バックナンバー

バックナンバー

No.425(2019年7月3日発行)>>投資信託が組み入れている株式の株主優待はどうするの?

●=●==============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン     No.425       2019/7/3
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                                                        
●=●==============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
 ◆初心者のためのJ-REITデビュー講座
  ~初めての人にプロが教える不動産投信のしくみ~
 ◆「投資信託の世界統計(2019年第1四半期)」公表のお知らせ
 ◆ 日本証券業協会「はじめての資産運用講座」のご案内
  
2.募集中ファンド

3.投資信託に関するQ&A集‐285‐
 ◆ 投資信託が組み入れている株式の株主優待はどうするの?

4.その他
   投資信託概況の発表日

5.カフェコーナー
  ◆ 「天動説と地動説」


■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス 

◆ 初心者のためのJ-REITデビュー講座
  ~初めての人にプロが教える不動産投信のしくみ~

投資信託協会は、東京証券取引所(日本取引所グループ)と共催による初心者向け
Jリートセミナーを開催いたします。人生100年時代の資産形成にJリートの活用を
考えてみませんか?

Jリートとは不動産に投資する投資信託の一種です。
株式や債券に投資する投資信託と同じように、少額から投資することが可能です。

本セミナーは二部構成となっており、第一部は、アイビー総研株式会社代表取締役
関大介氏によるJリートの基礎解説。第二部では、3タイプのリート運用会社によ
るパネルディスカッションです。
 
日時: 2019年7月16日(火) 18:30~20:00(18:00開場)
場所: 東京証券取引所ビル 2階 東証ホール(東京都中央区日本橋兜町2-1)

↓詳細はこちら↓下記URLよりお申込みいただけます。(日本取引所グループWEBサイト)
https://www.jpx.co.jp/learning/seminar-events/semina/d01/20190716.html

「Jリートのことを全く知らない」という方、
「ちょっぴり興味はあるけどむずかしそう」という方、
この機会にぜひ東京証券取引所にお越しください!

※本セミナーは、特定の投資信託商品の勧誘や販売の推奨等を目的としたものでは
ありません。


-------------------------------■□■□■------------------------------
 
◆「投資信託の世界統計(2019年第1四半期)」公表のお知らせ

当協会は、世界の投資信託業界の最新動向を調査する資料として、
国際投資信託協会が加盟各国の協力により集めたデータをもとに、
四半期毎に「投資信託の 世界統計」を公表しております。

 今回、2019年第1四半期(1-3月)分を公表しております。


詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。

http://www.toushin.or.jp/statistics/world/ 
 

-------------------------------■□■□■------------------------------

◆ 日本証券業協会「はじめての資産運用講座」のご案内

日本証券業協会が全国各地で投資未経験者、初心者の方を対象とした
「はじめての資産運用講座」を開催します。

本講座では、資産運用の基礎や金融商品の仕組みに加え、
NISAや確定拠出年金の活用法などについて学ぶことができます。
この機会に、金融や資産運用について日頃の疑問を是非解決してみて下さい!

 現在、以下の日程のセミナーの参加申込を受け付けています。
(締切など随時更新されていますのでご注意ください。)

 7月:千葉、堺、札幌、横浜、さいたま、東広島、姫路、新潟、山形、岡崎、
 8月:大阪

  申し込み方法等、詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
 http://www.e-104.net/

■□■-----------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型> 7月中に設定されるファンド・・ 3本
<株投追加型> 設定日が7月中のファンド・・・6本

  詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
  http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/


■□■-----------------------------------------------------------------

3.投資信託に関するQ&A集‐285-

◆投資信託が組み入れている株式の株主優待はどうするの?

この時期になると、3月決算期の株主優待がお手元に届いている頃でしょうか。
(※決算期や優待品の発送時期は会社によって異なります)

株主優待とは、株式会社が、株主に対して保有株式数等に応じて自社の製品やサー
ビスなどを提供することで、それぞれの会社が任意で導入しています。
電車や飛行機の割引券から、お米やジュースなどの食品と、暮らしに役立つ優待品
はバラエティに富み、優待を銘柄選びの一つの基準に株式投資をしている人もいる
ようです。

ところで、株主は私たちのような個人投資家だけではありません。
株主優待制度を設けている会社の株式を組み入れている投資信託では、受け取った
株主優待をどのように取り扱っているのでしょうか?

当協会の「投資信託等の運用に関する規則」で以下のように定められています。

(株主優待物等の取扱い)
第10条
委託会社は、投資信託財産に組み入れられた株式から派生する株主優待等の名目で
支給される物品その他のもの(以下「株主優待物等」という。)で次に該当するも
のについては、受託者と協議のうえ、換金して投資信託財産に繰り入れるものとす
る。

(1)個別に換金する市場が存在する等容易に換金できるもの
(2)基準価額に影響する等受益者の利益のため必要と判断されるもの

2 前項の基準に該当せず、株主優待物等を一括して換金できる場合は、
  受託者と協議のうえ、恣意性を排除した一定の配分方法により信託財産に
  繰り入れることができるのもとする。


要は、「市場があって換金可能なもの」「受益者(=投資家)の利益のためになる
もの」であれば、可能な限り現金化し、信託財産に組み入れる。ということがうた
われています。

投資信託は、投資家から集めた資金を一つにまとめて、株式や債券等の有価証券に
投資し、運用の成果を投資家に均等(持分に応じて)に還元する仕組の金融商品です。

しかし、株主優待「物」そのものを均等に投資家へ分配すことはできないので、換
金できるものは極力換金して投資信託財産に繰り入れ、基準価額に反映することで、
優待物の恩恵が投資家へ均等に行き渡るよう努力しています。

■□■-----------------------------------------------------------------

4. その他

  ◆ 投資信託概況の発表日

当協会では毎月1回、前月末の純資産等の統計を発表しております。
6月分の発表は7月11日(木)を予定しております。なお、ホームページへの記事掲
載は同日16時00分頃の予定です。



■□■-----------------------------------------------------------------

5.カフェコーナー

 ◆ 「天動説と地動説」


「太陽は地球の周りを回っている。」
何をこの人は言い出したのであろうかと思われるだろう。
地球は太陽の周りを回っていて、さらに太陽系が銀河系という星の集合体に囲まれ
ていて云々というのは義務教育を終えた人であれば知っている事柄である。
しかし、科学全盛の現代においても、天動説を主張する人は少ないわけではない。
米国では四人に一人は信じているといわれるだけではなく、国際会議が定期的に行
われているというのであるから驚きである。その根拠は陰謀論めいたものから感覚
といった素朴なものまで様々あるとは言っても、自分たちが彼らの主張に対して好
意的な感情を持つことは難しいだろう。

しかしながら、自分たちは彼らを笑うことをできるかという問題はある。
その流れで以下の文に対する答えを考えてほしい。
「地球が太陽の周りを回っていることを証明してください。」

天文学会によればケプラーの法則によって証明されたとしている。
しかし、ケプラーの法則自体は惑星の観測データから導かれるものであって、自分
たちの生活感覚からは証明することができないものである。(感覚に限りなく近い
ものとして年周視差等があげられるが体感することは困難である)
そうなってくると「地球は太陽の周りを回っている」という私たちの理解に価値が
あるのであろうか。

この手の話は近代科学の動きだけではなく、現代の社会事象においても至る所で見
かける。今後、話題になるものも多くあるが、それに対して自分の意見が天動説な
のか、分かっているふりをした地動説なのか、自ら考える必要が出てくるのかもし
れない。

(尾骨)

=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「REITガイド」
「なるほど!投資信託説明書ガイド」「知っておきたい投資の基本」
「まるわかり!!運用報告書」をセットにして、無料でお送りしています。


ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、一般社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:一般社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る