バックナンバー

バックナンバー

No.369(2017年3月1日発行)>> 不動産投資信託(REIT)のNAV倍率って?

●=●==============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン     No.369        2017/3/1
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                                                        
●=●==============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス

  ◆ 投信総合検索ライブラリーに新機能を追加しました!(積立投資リターン
   計算機能)
 ◆ 「投資信託に関するアンケート調査結果-2016年 サマリー」【英語版】を
   公表しました
  ◆ 日本証券業協会「はじめての資産運用講座」開催のご案内(全国)

2.募集中ファンド

3.投資信託に関するQ&A集‐256‐
 ◆ 不動産投資信託(REIT)のNAV倍率って?

4.その他
   投資信託概況の発表日

5.カフェコーナー
  ◆ AI



■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス

  ◆ 投信総合検索ライブラリーに新機能を追加しました!(積立投資リターン
   計算機能)

当協会はホームページ上で、公募投信の基準価額や交付目論見書、手数料等を
検索・閲覧することができる「投信総合検索ライブラリー」を提供しています。

先月末、このライブラリーに積立投資のリターン計算機能を追加しました。

投信購入の際は、過去の運用成績を確認することが重要です。
気になるファンドがあれば、運用報告書などとあわせて過去の運用成績をもとに
したシミュレーションを行ってみてはいかがでしょう。
金額や期間を任意で設定できますので、いろいろ試して積立投資の効用をイメージ
してみて下さい!

使い方の手順
・ファンドを検索します。
・目的のファンドが決まったら、ファンド名を押すと詳細な情報が表示されます。
・ファンド名の上の方にタブがあります。「銘柄情報」、「騰落率(分配金込)
計算」と並び3番目に「積立投資計算」タブがあるのでそれを選択します。

・次に計算条件が出ますので以下の各条件を設定します。
 条件:毎月の積立投資額、初期投資額、積立開始月、分配金(再投資の有無)

・条件を設定したら「計算する」ボタンを押すと結果が表示されます。


 投信総合検索ライブラリーはこちらから
 http://tskl.toushin.or.jp/FdsWeb/view/FDST000000.seam



-------------------------------■□■□■------------------------------

 ◆ 「投資信託に関するアンケート調査結果-2016年 サマリー」【英語版】を
   公表しました

投資信託協会では、毎年、投資信託に関するアンケート調査を実施しており、
ホームページ上で公表していますが、この度、2016年版アンケートサマリーの
【英語版】を公表しました。

 詳しくは、下記リンクからご覧ください。

 アンケートサマリー【英語版】
 http://www.toushin.or.jp/english/16058/

 
 参考:投資信託に関するアンケート調査報告書-2016年(平成28年)【日本語版】
 http://www.toushin.or.jp/statistics/report/research2016/



-------------------------------■□■□■------------------------------

  ◆ 日本証券業協会「はじめての資産運用講座」開催のご案内(全国)

日本証券業協会では、投資初心者や未経験者を対象とした「はじめての資産
運用講座」を全国各都市で開催しています。

内容は、基礎編・実践編からなり、それぞれ

【基礎編】
ライフプラン・マネープランの必要性、リスクとリターン、分散投資・長期
投資(リスクの抑え方)など
【実践編】
株式・債券・投資信託の商品性とは、NISA・確定拠出年金等の活用 など

となっています。

現在、和歌山、札幌会場の参加申込が行われています。

 詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
 http://www.e-104.net/



■□■-----------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型> 3月中に設定されるファンド・・・4本
<株投追加型> 設定日が3月中のファンド・・・30本

  詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
  http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/



■□■-----------------------------------------------------------------

3.投資信託に関するQ&A集‐256‐

 ◆ 不動産投資信託(REIT)のNAV倍率って?

不動産投資信託(REIT)の情報を見る際、「NAV」という表記を目にします。
NAVは「Net Asset Value」の略であり、保有する不動産などの資産から借入金
などの負債を引いた投資法人の純資産額を指します。

ではこのNAVですが、指標としてどのように使われているのでしょう?
まず、投資法人の純資産額であるNAVを発行済投資口数で割ると、「一口当たり
NAV」が求められます。これは、理論的に投資家が保有する一口当たりの正味の
資産価値とも言えるでしょう。
その一口当たりの資産価値と現在の投資口価格とを比較して、現在の投資口
価格が割安なのか割高なのかを判断します。
これはNAV倍率という数値で示され、以下の式で求められます。

NAV倍率=現在の投資口価格÷一口当たりNAV

現在の投資口価格と一口当たりNAVが全く同じ価値であれば1になります。1倍
以下の場合は、その投資法人の資産価値を投資口価格が下回っていると判断さ
れるので、一般的には割安と考えられます。反対に高い数値となれば割高と
されます。

このようにNAV倍率は、不動産投資信託(REIT)に投資する際の指標の一つとして
利用されていますので覚えておくと良いかもしれません。ただし、投資を行な
う際は、NAV倍率だけでなく複数の投資尺度で検証し総合的な判断を行うことが
大切です。



■□■-----------------------------------------------------------------

4. その他

  ◆ 投資信託概況の発表日

当協会では、毎月1回、前月末の純資産等の統計を発表しております。
2月分の発表日は3月13日(月)を予定しております。なお、ホームページへの
記事掲載は同日16時00分頃の予定です。



■□■-----------------------------------------------------------------

5.カフェコーナー

 ◆ AI

夕食を迎える直前、ご飯が炊けてないことがわかったため急いで米を研いでい
ると炊飯器に「AI機能」の文字が。
そういえば大学時代、院生の方から「AIって知ってるか?」と聞かれ、とっさに
「Artificial・・・ Intelligence」ですか?とあてずっぽうで答えたところ
「お前、よう知っとるな!」と褒められたのが20年前。

「AI(人工知能)」、ここへきて盛り上がりを見せています。
ビッグデータの普及や、コンピューターが自ら学習を重ねていくディープラー
ニングという技術の進展などを背景として、2010年頃から現在のブームが来て
いるそうで、この「AI」の文字を目にする機会も増えてきました。

もちろん運用の世界でもロボアドや対象銘柄としてAI関連の企業へ投資する
テーマ型ファンドなどありますから仕事上も関心は深いものです。
先日はアメリカで、トランプ大統領のツイート内容をAIで解析して投資を行う
というプログラムが話題となっていました。これを聞いて、データ解析といっ
ても、数値だけでなく文章・文脈の解析も可能な時代なのだと驚くばかりです。
ニュースのメインテーマがAIというのではなく、ニュースの一要素として
AIが顔を出すあたり、我々の生活に根差してきたのだなと感じます。

AIとよくセットで出てくるのが「シンギュラリティ」という言葉。人工知能が
我々人間を超える分岐点のことを指すことのようです。
一説には2045年に訪れると言われているそのシンギュラリティに対し、人類は
どう対処すべきかなどの関連記事を目にすると、さながらSFの世界がそこまで
来ているようで怖い気もします。

ですが、これまで進歩を重ねるのと同じくして環境問題や様々な社会問題を
引き起こしてきた人類もここへきて、進んだ先に起こりうる問題について予め
知恵をこらしながら迎えようとする姿に人間らしさを垣間見ることができます。
また、先程のトランプ大統領のツイート解析プログラムで得た収益は全額動物
愛護協会へ寄付されることになっているなど、人間は過去に学び、優しいもの
だなと少し安心するわけです。

炊飯器の話に戻りますと、急ぐあまり私は水加減を大きく間違え、炊き上がっ
た米の芯がかなり残っていました。その場合、現時点でのAI機能ではどうしよ
うもありませんが、人間の私は内心「やばい・・・」そう思った後、
「ヤバイ!今日の米は踊ってる。なんか歯ごたえがある!」といつも出さない
大きな声を出し、勢いで食卓に持っていって対処することができます。

、、、2045年を待たずとも、AIは私より良い回答を出しそうな気がします。
                                                    (S.I)



=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「REITガイド」
「なるほど!投資信託説明書ガイド」「知っておきたい投資の基本」
をセットにして、無料でお送りしています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、一般社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:一般社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る