バックナンバー

バックナンバー

No.388(2017年12月20日発行)>>ウェブコンテンツ「老後にしっかり備える 確定拠出年金の話」を公開しました!

●=●==============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン     No.388        2017/12/20
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                      
●=●==============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス 
  ◆ 2018年 つみたてNISAがスタートします!
   ◆ リーフレット「未来につむぐ 投資信託つみたてBooK」を刊行しました!
  ◆ ウェブコンテンツ「老後にしっかり備える 確定拠出年金の話」
    を公開しました!
   ◆ 日本証券業協会「はじめての資産運用講座」のご案内
  ◆ 投資信託の市場動向(11月中)

2.募集中ファンド

3.カフェコーナー
   ◆ 師走雑感



■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス

  ◆ 2018年 つみたてNISAがスタートします!

来年、2018年1月から「つみたてNISA」がスタートします。

つみたてNISAは、少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度。

つみたてNISA口座を通じて投資をすれば、年間40万円までの投資から得られる収益
に対して、最長20年間非課税となります。

つみたてNISAの対象商品は、手数料が低水準、分配金が頻繁に支払われないなど、
長期・積立・分散投資に適した公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に
限定されており、投資初心者や若年層など、これまで投資にあまり馴染みの
なかった方にも利用しやすい制度となっています。

長期にわたり非課税で運用できる、この「つみたてNISA」を、ご自身の資産形成の
味方につけてはいかがでしょう。

また、制度スタートを目前に当協会では、このつみたてNISAを含む現行のNISA、
ジュニアNISAについて解説したNISA特設ページを協会ウェブサイトで公開の予定
です。



-------------------------------■□■□■------------------------------

  ◆ リーフレット「未来につむぐ 投資信託つみたてBooK」を刊行しました!

当協会では、投資未経験者や投資初心者といったビギナーの方むけに、「積立投資」
の効果や来年スタートする「つみたてNISA」について、ポイントをまとめたリー
フレット「未来につむぐ 投資信託つみたてBooK」を刊行しました。

投資をするうえで知っておくべきリスクの考え方、積立を成功させるポイントで
ある資産や時間の分散、長期投資の効果についてなども初心者向けにわかりやすく
解説しています。

投資信託ガイドなどと7冊1セットで無料で、お送りしています。
是非ご請求ください!

  詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
 https://www.toushin.or.jp/guidebook/



-------------------------------■□■□■------------------------------

 ◆ ウェブコンテンツ「老後にしっかり備える 確定拠出年金の話」
   を公開しました!

当協会ウェブサイトに「老後にしっかり備える 確定拠出年金の話」を公開いた
しました。

内容は企業型・個人型2つの確定拠出年金(DC)について、制度の概要など
基本的な事項の解説と、FP山崎俊輔氏によるDC活用法についてのインタビュー
という構成。

老後は誰にも訪れるもの。
コンテンツをご覧になり、老後の資産形成のための制度であるDCの活用を、
将来へ備える手段の一つに加えてみてはいかがでしょう。

 当協会HP「老後にしっかり備える 確定拠出年金の話」へのリンク
 http://www.toushin.or.jp/dc_contents/



-------------------------------■□■□■------------------------------

  ◆ 日本証券業協会「はじめての資産運用講座」のご案内

日本証券業協会が全国各地で投資未経験者、初心者の方を対象とした
「はじめての資産運用講座」を開催します。

本講座では、資産運用の基礎や金融商品の仕組みに加え、NISAや確定拠出年金の
活用法などについて学ぶことができます。
この機会に、金融や資産運用について日頃の疑問を是非解決してみて下さい!

 現在、以下の日程のセミナーの参加申込を受け付けています。
(締切など随時更新されていますのでご注意ください。)

  1月:仙台市、福島市、福山市、鹿児島市、宇都宮市、倉敷市、奈良市
 2月:横浜市、桑名市、甲府市、名古屋市、
 3月:佐賀市

  申し込み方法等、詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
 http://www.e-104.net/



-------------------------------■□■□■------------------------------
  
 ◆ 投資信託の市場動向(11月中)

■全体の概況

29年11月末の契約型公募証券投資信託の純資産は、前月比1兆1,749億円増加して
108兆9,687億円となった。このうち、株式投信は前月比1兆5,685億円増加(うち、
運用等増6,945億円)して95兆4,126億円、公社債投信は前月比3,935億円減少して
13兆5,561億円であった。
販売態別に残高を見ると、証券会社経由の契約型公募株式投信の残高は、前月比
1兆4,864億円増加して66兆1,220億円、銀行等経由の残高は639億円増加して28兆
4,529億円となった。
契約型私募投資信託の純資産は前月比1兆9,456億円増加して84兆1,313億円と
なった。


■公募証券投資信託の状況

(1)資産動向
                                                         <単位:億円>
                       設定          解約(償還含む)      純資産(前月比)
株式投信                40,639        31,900            954,126 (15,685)
公社債投信              44,401        48,336            135,561 (-3,935)
株式投信+公社債投信    85,040        80,236          1,089,687 (11,749)
(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用等増減が加味
されますので、本表では一致しません。

(2)運用状況
11月中の株式運用について、国内株式は3,250億円の買越し、外国株式は1,180億
円の買越しで11月末の組入株式の時価総額は46兆5,326億円となった。
公社債の運用状況については、国内公社債は609億円の買越し、外国公社債は
779億円の売越しで11月末の組入公社債の時価総額は14兆4,297億円となっている。

(3)主体別残高状況(公募証券投資信託)
                                                        <単位:億円>
                     証券会社      銀行等      投信会社         合計
株式投信               661,220     284,529       8,377     954,126
公社債投信             135,114         444           3     135,561
株式投信+公社債投信   796,334     284,973       8,380   1,089,687
(シェア:%)              (73.1)      (26.2)         (0.8)     (100.0)


■私募投資信託の資産動向
                                                        <単位:億円>
                      設定       解約(償還含む)      純資産計(前月比)
合計(株投+社投)         33,083        13,986            841,313 (19,456)
(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用等増減が加味
されますので、本表では一致しません。


■不動産投信(J-REIT)の資産動向
                                                          <単位:億円>
               29年 10月(前月比)         29年 9月            前年 10月
純資産計         87,795 (242)               87,553              81,423
追加出資額          124                       742                 240
 
  
■マーケット指標(参考)
                    29年  11月末(前月比)    29年 10月末      前年  11月末
日経平均株価(円)   22,724.96 (713.35)        22,011.61         18,308.48
TOPIX(ポイント)     1,792.08 (26.12)          1,765.96          1,469.43
為替(1米$:円)       112.05 (-1.11)            113.16            112.42
東証REIT指数       1,671.62 (42.36)          1,629.26          1,796.89
(ポイント)
                           (349回債)          (348回債)      (345回債)
国債利回り(%)         0.035 (-0.030)            0.065             0.020



■□■-----------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容を一覧表にしています。
<株投単位型> 12月中に設定されるファンド・・・0本
<株投追加型> 設定日が12月中のファンド・・・・52本

  詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
  http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/



■□■-----------------------------------------------------------------

3.カフェコーナー

 ◆ 師走雑感

齢を重ねるごとに喪中はがきの枚数や今後の年賀の挨拶辞退がこころなしか多く
なってきているような気がする今日この頃です。今年も残すところ後わずかと
なりましたので、師走の雑感として、思いつくままに綴ってみました。

〇師走のイメージとして、一定年齢以上の方は、忠臣蔵(12月14日の赤穂浪士に
よる吉良邸討ち入り)を挙げる方が多いと聞きます。寒さが少し緩んだ先日
(16日(土))、「散歩スクール」のメンバー約30名と一緒に、「ビール瓶」
だとか「リモコン」だとか場外(土俵外)乱闘をしている団体に所属する人達が
本来活躍すべき両国国技館前をスタート地点として、本所松坂町の吉良上野介
屋敷跡(現在は「松坂町公園」)から、赤穂浪士四十七士が眠る高輪「泉岳寺」
まで散歩に行ってきました。立春の前日には、恒例となった「山手線一周」の
散歩が予定されています。

〇もりそば、かけそば論議は年を跨ぐこと(年越しそば)になるのでしょうか。
有名な江戸川柳に、「役人の子は、にぎにぎをよく覚え」というのがあります。
今年のはやりでいえば、「役人の子は、忖度(そんたく)をよく覚え」という
ことになるのかもしれません。「忖度まんじゅう」はまだ食べていません。
「インスタ映え」は全く知りません。

〇「ゆるキャラ(R)グランプリ2017」の投票の結果、「証券知識普及プロ
ジェクト」のマスコットキャラクターである「とうしくん」が、企業・その他枠
477キャラクター中、第104位という投票結果であったことが公表されました。
「とうしくん」が104位(とうし)というのは、あまりにも出来すぎているような
気がしないでもないですが、一等賞を取るよりも難関であったと思っています。
 また、金融の関係では、金融やFinTechを学ぶコミュニティ「きんゆう女子」の
メンバー登録数が1,000人を超えたとのこと。乱舞していますね。

〇12月15日に今年の「創作四字熟語」が発表されました。
「世代皇代(世代交代)」をはじめとして、今年は秀作ぞろいだそうですので
ご確認下さい。決して変換ミスではありません。また、今年を表す漢字一文字は
「北」ですが、皆さまはどのような感想をお持ちになったでしょうか。漢字と
いえば、巷で「うんこ漢字ドリル」なるものが好評だと聞きます。

〇トイレの小便器の前に立った時に、「1歩前へ」との掲示(注意書き)を見か
けることがあります。「1年の計は元旦にあり」という言葉を最近あまり聞かれ
なくなりましたが、新しい年を迎えるにあたり、少しでも前向きな気持ちで望み
たいとは思っても、「三日坊主」で終わってしまうような予感がしている年の暮れ
でもあります。

今年も本会メルマガの愛読、誠にありがとうございました。来年も引き続き
よろしくお願い申し上げます。
なお、メルマガに対しますご意見等がございましたならば、どのようなことでも
結構ですので、どしどしお寄せいただければ大変幸甚です。

来年は、明治150年、そして平成30年と節目の年となりますが、皆さまには良い
新年をお迎え下さい。

                            (二十一世紀)



=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「REITガイド」
「なるほど!投資信託説明書ガイド」「知っておきたい投資の基本」
「まるわかり!!運用報告書」をセットにして、無料でお送りしています。


ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、一般社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:一般社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る