,558(+7,032)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用増減が加
味されますので、本表では一致しません。



Ⅲ.不動産投信(J-REIT)の資産動向

           17年7月(前月比)     17年6月      前年7月
純資産計     17,011億円(+1,264億円)  15,747億円    10,119億円
売買高計※    289,510口         241,671口     112,037口
売買代金計※   2,059億円         1,737億円      757億円
(※は東証調べ)



Ⅳ.マーケット指標(参考)
           17年8月末(前月比)   17年7月末    前年8月末
日経平均株価(円)  12,413.60(+514.00)   11,899.60    11,081.79
TOPIX(ポイント)   1,271.29 (+66.31)    1,204.98     1,129.55
為替(1米$:円)   110.62 (-1.96)     112.58      109.10
東証REIT指数     1,575.91 (-55.45)    1,631.36     1,398.29
(ポイント)
            (272回債)      (271回債)    (262回債)
国債利回り(%)   1.400(+0.095)      1.305      1.900




■□■□■------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドについて、手数料、購入窓口等の内容が一覧表になっていま
す。

<株投単位型>9月21日現在、募集中のファンド ・・・        15本
<株投追加型>設定日が9月中のファンド    ・・・        24本
<社投単位型>9月21日現在、募集中のファンド ・・・        1本
<金銭信託受益権投信>設定日が9月中のファンド・・・        1本



詳しくは下記アドレスをご覧ください。
http://www.toushin.or.jp/fund/new/2005/fund05092.pdf



■□■□■------------------------------------------------------------

3.投資信託に関するQ&A集-62-

今回は、「投資信託を購入する時に確認すべき事項について教えて」について
ご回答いたします。


★投資目的は何ですか?
投資信託に限らず、金融商品を購入するに当たってまず確認したいのは、その
目的が何かということです。

例えば、長期的に投資資産の価値を高めたいのか、投資資産から定期的に収益
の分配を受けたいのか、投資資産の目減りを防ぎたいのかといったことが投資
目的としてあげられます。

そして、投資目的を明確にするためには、自分の投資資金の性格(何年ぐらい
投資できるか、余裕資金か等)をよく知ることが重要です。


★投資目的に合ったファンドですか?
投資信託は、様々なタイプのファンドがありますが、前述したような投資目的
の全てを同時に満たしたファンドはありません。

ご購入を検討されているファンドが、投資目的に合ったものかということは、
ファンドを購入するに当たって一番に確認しておきたいことです。

目論見書には、ファンドの投資目的や運用方針及び分配方針等といったファン
ドの特徴が盛り込まれています。


★ファンドのリスクは?
同じ投資目的のファンドであっても、投資対象や投資地域(通貨)若しくは投
資手法等の運用の仕方はファンドによって異なります。

そして、どう運用するのかということは、同時にそのファンドのリスクと密接
に関係しています。

ファンドの主なリスクは何か、リスクの水準はどの程度かということを確認す
ることは、自分に合ったファンドを選ぶ上で欠かせません。

例えば、投資信託の中には、基準価額が株価指数の2倍、3倍の連動率となるこ
とを目指すファンドもあります。こうしたファンドは株価指数が上昇する局面
では基準価額の大きな上昇が期待できますが、反対に株価指数が下落する局面
では基準価額の下落も大きくなってしまいます。

特に、成長性を重視してファンドを選ぶ場合には、ファンドのリスク水準が自
分の許容できる範囲かということに注意すべきでしょう。


★費用はどうなっていますか?
投資信託の販売手数料や信託報酬等のコストは、ファンド毎または販売会社毎
に異なります。こうしたコストは、投資収益に影響を与えるものですので、投
資信託の購入に当たってはコストについてもチェックしたいものです。

投資信託のコストは、目論見書や運用報告書で開示されています。確認に当た
っては、販売手数料や信託報酬等のコストをトータルで考えることが重要です。


★いつでも購入できますか?
投資信託には、運用開始前の募集期間のみ購入できるファンドと運用開始後も
購入できるファンドがあります。前者は「単位型」、後者は「追加型」と呼ば
れています。

目論見書には、表紙等に「単位型株式投資信託」や「追加型株式投資信託」と
いった標記がされています。定期的に買付けることを希望する場合は、追加型
のファンドを選択する必要があります。


★換金制限はありますか?
投資信託は、基本的にはいつでも換金できる商品ですが、換金できない期間を
設けているファンドもあります。

この期間は「クローズド期間」と呼ばれるもので、例えばファンド設定後の6 
ヶ月間や1年間といった形で決められます。また、一部の公社債投信では決算 
日のみ換金可能として、他の日は換金できないとしているファンドもあります。


今回は、投資信託に投資するに当たって是非確認しておきたい事項を取り上げ
ました。目論見書を見る際のチェック事項として、または販売会社の販売員の
方と話をする際の参考として利用していただければと思います。


次回は、「投資信託のディスクロージャーって何」についてご回答いたします。



■□■□■------------------------------------------------------------

4.その他

  ◆投資信託に関する書籍の紹介

★ゴローちゃんの投信コールセンター日記~郵便局の投資信託販売~★

野村アセットマネジメント 青山 直子 著
発行:経済法令研究会<1,200円>


『投資信託の基礎がわかる―ゴローちゃんのコールセンター日記―』及び『投
資信託の商品がわかる―ゴローちゃんのコールセンター日記2―』をもとに、
郵便局を舞台にした場面を加え、書き直したもの。





■□■□■------------------------------------------------------------

5.カフェコーナー

  ◆ダッチオーブン再び

遊び仲間で毎年恒例のキャンプに久々に参加した。集合は超巨大元外資系スー
パー。ここで食材を揃える。カートをゴロゴロ転がしてポンポン食材を放り込
む。サングラスかけたヒゲ面のおっさん連中が真昼間から顔を突き合わせて  
「クリームチーズがない。」「鯛は切り身にしてもらおう。」「香りつけのた
めのバニラビーンズも買わなあかん。」なんてことを言いながら買い物してる。
夏休み最後の週でママと一緒に買い物に来てる良い子達の教育上、極めてよく
ない図だ。

結局食材山盛りのカートが4台、これぞ大人買い。呆然気味の店員さんが、レ 
ジを打つ。受け取ったレシートは、包帯かと思うぐらい果てしなく長かった。

キャンプ道具と人とで車がもうキツキツなのに、さらにこれだけの食材を積み
込まねばならない。荷造りし直すもどうしても入りきらない。仕方ないのでキ
ャンプ場まで七輪だの買った野菜だのを抱えながら乗り込む始末。

何とかしてキャンプ場にたどりつくと、さっそく調理開始。今回はダッチオー
ブン(※1)4台とスキレット(※2)1台を投入。あとは作りたい人が勝手に作 
り、できたものから勝手に食べる。きれいに並べたり盛り付けたりは一切なし。
2泊の間にこれらの鉄鍋で調理されたものは以下のとおり。

骨付きラムの香草焼き、トルコ風つくね、フライドチキン、トリ粥、ベーコン
と鮭、ソーセージのソテー、チーズとハムの燻製、ローストビーフ、鯛めし、
焼き芋、焼きトウモロコシ、角煮風煮豚、手打ちパスタ、ベーコンパン、トリ
の丸焼き、ホットサンド、チーズケーキ等々…。

最初はペペロンチーノになる予定であった手打ちパスタが、最後は芯の残った
醤油かけウドンになってしまったのが悔やまれるが、大自然の中で食すという
ことも手伝い、ヒゲ面のオッサン連中が作った割には美味しい料理の数々であ
った。

その中でも今回大活躍だったスキレット、これで作った料理の味が忘れられず、
購入せんと現在市場調査中。買っただけで満足するタイプなのに…。


※1 ダッチオーブン 西武開拓時代より伝わる重い鋳鉄製の肉厚鍋。重い蓋 
  もついており、圧力鍋効果をもたらす。これ一台で焼く、蒸す、煮る等の様
  々な調理が可能。これで調理したトリの丸焼きを食べ、筆者は衝動的にこれ
  を購入。
※2 スキレット ダッチオーブン同様、鋳鉄製のフライパン。主にソテー向 
  けだが、煮物や揚げ物も可能。
                                (人生)



=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」と「不動産投資法人ガイド」を作成
  しています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

   ホームページアドレス
   http://www.toushin.or.jp/info/publish.html

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。
  (入会)
      http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub.html
  (退会)
      http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub2.html
      
■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想は、
    jita-public@toushin.or.jp  までお願いいたします。
      
=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、社団法人  投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可 
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己 
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行 : 社団法人  投資信託協会   総務部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===



バックナンバー一覧へ戻る