バックナンバー

バックナンバー

No.66 (2004年8月4日発行) >>ロングショート運用ってなんですか





●=●=============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン    No.66          2004/8/4
                                 発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                       
●=●=============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
    ◆ 定款・諸規則集(平成16年7月版)ができました!

2.募集中ファンド

3.投資信託に関するQ&A集 -35-
    ◆ ロングショート運用って何ですか

4.その他
    ◆ 投資信託概況の発表日

5.カフェコーナー
    ◆ パック・ツアー


■□■□■------------------------------------------------------------

1.トピックス

◆ 定款・諸規則集(平成16年7月版)ができました!◆
     ( A4判、545頁、1500円(税込))

投資信託協会では、当協会の定款、業務規程、諸規則等を収録した「定款・諸
規則集(平成16年7月版)」を発刊いたしました。
販売は、当協会窓口または宅配で取り扱っております。


<直接来社の場合>

・次の販売窓口にご来社ください。代金は窓口にて現金でお願いします。
  販売窓口:東京都中央区日本橋兜町2-1
                東京証券取引所ビル6階 (総務部 総務課)
  受付時間:9時~17時(11時30分~12時30分を除く)


<宅配の場合>

・総務部宛に下記要領によりFAXにてお申し込みください。
◇ 申込FAX № 03-5614-8448 
・『「定款・諸規則集(平成16年7月版)」宅配希望』 と記載の上、
   会社名(担当者名も明記してください)または氏名、送付先、電話番号、
   数量、請求書の宛名を明記してください。代金は、当協会指定の銀行口座
   へお振込みください。
・なお、送料着払いにて発送させていただきますので、実費負担願います。

〇問い合わせ先: 投資信託協会 総務部TEL 03-5614-8400


■□■□■------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドについて、手数料、購入窓口等の内容が一覧表になっていま
す。

<株投単位型>8月4日以降8月中に設定されるファンド・・・・・・ 7本
<株投追加型>設定日が8月中のファンド・・・・・・・・・・・・・ 1本
<社投単位型>8月4日以降8月中に設定されるファンド・・・・・・ 3本
<委託者非指図型>8月4日現在、募集中のファンド・・・・・・・・ 2本


詳しくは下記アドレスをご覧ください。
http://www.toushin.or.jp/fund/new/2004/fund04081.pdf


■□■□■------------------------------------------------------------

3. 投資信託に関するQ&A集  -35-

◆ロングショート運用って何ですか◆

株式を買うことを「ロング」、売ることを「ショート」と言います。最近、現
在の株価が割安で今後「値上がりしそうだ」と思う株を「ロング」し、反対に
現在の株価は割高で今後「値下がりしそうだ」と思う株式を「ショート」する
運用を行う投資信託が出てきていますが、この「ロング」と「ショート」を組
合せた運用を行うことを「ロングショート運用」と言います。

「ロング」のみのファンドの場合、市場全体が下がり続けている状況では、ど
うしても基準価額は下がり易くなってしまうと思うのですが、信用取引等を利
用して「ショート」するという手法も併用することで市場全体の動きの影響を
抑えつつ安定的な収益を目指せるというのが「ロングショート運用」の特徴だ
と思います。

また、市場全体が今後上昇すると予想する場合に、「ロング」ポジションを
「ショート」ポジションより大きくすることで市場全体の上昇の影響を受けや
すいポートフォリオにして、反対に市場全体が今後下落すると予想する場合に
は、「ロング」ポジションを「ショート」ポジションより小さくすることで市
場全体が下落する局面でも利益を狙えるポートフォリオにするというような手
法もあるようです。

「ロングショート運用」は、投資しようとするものが割安かどうかを比較する
ことから始まりますが、「ロング」と「ショート」の組合せは株式と株式だけ
でなく、株式と株価指数先物取引など色々あります。

マーケットニュートラル運用について

「ロング」と「ショート」を組合せた運用には、先程ご説明した「ロングショ
ート運用」の他に「マーケットニュートラル運用」と呼ばれる手法があります。
「ロングショート運用」との違いは、「マーケットニュートラル運用」では、
「ロング」ポジションと「ショート」ポジションを同額保有する等して、市場
全体の動きに左右されにくくするということがあります。

次回は「ファンドを購入した後の情報ってどういうものがあるの」についてお
答えいたします。


■□■□■------------------------------------------------------------

4.その他

◆投資信託概況の発表日◆

投資信託協会では、毎月1回、前月末の純資産等の数字を発表しております。
8月の発表日は8月12日(木)を予定しております。
なお、ホームページへの記事掲載は同日14時30分頃の予定です。


■□■□■------------------------------------------------------------

5.カフェコーナー

◆パック・ツアー◆

新聞やテレビのニュースでは、7月31日は夏休みを海外で過ごす人達の出国ラッ
シュのピークを迎え、この日だけで48,600人が出国との様子を伝えていた。ま
た、夏休み期間中(7月16日~8月31日)に成田空港から出入国する旅客は370万
人と2002年の水準まで回復する見込みとのことである。

行き先は、グアム、ハワイ、ヨーロッパ等の定番に加え、イチロー選手やW松
井選手等の活躍を見るメジャーリーグ観戦にアメリカへ、また、特に今年は8月
13日から始まるオリンピック観戦にギリシャへ、さらには韓流(ハンリュー)
といわれる韓国ブームの火付け役となった人気ドラマ「冬のソナタ」等の影響
もあり韓国へと、まちまちである。

海外旅行はしたいが、言葉がわからない、或いは観光はどうしたら良いのかわ
からないという心配がある私にはパック・ツアーという強い味方がある。
このパック・ツアーには、往復の航空券やホテル、移動の交通、食事まですべ
てを組み込んだツアーから往復の航空券とホテルだけが決まっていて、日程は
自由行動(フリー)というものなどいろいろあるが、やはり私のような旅行の
初心者にはすべてをパックにしたお任せ旅行が1番適している。

パック・ツアーの良いところは、何といっても、旅の専門家が限られた時間で、
移動も含めて、観光のハイライトスポットを盛り込み、しかもツアー参加者に
リーズナブルな価格で満足度の高いパフォーマンスを与えてくれるからである。
勿論ツアーコンダクター(添乗員)付きであるので、言葉の問題も不安解消。
行き先と日程や予算が自分に合えば、後はツアーに参加するだけである。ただ
し、パック・ツアーといえども自分の行動には責任を持たなくてはいけないが
・・・

考えてみると、自分の目的や予算に合った様々な商品が揃っていること、専門
家がコーディネートすること、最終的には自分の判断が必要であることなどを
みると投資信託もこのパック・ツアーに似ていると思う。

パック・ツアーが海外旅行の初心者に適しているのであれば、投資信託は投資
の初心者に適した金融商品であるといえるのではないかと納得する私である。

(若葉マーク付きツーリスト)


=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。
  (入会)
      http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub.html
  (退会)
      http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub2.html
      
■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想は、
    jita-public@toushin.or.jp  までお願いいたします。
      
=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、社団法人  投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。
  投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可なく複製再
  配信等を行うことはできません。
  投資等のご判断はご自身の自己責任においてなされますようお願いいたしま
  す。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行 : 社団法人  投資信託協会   広報部

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===




バックナンバー一覧へ戻る