バックナンバー

バックナンバー

No.393(2018年3月7日発行)>>不動産投資法人(リート)の資産運用報告って?

●=●==============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン     No.393        2018/3/7
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                                                        
●=●==============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
  ◆ 【金融庁、NISA推進・連絡協議会】つみたてNISAのキャラクターを募集中です!
 ◆ 【投資信託協会】「未来につむぐ 投資信託つみたてBook」を公開しました!
 ◆ 「東証IRフェスタ2018」開催のご案内
  ◆ 日本証券業協会「はじめての資産運用講座」のご案内

2.募集中ファンド

3.投資信託に関するQ&A集‐268‐
 ◆ 不動産投資法人(リート)の資産運用報告って?

4.その他
   投資信託概況の発表日

5.カフェコーナー
  ◆ 韓国のこと



■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス

  ◆【金融庁、NISA推進・連絡協議会】つみたてNISAのキャラクターを募集中です!

金融庁及びNISA推進・連絡協議会では、「つみたてNISA」の普及・推進を図る
観点から、つみたてNISAのキャラクターの募集しています。

採用されたキャラクターは、SNSでの情報発信や金融庁・金融機関等の発行物
などに広く利用される予定です。

審査は「ドラゴン桜」や「インベスターZ」でおなじみの三田紀房氏とアート
ディレクター大山よしたか氏による選考を経て、最終候補については一般投票
が行われます。
また、採用作品は4月に開催される金融庁主催の「つみたてNISAフェスティバル
2018」にて、発表・表彰が行われます。

締切は2018年3月21日(水)となっています。応募方法等、詳細は下記アドレス
からご覧下さい。


 つみたてNISAキャラクター募集コンテストページ
 https://www.koubo.co.jp/system/contest/tsumitate-nisa/



-------------------------------■□■□■------------------------------

 ◆【投資信託協会「未来につむぐ 投資信託つみたてBook」を公開しました!】

当協会では昨年12月、投資未経験者や投資初心者といったビギナーの方向けに、
「積立投資」の効果や本年スタートした「つみたてNISA」についてポイントを
まとめたリーフレット「未来につむぐ 投資信託つみたてBooK」を刊行しました。

刊行後「ウェブ上で閲覧できないか」などのご意見も多数ありましたことから、
今回、本リーフレットを電子ブック化し、当協会ホームページ上に公開しました。

 是非ご活用ください!
 https://www.toushin.or.jp/fileadmin/open/kouhou/file/tsumitate_book/top.html

なお、お手元に欲しいという方がいらっしゃいましたら、投資信託ガイドなどと
7冊1セットで無料にてお送りしていますのでご請求ください!

 下記アドレスからお申込みできます。
 https://www.toushin.or.jp/guidebook/



-------------------------------■□■□■------------------------------

 ◆ 「東証IRフェスタ2018」開催のご案内

日本取引所グループ/東京証券取引所の主催で、今年も「東証IRフェスタ」が
開催されます。11回目を迎える今回は、横浜での開催。

上場企業の様々な投資情報が新聞、雑誌、Webなどを通じて世界に溢れる中、
上場企業の経営者やIR担当者と個人投資家の皆様がフェイスツーフェイスで
情報交換を行い、新たな関係を構築する貴重な機会となるのではないでしょうか。

【開催日時等】
日 時:2018年3月16日(金)10:00~18:00
        2018年3月17日(土)10:00~18:00
会  場:パシフィコ横浜 展示ホールB
参加費:無料

会場には、金融リテラシーを高めていただけるセミナーをはじめ、投資未経験者や
若年層の方にも投資を身近に感じていただくコンテンツが多数用意されています。
また、投資信託に関しても、上場商品であるETFやJリートのコーナーも予定されて
います!

ビッグイベントです。是非この機会にプログラムをチェックして、気になるもの
があれば足を運ばれてみてはいかがでしょう?

 イベント内容、お申込み等の詳細は下記アドレスをご覧下さい。
 http://www.tse-irfesta.com/



-------------------------------■□■□■------------------------------

  ◆ 日本証券業協会「はじめての資産運用講座」のご案内

日本証券業協会が全国各地で投資未経験者、初心者の方を対象とした
「はじめての資産運用講座」を開催します。

本講座では、資産運用の基礎や金融商品の仕組みに加え、NISAや確定拠出年金の
活用法などについて学ぶことができます。
この機会に、金融や資産運用について日頃の疑問を是非解決してみて下さい!

 現在、以下の日程のセミナーの参加申込を受け付けています。
(締切など随時更新されていますのでご注意ください。)

 3月10日(土) 佐賀市


 申し込み方法等、詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
 http://www.e-104.net/



■□■-----------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型> 3月中に設定されるファンド・・0本
<株投追加型> 設定日が3月中のファンド・・・19本

  詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
  http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/



■□■-----------------------------------------------------------------

3.投資信託に関するQ&A集‐268‐

 ◆ 不動産投資法人(リート)の資産運用報告って?

不動産投資法人(リート)を保有している投資家に対して、運用の状況などを
お知らせるために作成・交付される書類を「資産運用報告」と言います。
証券投資信託で言えば運用報告書にあたるものです。

資産運用報告はリートの各営業期間ごとに作成しなくてはなりません。決算を
迎えるごとに作成し、投資主に対して提供されます。
ちなみに現在、証券取引所に上場している不動産投資法人のほとんどが年2回決算
(営業期間は半年)ですので、保有している投資主は、年2回資産運用報告書を受け
取ることになります。

資産運用報告には多くの項目があります。具体的には、
「運用状況等の推移」「分配金等の実績」「今後の運用方針」「主要な保有資産」
「借入状況」などが記載されています。
また多くの場合、資産運用報告の冒頭部分でリートが期中に取得した物件や主な
保有物件が写真入りで紹介されています。この冒頭に掲載されている部分は、
法律などで掲載が求められているものではなく、投資主の理解を促すため、掲載
しているもので、各社の工夫が見られる部分でもあります。

リートのプロパティタイプはオフィスビル、住宅、商業施設、ホテル、物流、
ヘルスケアと多岐に渡りますし、現在では全国広範に物件が保有されています
ので、資産運用報告をご覧になって、地域のランドマーク的な建物であったり、
近隣の物件が保有物件であることなどを知れば、リートへの投資をもっと身近に
感じることができるかもしれません。

資産運用報告は投資主でなくとも、各リートのホームページにアクセスすれば
閲覧できます。ホームページをご覧になるとわかると思いますが、資産運用報告
だけでなく、リートのIR情報は大変見やすく充実しており、各社情報開示の工夫に
努めていることが伺えます。

当協会のホームページには、正会員であるリートの運用会社へのリンクを記載した
ページがございますのでご参考になってください。
 http://www.toushin.or.jp/index.php?id=37#c569



■□■-----------------------------------------------------------------

4. その他

  ◆ 投資信託概況の発表日

当協会では毎月1回、前月末の純資産等の統計を発表しております。
2月分の発表は3月13日(火)を予定しております。なお、ホームページへの
記事掲載は同日16時00分頃の予定です。



■□■-----------------------------------------------------------------

5.カフェコーナー

 ◆ 韓国のこと

冬季オリンピックが終わりました。
連日選手の活躍が続き、毎日テレビにくぎ付けの1か月でした。一瞬の大舞台の
ために何年も努力を積んできた人たちの真剣な顔つきを見ると、日常生活で
精いっぱいな自分と比べて、なんとなく少し引け目を感じてしまうネガティブな
私です。でもやっぱり、テレビ越しに選手の晴れやかな表情を見て、小さくても、
せめて私は私の目標に向かって頑張ろうと元気づけられるのです。

さてさて、オリンピックが始まる少し前の1月。母娘で初めての韓国旅行に
行きました。気温はマイナス10度。真冬の韓国は空気がピリピリしていて逆に
心地よくもありました。海外に来ると夜中に一人で出歩くことはないのですが、
ホテルの中にコンビニがあったので母が寝た後、探索にいきました。
私はご当地ものが大好きです。特に飲み物が好きで、手あたり次第おいしそうな
パッケージの飲み物を買い込みました。ただハングルが読めないので何味かは
わからず。
部屋に戻って口をつけてみると全部おいしい!!特に韓国はコーヒーが人気で
いろんな種類のコーヒーがあります。町のいたるところにカフェやコーヒー
スタンドがあり、あの有名なコーヒーチェーンのスターバックスが世界で一番
多く出店しているのが、韓国ソウルだそうです。(ニューヨークが2位)調べて
みると、韓国にコーヒー文化が根付いたのは1990年代後半。意外と最近ですね。
海外に来ていつでもどこでもおいしいコーヒーが飲めるのは外国人旅行客にとっ
てかなり嬉しいことではないでしょうか。そういう面では世界のグルメシティ
東京も負けていませんが。

買い物天国明洞、活気ある南大門。地下鉄はちょっとわかりづらいですが慣れて
しまえばどこにでも行けて便利です。たった一度の短い旅行ですっかり慣れた気に
なってしまいました。次は気負わずに、週末ふらっと行けてしまいそうです。
いや、実際は出不精なので羽田空港までの精神的距離は長いのですが、週末に
ふらっと海外旅行に行けてしまうような人に憧れています。

                          (夜行性ももんが)



=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「REITガイド」
「なるほど!投資信託説明書ガイド」「知っておきたい投資の基本」
「まるわかり!!運用報告書」「未来につむぐ 投資信託つみたてBooK」
をセットにして、無料でお送りしています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

アドレスはこちら
http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、一般社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:一般社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る