バックナンバー

バックナンバー

No.384(2017年10月18日発行)>>【証券知識普及プロジェクト】「証券投資の日」特設サイト・関連イベントのご案内!

●=●==============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン     No.384        2017/10/18
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                      
●=●==============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス 
   ◆ 「投信フォーラム2017 in 下関」開催のお知らせ
   ◆【証券知識普及プロジェクト】
   「証券投資の日」特設サイト・関連イベントのご案内!
   ◆ 「個人投資家のためのJリートフェア2017」開催のお知らせ
   ◆ 日本証券業協会「はじめての資産運用講座」のご案内
  ◆ 投資信託の市場動向(9月中)

2.募集中ファンド

3.カフェコーナー
   ◆ ラテ・ファクター



■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス

 ◆「投信フォーラム2017 in 下関」開催のお知らせ

当協会では、資産運用の有効な手段である投資信託について知識を深めていた
だくため、全国各地で「投信フォーラム」を開催しています。

11月25日(土)は、山口県下関市での開催となります。

構成は、第一部が野菜ソムリエ上級プロとして、地元TVへの出演や新聞、雑誌
へのレシピ提供などでご活躍中の柳井 さつき氏(山口県出身)による講演。

第2部は、FPをコーディネーターに、第1部の柳井さつき氏と運用会社の専門家
2名をパネリストに迎え、NISAや確定拠出年金についての話や、来場希望者から
事前に頂いた質問などを基にパネルディスカッションを行います。

【開催概要】

  主催:投資信託協会  山口新聞社  全国地方新聞社連合会  
  日時:平成29年11月25日(土)  13時30分~16時10分(13時開場)
  会場:下関市民会館

  第1部/特別講演
      演題:「野菜って おもしろい!」
    講師:野菜ソムリエ上級プロ
           柳井 さつき(やない さつき)氏

    第2部/パネルディスカッション
      演題:「どう使う?知って得するNISAと確定拠出年金」

    コーディネーター:ファイナンシャルプランナー
             フィナンシャル・ウィズダム代表
              山崎 俊輔(やまさき しゅんすけ)氏

   パネリスト:第1部ゲスト
             柳井 さつき(やない さつき)氏
         野村アセットマネジメント(株)
           投資信託営業本部 執行役員
             伊藤 勇治(いとう ゆうじ) 氏
         日本ビルファンドマネジメント(株)
           取締役投資本部長
             柴田 守郎(しばた もりお) 氏


  詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
 https://www.toushin.or.jp/seminar/2017/17063/



-------------------------------■□■□■------------------------------

  ◆【証券知識普及プロジェクト】
  「証券投資の日」特設サイト・関連イベントのご案内!

10月も後半に差し掛かりましたが、10(とう)月4(し)日の「証券投資の日」
に関連したイベントは、今後も11月にかけて全国各地で開催予定です!
是非「証券投資の日」特設サイトにアクセスして詳細をチェックしてみてくだ
さい!

また、特設サイトでは、全国各地のイベント情報を確認できるだけでなく、
現在の資産運用に関する意識や知識から、皆さんの未来を診断するコンテンツや、
「投資経験者が投資をはじめたきっかけ」「リアルな投資成功談・失敗談」
などをテーマとした座談会など、盛りだくさんのコンテンツが提供されています!

 詳しくは、下記「証券投資の日」特設サイトをご覧ください。
 http://www.jsda.or.jp/manabu/104/



-------------------------------■□■□■------------------------------

 ◆「個人投資家のためのJリートフェア2017」開催のお知らせ
    
不動産証券化協会(ARES)と東京証券取引所との共同開催で、下記の要領にて
「個人投資家のためのJリートフェア2017」が開催されます。

今年は、開催期間を2日間に拡大し、過去最多の43社(2日間延べ63社)が出展
予定。
Jリートフェアは、リート各社がブースを設けていますので、複数の投資法人の
情報が一度に入手できたり、各リートの担当者と直接対話できる絶好の機会です。

国内最大級のJリートイベントに足を運ばれてはいかがでしょうか!

               記

日 時:2017年10月27日(金)8:45~16:00
        2017年10月28日(土)8:45~16:45
会  場:ベルサール東京日本橋 イベントホール
内 容:Jリート各社による説明会の開催/Jリート各社によるブース展示/
    不動産証券化協会、東京証券取引所によるJリート基礎セミナー
参加費:無料(事前申込制)

 申込方法及びフェアの詳細な内容は、下記不動産証券化協会HPをご覧下さい。
 http://j-reit.jp/fair2017/



-------------------------------■□■□■------------------------------

  ◆ 日本証券業協会「はじめての資産運用講座」のご案内

日本証券業協会が全国各地で投資未経験者、初心者の方を対象とした
「はじめての資産運用講座」を開催します。

本講座では、資産運用の基礎や金融商品の仕組みに加え、NISAや確定拠出年金の
活用法などについて学ぶことができます。
この機会に、金融や資産運用について日頃の疑問を是非解決してみて下さい!

 現在、以下の日程のセミナーの参加申込を受け付けています。
(締切など随時更新されていますのでご注意ください。)

 10月:徳島市、神戸市、福岡市、京都市
 11月:神戸市、京都市、大阪市、盛岡市、福井市、高松市、
     富山市、刈谷市、名古屋市
 12月:福井市、高知市、熊本市、那覇市、富山市、名古屋市、新宿区、宮崎市

  申し込み方法等、詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
 http://www.e-104.net/



-------------------------------■□■□■------------------------------
  
 ◆ 投資信託の市場動向(9月中)

■全体の概況

29年9月末の契約型公募証券投資信託の純資産は、前月比2兆6,001億円増加して
105兆2,320億円となった。このうち、株式投信は前月比2兆5,726億円増加(うち、
運用等増1兆9,844億円)して92兆1,093億円、公社債投信は前月比276億円増加して
13兆1,227億円であった。
販売態別に残高を見ると、証券会社経由の契約型公募株式投信の残高は、前月比
2兆2,520億円増加して62兆9,356億円、銀行等経由の残高は2,905億円増加して
28兆3,869億円となった。
契約型私募投資信託の純資産は前月比1兆5,003億円増加して80兆3,076億円と
なった。


■公募証券投資信託の状況

(1)資産動向
                                                         <単位:億円>
                       設定          解約(償還含む)      純資産(前月比)
株式投信                33,992        28,111            921,093 (25,726)
公社債投信              37,279        37,003            131,227 (276)
株式投信+公社債投信    71,271        65,114          1,052,320 (26,001)
(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用等増減が加味
されますので、本表では一致しません。

(2)運用状況
9月中の株式運用について、国内株式は2,693億円の売越し、外国株式は928億円
の買越しで9月末の組入株式の時価総額は43兆337億円となった。
公社債の運用状況については、国内公社債は45億円の売越し、外国公社債は
582億円の売越しで9月末の組入公社債の時価総額は14兆7,646億円となっている。

(3)主体別残高状況(公募証券投資信託)
                                                        <単位:億円>
                     証券会社      銀行等      投信会社         合計
株式投信               629,356     283,869       7,871     921,095
公社債投信             130,783         441           3     131,227
株式投信+公社債投信   760,138     284,310       7,874   1,052,322
(シェア:%)              (72.2)      (27.0)       (0.7)     (100.0)


■私募投資信託の資産動向
                                                        <単位:億円>
                      設定       解約(償還含む)      純資産計(前月比)
合計(株投+社投)         28,682        16,373            803,076 (15,003)
(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用等増減が加味
されますので、本表では一致しません。


■不動産投信(J-REIT)の資産動向
                                                          <単位:億円>
                 29年 8月(前月比)         29年 7月            前年 8月
純資産計         86,991 (533)               86,459              79,425
追加出資額          326                        177                 443
 
  
■マーケット指標(参考)
                     29年  9月末(前月比)    29年 8月末      前年  9月末
日経平均株価(円)   20,356.28 (710.04)        19,646.24         16,449.84
TOPIX(ポイント)     1,674.75 (57.34)          1,617.41          1,322.78
為替(1米$:円)       112.73 (2.31)             110.42            101.12
東証REIT指数       1,653.72 (-30.07)         1,683.79          1,825.53
(ポイント)
                            (348回債)          (348回債)      (344回債)
国債利回り(%)         0.060 (0.050)             0.010            -0.085



■□■-----------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容を一覧表にしています。
<株投単位型> 10月中に設定されるファンド・・・0本
<株投追加型> 設定日が10月中のファンド・・・・32本

  詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
  http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/



■□■-----------------------------------------------------------------

3.カフェコーナー

 ◆ ラテ・ファクター

「ラテ・ファクター」。SNSで流れてきた記事の中に、この言葉を見つけました。
カフェラテのような小さい日々の出費も、積もり積もればたいそうな金額になる。
すなわち、こうした日々の習慣を見直すことで、長期で見るとかなりの額を貯め
たりすることができる、ということのようです。
その時は「ふんふん、なるほど」で終わったのですが、程なく同じような内容の
話を聞く機会を得ました。

現在当協会で制作しているウェブコンテンツの関係で行った、FPの方へのインタ
ビュー中の話なのですが、「つみたてNISAなど新たな制度はできても、なかなか
投資にまわすお金がない」という声に対する一つの考え方として、「毎月かかる
通信費やいつの間にか通わなくなった習い事の月謝など、周りを見れば割と気づ
いてない無駄な出費の見直しってできるんじゃないか?」という内容を話されて
いました。

インタビューでは続けて、「私たちは、放っておくと気づかないうちに良いもの
を買ったり食べたりして出費が膨らむ傾向にある。だから定期的に立ち止まって
出費を締める癖をつけた方がよい」というような話もありました。

厳密には違うでしょうが、お金の置き場所を変えたり、膨らんだ使い道を適宜
見直したりとリバランスやリアロケーションに通じるなとも感じました。

とにかく「お金」を見直すという話ではあったものの、生活と切り離せない
お金を定期的に見直すという習慣をつけることは、言い換えれば生活全体を
見直すに等しいことなのではないかと、自分の通帳に記帳された謎の引き落とし
を見つめながら強く思ったのです。
投資の話に限らず、物事の本質というのは全て同じようなことなのかもしれません。

なお、制作中のコンテンツは10月下旬公開の予定ですので、もう少しお待ちいた
だければと思います。

                              (S.I)



=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「REITガイド」
「なるほど!投資信託説明書ガイド」「知っておきたい投資の基本」
「まるわかり!!運用報告書」をセットにして、無料でお送りしています。


ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、一般社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:一般社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る