バックナンバー

バックナンバー

No.355(2016年8月3日発行)>>確定拠出年金の制度改正で何が変わる?-2- 主な改正内容

●=●==============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン     No.355        2016/8/3
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                                                        
●=●==============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス

  ◆ 確定拠出年金普及・推進協議会
    「個人型確定拠出年金制度愛称募集キャンペーン」のお知らせ
  ◆ 「とうしくん」がゆるキャラ(R)グランプリ2016にエントリーしました!

2.募集中ファンド

3.投資信託に関するQ&A集‐250‐
 ◆ 確定拠出年金の制度改正で何が変わる?-2- 主な改正内容

4.その他
   投資信託概況の発表日

5.カフェコーナー
  ◆ 忘れ物



■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス

  ◆ 確定拠出年金普及・推進協議会
    「個人型確定拠出年金制度愛称募集キャンペーン」のお知らせ

来年以降、加入者範囲の拡大など新しい制度のもとで運営される個人型確定
拠出年金制度(個人型DC制度)に親しみをもてるよう「愛称」の募集が行わ
れています。(募集期間 平成28年8月1日(月)~21日(日))

今回の募集により選定された「愛称」は、行政、確定拠出年金普及・推進協議
会※の会員団体・運営管理機関等の各社のホームページ、広報・啓発ポスター
など幅広く活用されます。 

 応募方法や審査発表など詳しくは下記のアドレスをご覧下さい。
 http://www.dcfukyu.jp/

※確定拠出年金普及・推進協議会とは、個人型DC制度の普及・推進にあたり、
実施主体者である国民年金基金連合会と制度の担い手である金融機関が連携し、
制度改正の円滑な実施のための広報啓発および事務改善の推進を目的に設置さ
れた団体で、本協会もこれに参加しています。



-------------------------------■□■□■------------------------------

  ◆ 「とうしくん」がゆるキャラ(R)グランプリ2016にエントリーしました!

証券知識普及プロジェクトは、マスコットキャラクター「とうしくん」を
「ゆるキャラRグランプ2016」にエントリーしました。

「とうしくん」は10月4日の「投資の日」を中心に全国各地で皆様が楽しく
NISAや金融リテラシーを学ぶ支援をしております。
是非、暖かい目でご支援、ご投票くださいますようお願い申し上げます。

   詳細は、下記とうしくん「ゆるキャラRグランプリ2016」エントリー応援
  ページをご覧下さい。
  http://www.jsda.or.jp/manabu/yuru/ 



■□■-----------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型> 8月中に設定されるファンド・・・5本
<株投追加型> 設定日が8月中のファンド・・・ 17本

  詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
  http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/



■□■-----------------------------------------------------------------

3.投資信託に関するQ&A集‐250‐

 ◆ 確定拠出年金の制度改正で何が変わる?-2- 主な改正内容

本年5月、「確定拠出年金法等の一部を改正する法律」が可決・成立されたこと
を受け、来年1月1日以降、確定拠出年金制度が変わります。
(改正内容によっては施行日がこれと前後します。)

前回(メールマガジンNo.353)は、変更点のうち、個人型確定拠出年金の加入
対象者の拡大について触れました。この他にも今回の法改正ではDC制度の普及・
拡大のために様々な措置が講じられることとなっています。

主なものとして・・・

● DC設立時の手続きを簡素化して中小企業がDCを導入しやすくする「簡易型DC
   制度」の導入など企業年金の普及・拡大のための措置。

● DCから確定給付企業年金への移換を可能とするなどポータビリティ(年金
   資産の持ち運び)の拡充。

● 継続的な投資教育の努力義務化(現行は配慮義務)や運用商品の提供数を
   抑制するなど、DC利用者の商品選択に資するための措置。

このように今回の法改正では、制度利用の促進と加入者の商品選択に資する施策、
その両面から充実が図られています。
現役世代ほぼ全員が利用できる制度になったということも併せて、今後活発な
DC制度の利用が期待されます。



■□■-----------------------------------------------------------------

4. その他

  ◆ 投資信託概況の発表日

当協会では、毎月1回、前月末の純資産等の統計を発表しております。
7月分の発表日は8月12日(金)を予定しております。なお、ホームページへの
記事掲載は同日16時00分頃の予定です。



■□■-----------------------------------------------------------------

5.カフェコーナー

 ◆ 忘れ物

先日、子どもの作文を指導してくれるという教室の案内があったので申込んで
みました。毎年、読書感想文に悩まされている娘も「これで宿題一気に終わっ
ちゃうよ」の一言で快諾。

日曜の開催ということで、私一人で小学3年の長女と2歳になる娘を連れ電車で
一路会場へ。休日といえども、利用する電車は東京スカイツリーへ直結してい
るためなかなかの混雑。

そんな中、小さい子供2人を連れた私を見かねたのか、一人の男性が席を譲って
くれました。最初は固辞したのですが、混雑する車内ではそうした遠慮もある
意味迷惑だと思い、言葉に甘えて子供たち2人をそこへ座らせました。

私は背負っていたリュックを網棚に置き、小さな娘たちと会話するため移動中
ずっと屈んでいました。傍からは楽しそうに会話をしているよう見えたでしょう
が、私としては慣れない電車での引率、特に下の娘が座席にのぼったり、大きな
声を出したり、ぐずったりしないか内心不安だらけ。

到着駅が近づいたアナウンスを聞いた時の安堵感はなんとも言えませんでした。
「よし!着いたぞ!」と上の娘に起立を促し、下の娘を静かにしてくれたご褒
美にとばかりに肩車して電車を後にしました。

網棚に置いたリュックに気づいたのは「会場へはもうしばらく歩くから頑張ろ
う!」と声をあげた瞬間でした。そこからは駅事務室へ。

うなだれる私を見て、「パパはママに怒られる?」と娘たちは何やらニヤニヤ。
リュックには現金も、家の鍵も、保険証も、免許証も大事なもの全てとは言いすぎ
ですが、ほとんど入っていたので、私のうなだれ方は相当なものだったと思います。

面白がる娘たちに、「ママが家の鍵持たずに出たから俺たち家入れない!どう
しよう?」と伝えると、「なんでパパだけが鍵持ってるのよ!信じられない!」
と一気に顔色が変わりました。

それを見て、こういう場面こそ人の品格が問われるのだと自分に言い聞かせ、
うなだれるのを止め、駅員の方にも「○時に着いたどこどこ行きの何両目の
網棚に載せました。」、「はい、進行方向からすると右側の棚です。間違い
ありません」などと気丈に振る舞ってみせたのです。

でも上手くいったと思っていたのは自分だけだったようで、娘から「あれ?
パパの目から涙が!」と指摘されてしまいました。

結局、先の駅で忘れ物として届けられており、無事全て受け取ることができ
ましたが、まさか駅事務室で分散しておくことの大切さを身に染みて思うな
んて。

                              (S.I)



=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「REITガイド」
「なるほど!投資信託説明書ガイド」「知っておきたい投資の基本」をセットにして、
無料でお送りしています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、一般社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:一般社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る