バックナンバー

バックナンバー

No.86 (2005年5月18日発行) >>外国投信って何



●=●=============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン    No.86         2005/5/18
                                 発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                       
●=●=============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●


1.トピックス
   ◆「不動産投信NEWS」5月号の公表
   ◆投資信託の市場動向(4月中)

2.募集中ファンド


3.投資信託に関するQ&A集-54-
  ◆外国投信って何


4.カフェコーナー
  ◆本当に欲しかったの?


■□■□■------------------------------------------------------------

1.トピックス

◆「不動産投信 NEWS」5月号の公表


本協会では、不動産投信のより一層の普及のため、不動産投信に係る主な動き
等をとりまとめた「不動産投信 NEWS」5月号を公表しました。なお、公 
表内容等は4月中の動向です。

詳しくは下記アドレスをご覧ください。
http://www.toushin.or.jp/info/fudousan_news.html


  ◆投資信託の市場動向(4月中)

全体の概況

契約型公募投資信託の株式投信追加型の内、国内株式型は2,494億円の設
定があり、昨年8月以来8ヶ月ぶりの資金増加(過去最高の1,135億円)。
毎月決算型やリートを組み入れる投信も引き続き好調で、バランス型の純資産
残高は過去最高を更新(11兆9,503億円)。インデックス型はETFの
設定増加もあり1,243億円の資金増加。これにより株式投信全体は6,8
37億円の資金増加。契約型私募投資信託は、純資産総額17兆円を突破(過
去最高の17兆2,670億円)。不動産投信(J-REIT)は、3月中に
1本新規上場があり純資産総額は1兆3,479億円に(3月末現在)。

Ⅰ.契約型公募投資信託の状況

(1)資産動向
                                     <単位:億円>
             設定             解約      純資産計(前月比)
1.株式投信           15,205            8,368    291,041 (+2,022)
2.公社債投信     34,550          43,035        92,297 (▲8,471) 
3.MMF        1,165        1,597         33,845 (▲431)
合計[1+2+3]   50,921          53,001        417,183 (▲6,880)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用増減が加
味されますので、本表では一致しません。


(2)運用状況
 株式投信における株式の組み入れ比率は、前月末と比較すると41.7%→
40.9%と低下、全体の公社債の組み入れ比率は50.6%→51.0%と
上昇した。

                             <単位:%>
             株式             公社債          余資等※
1.株式投信       40.9        45.1                 6.2
2.公社債投信            ―             72.6                29.6
3.MMF           ―              43.1                  60.8
合計[1+2+3]     28.5           51.0                15.8

※余資等とは預金、金銭信託、コール・ローン、割引手形、CD、CP等が含
  まれます。

●株式の売買状況(国内外合算) 2,249億円の買い越し。


(3)主体別残高状況
                             <単位:億円>
           証券会社        銀行等     投信会社       合計
1.株式投信       146,515       141,800        2,725   291,040
2.公社債投信        88,537        3,657         102    92,297
3.MMF      26,168         7,629          47    33,845
合計[1+2+3]   261,221       153,086        2,875    417,183
(前月比)         (▲8,660)   (+1,849)      (▲70)   (▲6,880)

(保有割合:%)   (62.6)   (36.7)    (0.7)  (100.0)



Ⅱ.契約型私募投資信託の資産動向
                            <単位:億円>
           設定         解約         純資産計 (前月比)
合計(株投+社投)  9,250       3,485      172,670 (+3,141)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用増減が加
味されますので、本表では一致しません。


Ⅲ.不動産投信(J-REIT)の資産動向

          17年3月(前月比)     17年2月      前年3月
純資産計     13,479億円(+624億円)  12,854億円    9,199億円
売買高計※    225,992口           163,083口        221,384口
売買代金計※  1,532億円          1,040億円       1,399億円
(※は東証調べ)


Ⅳ.マーケット指標(参考)
          17年4月末(前月比)     17年3月末     前年4月末
日経平均株価(円) 11,008.90(▲660.05)  11,668.95     11,761.79
TOPIX(ポイント)  1,129.93(▲52.25)    1,182.18       1,186.31
為替(1米$:円)     106.35(▲1.04)       107.39       110.35
東証REIT指数     1,518.18(+10.25)    1,507.93       1,326.98
 (ポイント)
               (269回債)  (268回債)     (260回債)
国債利回り(%)      1.240(▲0.08)     1.320         1.530


■□■□■------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドについて、手数料、購入窓口等の内容が一覧表になっていま
す。
<株投単位型>5月18日以降5月中に設定されるファンド・・・   9本
<株投追加型>設定日が5月中のファンド        ・・・   6本
<社投単位型>5月18日現在、募集中のファンド    ・・・   1本
<金銭信託受益権投信>5月18日現在、募集中のファンド・・・   1本




詳しくは下記アドレスをご覧ください。
http://www.toushin.or.jp/fund/new/2005/fund05052.pdf


■□■□■------------------------------------------------------------

3.投資信託に関するQ&A集-54-

今回は、外国投信って何についてご回答いたします。

★外国投信とは
日本で販売されている投資信託には、日本の法令に基づいて国内で組成された
ファンド(以下「国内投信」)の他、外国の法令に基づいて外国で組成された
ファンドがあります。

この、外国において外国の法令に基づき組成された投資信託を「外国投信」又
は「外国籍投信」と呼ぶことがあります。現在、日本で販売されている外貨建
MMFも外国投信です。

外国投信は、形態により「契約型」と「会社型」に分けられますが、現在、日
本で販売されている外国投信の多くは契約型です。

★外国投信の販売は
外国投信の販売には、国内投信と同様に証券取引法が適用され、公募による販
売に当たっては「目論見書」が利用されます。

また、外国投信の販売を行う会社は、日本証券業協会の定める「外国証券の取
引に関する規則」に従わなければならないことになっています。同規則では、
日本で公募販売できるファンドの要件として「選別基準」が定められています。

★基準価額は分かるの
日本経済新聞の朝刊に「オープン基準価格」として掲載されているファンドは、
国内投信の価格です。

公募外国投信の基準価額については、日本証券業協会のホームページにおいて
月末の価格が公表されている他、販売会社によっては、自社のホームページで
価格の公表をしている場合もあります。

又、一部の外国投信については、日本経済新聞の土曜日の朝刊に価格が掲載さ
れています。

★運用報告書もあるの
外国投信(契約型)についても、ファンドの決算時に運用報告書を作成し、顧
客に送付することになっています。

ただし、外国投信の運用報告書については、日本語への翻訳等の事情から、国
内投信と比べて顧客へ送付されるまでに時間がかかるケースもあります。

★いつからあるの
外国投信の日本での公募販売は、外国証券投資の自由化の1つとして、197
2年からはじまりました。

2005年3月末現在、日本における外国投信の販売残高は、6兆6,434 
億円です。このうち、株式型は8,969億円、債券型は5兆3,195億円、
その他が4,270億円となっています。                             
(日本証券業協会の資料より)


次回は、「適合性の原則って何」についてご回答いたします。

■□■□■------------------------------------------------------------

4.カフェコーナー

  ◆本当にほしかったの?

衣替えの季節になると、体を絞らなければという毎年の悩みは変わりません。
かといって、ジョギングやウォーキングだと雨の日は面倒だし、などと理由を
つけ、自宅でテレビを見ていた私の目にとまったのは、運動機具の宣伝でした。

この運動機具は、音楽を聞きながら、あるいはテレビを見ながら毎日20~3
0分のステップを踏むだけで、体内脂肪を燃焼し、特にお腹など下腹部をすっ
きりと理想的な体形にするというものでした。テレビ大好きな私としては、テ
レビを見ながら運動ができるということで心を動かされていたのですが、天候
に影響されず自宅でできるということと繰り返し流れるCMにより、ついには
購入の電話をかけてしまいました。

電話申し込みの際、「到着まで2~3週間かかります。」ということは、オペ
レーターから聞いてはいましたが、一日でも早く運動にとりかかり、下半身を
すっきりし今まで着られなかった洋服が着られるようなるという思いは募るば
かりでした。

そんな思いで品物の到着を待ちわびていたある日のこと、近くにある大型ショ
ッピングセンターへ出かけた私が目にしたものは、「私の想いを寄せている運
動機具」の山積みでした。しかも送料を考えると、何と値段は約半額なので  
す!ショック……

キャンセルするかどうかの迷いと値段の安さで気落ちして帰宅すると、ショッ
クはダブルパンチ。待ちわびた品物が到着していたのです。送料負担と返品す
る手間、機能に違いがあるに違いないなどと考えたあげく、「プラスマイナス
ゼロか」と自分に言い聞かせ、結局使うことにしました。

品物の到着から数週間過ぎましたが、私の体形は変わらないどころか、逆にふ
っくらしてしまいました。何故なら、テレビの楽しみは、何かをつまみながら
ゆっくり見ることにあるからです。あんなに恋焦がれた運動機具は、「あなた
より長生きしたい。」と言いながら、家人が使っています。

(ラクしたい初夏のチャレンジャー)



=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。(入会)
      http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub.html
  (退会)
      http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub2.html
      
■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想は、
    jita-public@toushin.or.jp  までお願いいたします。
      
=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、社団法人  投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可 
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己 
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行 : 社団法人  投資信託協会   広報部

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===


  
 




バックナンバー一覧へ戻る