バックナンバー

バックナンバー

No.351(2016年6月1日発行)>>ハイブリッド証券って?

●=●==============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン     No.351        2016/6/1
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                                                        
●=●==============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス

  ◆「投信フォーラム 2016 in 福島」開催のお知らせ
  ◆「NISA口座 開設・利用状況調査(投信直販分)」公表のお知らせ
  ◆ 金融庁「NISA特設ウェブサイト」開設のご案内

2.募集中ファンド

3.投資信託に関するQ&A集‐248‐
 ◆ ハイブリッド証券って?

4.その他
   投資信託概況の発表日

5.カフェコーナー
  ◆ 笑点



■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス

  ◆「投信フォーラム 2016 in 福島」開催のお知らせ

当協会では、資産運用の有効な手段である投資信託について知識を深めていた
だくため、「投信フォーラム」を全国各地で開催しています。

6月18日(土)の福島開催は、地元出身の料理家で雑誌、テレビ出演のほか
「あったか ふくしま観光交流大使」としてもご活躍の「本田 よう一(ほんだ
よういち)氏」を第1部の特別講演に迎え、ご講演いただく予定です。

第2部では、「どう使う?知って得するNISA講座」と題し、FPをコーディネーター
に、第1部特別講演講師と運用会社の専門家2名をパネリストに迎えて、皆様の
NISAや投資に関する疑問、質問にお答えするパネルディスカッションを行います。


【投信フォーラム2016 in 福島】

  主催:投資信託協会  福島民報社 福島民友新聞社  全国地方新聞社連合会  
  日時:平成28年6月18日(土)  13時30分~16時10分(13時開場)
  会場:民報ビル 3階ホール

  第1部/特別講演
      演題:「料理が好きになると、福島が好きになると」
    講師:料理家
      本田 よう一(ほんだ よういち)氏

    第2部/パネルディスカッション
      演題:「どう使う?知って得するNISA講座」

    コーディネーター:FPアソシエイツ&コンサルティング株式会社
                        代表取締役/ファイナンシャルプランナー
                神戸 孝(かんべ たかし)氏

   パネリスト:料理家       本田 よう一(ほんだ よういち)氏
         大和証券投資信託委託(株)
           ファンド・プロモーション部 チーフ・プレゼンター
                加藤 悦子(かとう えつこ)氏
         東急不動産コンフォリア投信(株)
           財務部長  吉川 健太郎(よしかわ けんたろう)氏


  詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
 http://www.toushin.or.jp/seminar/2016/14717/



-------------------------------■□■□■------------------------------

  ◆「NISA口座 開設・利用状況調査(投信直販分)」公表のお知らせ

当協会では、投資信託の運用会社のうち、投資家に直接、自社の投資信託を
販売している会員会社(直販会社)におけるNISAの取扱い状況を調査しました。

今般、平成27年末の調査結果を取りまとめ、当協会ホームページに公表してお
ります。

  詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
 http://www.toushin.or.jp/statistics/report/nisa/



-------------------------------■□■□■------------------------------

  ◆ 金融庁「NISA特設ウェブページ」開設のご案内

金融庁は5月30日より「NISA特設ウェブページ」を公開しています。

内容は、NISAやジュニアNISAについての制度解説、よくある質問(Q&A集)、関連
公表データなどの他、毎月の積立額や積立期間を設定して資産運用のシミュレー
ションができるサービスなども提供されています。


  詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
  http://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/index.html



■□■-----------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型> 6月中に設定されるファンド・・・6本
<株投追加型> 設定日が6月中のファンド・・・ 18本

  詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
  http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/



■□■-----------------------------------------------------------------

3.投資信託に関するQ&A集‐248‐

 ◆ ハイブリッド証券って?

ここ数年、名称の一部に「ハイブリッド証券」とついたファンドが数多く設定
されています。この「ハイブリッド証券」ですが、いったいどのような商品の
ことなのでしょう。

一般的に、債券と株式の中間的な性質を持つ有価証券をハイブリッド証券と
呼んでおり、具体的には、劣後債や優先証券などが挙げられます。

例えば、劣後債は、普通社債などと比べて法的な弁済順位が低い債券です。
また、償還期限が長い(もしくは永久)ことから一定の資本性が認められる場合
もあり、発行する企業からすれば株式に近いような特徴を持っているとも言え
ます。劣後債の場合、弁済順位が低いこと以外にも、発行体の経営が悪化
した時には利払いが繰り延べになる可能性があるなどのリスクもありますが、
その分利回りは普通社債に比べ高い傾向にあります。

概ねハイブリッド証券と呼ばれる商品の期待収益は普通社債よりも高く、普通
株式よりも低いというイメージですが、商品にはそれぞれ特徴があり、固有の
リスクを含んでいますので、どのような理由で利回りが高いのか、どのような
時に価格が下落するのかということを投資信託説明書(交付目論見書)で確認
しておくことが重要です。(主には「ファンドの目的・特色」、「投資リスク」
で確認できます。)

ファンド名称の一部に「ハイブリッド証券」を含む運用中のファンドは、投信
総合検索ライブラリーで検索すると5月末時点で130本程になります。
ライブラリーでは交付目論見書も閲覧できますので、ご参考下さい。 



■□■-----------------------------------------------------------------

4. その他

  ◆ 投資信託概況の発表日

当協会では、毎月1回、前月末の純資産等の統計を発表しております。
5月分の発表日は6月13日(月)を予定しております。なお、ホームページへの
記事掲載は同日16時00分頃の予定です。



■□■-----------------------------------------------------------------

5.カフェコーナー

 ◆ 笑点

テレビ番組の「笑点」は放送開始51年目に入った。放送開始とともに出演して
いた歌丸さんが5月22日の大喜利の司会をもって卒業した。22日は大相撲夏場所の
千秋楽でもあった。「笑点に協力的な大相撲」との時事川柳が。

少し解説を加えると、大相撲夏場所で白鵬の優勝が決まったのは、千秋楽を待た
ず14日目(21日)。千秋楽には、同じ時間帯に放映される「笑点」スペシャルを
多くの人が見るだろうから、14日目に優勝を決めて、視聴率を譲ってあげようと
配慮したのだろうということ。あくまでの時事川柳ですから誤解のないように。

因みに、22日放映の「笑点」の視聴率は、16日から22日までの期間でトップの
27%。大相撲14日目の視聴率は12位(16%)だったのに、千秋楽の視聴率は20位
以内に入っていません。相撲ファンは座布団をとばす代わりに、「笑点」での
座布団のやりとりを楽しんだ、との新聞記事も目にしました。

「笑点」と大相撲との関連で、もう一つ。歌丸さんに変わって新しい司会者に
決まったのが昇太さん。この昇太さんの落語ネタに、柔道と相撲を話題にした
ものがあります。日本のお家芸である柔道の選手は、金メダルが取れなかった
だけで、「金メダルが取れなくて申し訳ありません。日本には恥ずかしくて帰れ
ません。」と消沈して言っているのに対し、お家芸以上の国技である相撲の世界
で、日本人力士から、「今場所も優勝できなくてすいません。」という言葉は
聞かれないというもの。丸坊主になるわけにもいかないでしょうしね。こちらは
あくまでも落語ネタです。

今年もはや水無月になりました。「笑点」の大喜利は、5月29日から、昇太さんに
よる司会と新メンバー(三平さん)が加入。今年の大相撲はまだ3場所あります。
8月5日からはリオデジャネイロオリンピックが開催されます。昇太さんが噛ま
ないで司会を果たすことを。また、日本人力士の奮起とオリンピック日本選手団の
2020年東京開催に繋がる活躍を期待していきましょう。

                              (藤棚)



=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「REITガイド」
「なるほど!投資信託説明書ガイド」をセットにして、無料で
お送りしています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、一般社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:一般社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る