バックナンバー

バックナンバー

No.61 (2004年5月26日発行) >>クーリング・オフの適用はありますか





●=●=============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン    No.61          2004/5/26
                                 発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                       
●=●=============================================================●=●

  5月の配信は、都合により第2・第4水曜日とさせていただきます。

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
    ◆投資信託の市場動向(4月中)

2.募集中ファンド

3.投資信託に関するQ&A集 -30-
    ◆クーリング・オフの適用はありますか

4.カフェコーナー
    ◆「今夜の節約レシピ」


■□■□■------------------------------------------------------------

1.トピックス

◆投資信託の市場動向(4月中)◆

(1)資産の動向・設定等の状況
マネー・リザーブ・ファンド(MRF)は過去最高の設定額(4兆6,470億円)。
これにより公社債投信全体も先月を上回り過去最高の設定額(4兆9,182億
円)となる。
株式投信は資金増加(+4,617億円)。総合計の純資産残高は2月以降連続し
て増加し、39兆2,859億円となる。

                                                           
                     設定             解約            純資産計(前月比)
1.株式投信        12,924            8,307             239,260(+6,500)
2.公社債投信      49,182           53,072             111,757(▲3,916)
3.MMF           2,109            2,144              41,841  (▲35)
合計[1+2+3] 64,216           63,524             392,859 (+2,548)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用増減が加味
されますので、本表では一致しません。


(2)運用状況
 株式投信における株式の組み入れ比率は、前月末と比較すると
50.1%→49.3%と低下し、全体の公社債の組み入れ比率は50.7%→
52.2%と上昇した。

                                                           
                     株式           公社債                  余資等※
1.株式投信          49.3             39.6                     9.3 
2.公社債投信         ―              77.5                    23.6
3.MMF             ―              56.3                    46.2
合計[1+2+3]   30.3             52.2                    17.3

※余資等とは預金、金銭信託、コール・ローン、割引手形、CD、CP等が含
  まれます。

●株式の売買状況(国内外合算) 440億円の売り越し。


(3)主体別残高状況
                                                           
                    証券会社          銀行等       投信会社       合計
1.株式投信         138,630          97,342          3,286    239,260
2.公社債投信       105,269           6,323            164    111,757
3.MMF            31,150          10,643             47     41,841
合計[1+2+3]   275,050         114,309          3,498    392,859
    (前月比)          (▲699)        (+3,239)           (+8)   (+2,548)

(保有割合:%)          (70.0)          (29.1)          (0.9)    (100.0)


(4)契約型私募投資信託の資産の動向
                                                           
                    設定               解約           純資産計(前月比)
合計(株投+社投)   7,235              2,273           119,454(+5,960)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用増減が加味
されますので、本表では一致しません。


(5)不動産投信(REIT)
                  16年3月(前月比)      16年2月       前年3月
純資産計           9,201億円(+617億円)      8,583億円      4,921億円
売買高計※         221,384口                 114,733口       58,110口
売買代金計※       1,399億円                   721億円        283億円
(※は東証調べ)


(6)マーケット指標
                  16年4月末(前月比)  16年3月末     前年4月末
日経平均株価(円)     11,761.79(+46.4)        11,715.39       7,831.42
TOPIX(ポイント)  1,186.31(+7.08)         1,179.23         796.56
為替(1米$:円)          110.35(+4.66)           105.69         119.65
東証REIT指数          1,326.98(▲54.72)       1,381.70       1,079.29
 (ポイント)
                      (260回債)               (259回債)     (249回債)
国債利回り(%)        1.535(+0.1)               1.435           0.61


■□■□■------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドについて、手数料、購入窓口等の内容が一覧表になっていま
す。

<株投単位型>5月26日以降5月中に設定されるファンド・・・・5本
<株投追加型>設定日が5月中のファンド・・・・・・・・・・11本
              日本投信が運用する香港H株オープン(ブル型・ベア型)は
              5月10日以降、購入することができます。
<社投単位型>5月26日現在、募集中のファンド・・・・・・・1本

詳しくは下記アドレスをご覧ください。
http://www.toushin.or.jp/fund/new/2004/fund04052.pdf


■□■□■------------------------------------------------------------

3. 投資信託に関するQ&A集  -30-

◆クーリング・オフの適用はありますか。◆

投資信託にはクーリング・オフ制度が適用されません。

★クーリング・オフ制度とは
クーリング・オフ制度とは、訪問販売や電話勧誘販売等の特定取引について、
消費者に一定期間の熟慮期間を与えてその期間内であれば、一方的に申し込み
の撤回や契約の解除ができる制度です。

クーリング・オフはあくまで不意打ち的で契約するかどうか考える時間がなか
ったり、高額で複雑な契約についてすぐに判断がつかないものが対象となって
おり、通信販売や営業所等での店舗販売は消費者が購入・契約について十分に
考慮する時間があるので適用されません。

★クーリング・オフの効果
クーリング・オフで契約を解除する時、損害賠償金や違約金を販売会社に支払
う必要はありません。また、既に頭金や申込金を支払っている場合は、その金
額を返金してもらえます。商品を受取っている場合は、その引取りに必要な費
用は、全て販売業者の負担となります。

★クーリング・オフの対象となる取引
クーリング・オフができるのは次の場合です。
1.法律(特定商取引法の政令)に規定がある場合
2.業者が自主的に規定している場合
3.業者が個別的に契約内容を取り入れている場合

特定商取引法上で指定されたクーリング・オフの対象取引は、商品56種類、
権利3種類、役務(サービス)18種類となっています。(特定商取引に関す
る法律施行令 第3条より)

投資信託は、法律上クーリング・オフの適用はありません。

前回解説した投資顧問には、投資顧問業法の17条に書面による解除が規定さ
れており、10日以内であれば契約の解除ができます。この場合、前払いした
顧問料については既に助言を受けているか、まだ受けていないかによって返金
額が異なります。

次回は「毎月分配型にはどんな種類がありますか。」についてお答えします。


■□■□■------------------------------------------------------------

4.カフェコーナー

◆「今夜の節約レシピ」◆

おにぎりという食べ物は偉大だ。私は幾度となくおにぎりに助けられ、今を生
きている。学生の頃、月末になるとしばしばお金が底をつくことがあった。そ
う何度も友人の家にご飯を食べに行く訳にもいかず、そんな時、頼りになるの
はおにぎりであった。幸いなことに、実家からお米は十分すぎるほど送られて
くるので、ご飯を炊き、おにぎりを作り、月末を乗り切っていた。

おにぎりのレパートリーはさほど多くない。主に作っていたのは焼きおにぎり
と味噌おにぎり。焼きおにぎりはまず、ご飯でおにぎりを作り、皿に醤油をた
らし、おにぎりの表面を皿の上に薄く広がっている醤油につける。フライパン
に油を少々たらし加熱して、醤油をつけたおにぎりを形が崩れないようにそっ
とフライ返しで入れる。何度かおにぎりをひっくり返して焼けば焼きおにぎり
の完成。おそらく、普通一般の作り方とは違うと思うが、とても簡単に作るこ
とができる。味噌おにぎりはさらに簡単で、ご飯でおにぎりを作り、おにぎり
の表面に味噌をまんべんなく塗れば完成。

この二種類のおにぎりを作るのに必要な材料は、お米、味噌、醤油、だけ。非
常にお金のかからない食事である。このおにぎりを作るきっかけは、お金が底
をついたある日、どうにか食事をと思い、冷蔵庫を開けたら味噌と醤油しかな
かったことであった。一人暮らしを始める時、これから始まる新しい生活への
期待を胸に買った味噌や醤油は、たいした料理には使われず、活躍するのはお
にぎりを作る時くらいで、ましてやみりんなんて封も開けなかった気がする。

おにぎりはただご飯を丸く、もしくは三角に握ったものなのに、ご飯をおにぎ
りにしただけでおいしさが格段に増すのはどうしてだろう。例えば、味噌おに
ぎりはただのおにぎりの表面に味噌を塗っただけなのに、おいしく食べること
ができる(私は)。茶碗に盛ったご飯の上に味噌をのっけて食べてもあまりお
いしいとは感じないだろうに。それはおにぎりが持つ、不思議な魅力のおかげ
なのだろう。

聞いた話によれば、私のおにぎりレパートリーの一つ、味噌おにぎり(味噌を
つけて焼く作り方もあります)を食べたことがない人も多いらしい。お家にあ
る材料だけで、とても簡単に作ることができるので、召し上がったことのない
方は作ってみてはいかがでしょう。ただし、学生の頃の私のように二・三日、
三食ともおにぎりだけという食事はお勧めできませんが。(黒熊)


=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。
  (入会)
      http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub.html
  (退会)
      http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub2.html
      
■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想は、
    jita-public@toushin.or.jp  までお願いいたします。
      
=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、社団法人  投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。
  投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可なく複製再
  配信等を行うことはできません。
  投資等のご判断はご自身の自己責任においてなされますようお願いいたしま
  す。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行 : 社団法人  投資信託協会   広報部

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===



バックナンバー一覧へ戻る