バックナンバー

バックナンバー

No.350(2016年5月18日発行)>>「投信フォーラム 2016 in 福島」開催のお知らせ

●=●==============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン     No.350        2016/5/18
                                   発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                      
●=●==============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1.トピックス
   ◆「投信フォーラム 2016 in 福島」開催のお知らせ
   ◆ 日本証券業協会 動画のご紹介
      「貝社員の投資TO THE FUTURE ~未来からアサリがやってくる!?~」
  ◆「不動産投信NEWS」5月号の公表 
  ◆ 投資信託の市場動向(4月中)

2.募集中ファンド

3.カフェコーナー
   ◆ お食事券



■□■□■-------------------------------------------------------------

1.トピックス

 
   ◆「投信フォーラム 2016 in 福島」開催のお知らせ

当協会では、資産運用の有効な手段である投資信託について知識を深めていた
だくため、「投信フォーラム」を全国各地で開催しています。

昨年度に引き続き本年度も全国6か所で開催の予定です。
開催地は福島(6月)、三重(10月)、岡山(11月)、栃木(11月)、大分(2017年1月)、
京都(2017年2月)の予定となっておりますので、近くにお住いの方は是非ご参加
下さい!
なお、当協会が過去に行ったフォーラムの模様は、「過去のセミナー情報ページ」
に掲載しておりますのでご覧下さい。

本年第1回目となる6月18日(土)の福島開催は、地元出身の料理家で雑誌、テレビ
出演のほか「あったか ふくしま観光交流大使」としても活動中の本田 よう一
(ほんだ よういち)氏を第1部の特別講演に迎え、ご講演いただく予定です。

第2部では、「どう使う?知って得するNISA講座」と題し、FPをコーディネーター
に、第1部特別講演講師と運用会社の専門家2名をパネリストに迎えて、皆様の
NISAや投資に関する疑問、質問にお答えするパネルディスカッションを行います。


【投信フォーラム2016 in 福島】

  主催:投資信託協会  福島民報社 福島民友新聞社  全国地方新聞社連合会  
  日時:平成28年6月18日(土)  13時30分~16時10分(13時開場)
  会場:民報ビル 3階ホール

  第1部/特別講演
      演題:「料理が好きになると、福島が好きになると」
    講師:料理家
      本田 よう一(ほんだ よういち)氏

    第2部/パネルディスカッション
      演題:「どう使う?知って得するNISA講座」

    コーディネーター:FPアソシエイツ&コンサルティング株式会社
                        代表取締役/ファイナンシャルプランナー
                神戸 孝(かんべ たかし)氏

   パネリスト:料理家       本田 よう一(ほんだ よういち)氏
         大和証券投資信託委託(株)
           ファンド・プロモーション部 チーフ・プレゼンター
                加藤 悦子(かとう えつこ)氏
         東急不動産コンフォリア投信(株)
           財務部長  吉川 健太郎(よしかわ けんたろう)氏


  詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
 http://www.toushin.or.jp/seminar/2016/14717/



-------------------------------■□■□■------------------------------

   ◆ 日本証券業協会 動画のご紹介
   「貝社員の投資TO THE FUTURE ~未来からアサリがやってくる!?~」

日本証券業協会では動画「貝社員の投資TO THE FUTURE ~未来からアサリが
やってくる!?~」を公開中です。
映画館「TOHOシネマズ」で、映画の前に上映されるショートストーリーに出演
している「貝社員」が登場するアニメーションで、ドル・コスト平均法や少額
投資、積立投資などがわかりやすく説明されています。(全4シリーズ)

1シリーズ3分程度の動画となっており、スマートフォンからも視聴可能です。
通勤時間や休憩時間等を利用して、お気軽にご覧ください。

 詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。(日本証券業協会へのリンク)
 http://fofa.jp/jsda/c.p?32crlJp1vWs



-------------------------------■□■□■------------------------------
 
   ◆ 「不動産投信NEWS」5月号の公表

不動産投信に係る主な動きなどをとりまとめた「不動産投信NEWS」5月号を
公表しました。

  詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
  http://www.toushin.or.jp/reit/newsetc/fudousannews/



-------------------------------■□■□■------------------------------
  
  ◆ 投資信託の市場動向(4月中)


■全体の概況

28年4月末の契約型公募証券投資信託の純資産は、前月比1兆6,971億円減少して
90兆7,314億円となった。このうち、株式投信は前月比1兆1,835億円減少(うち、
運用等減8,240億円)して77兆3,875億円、MMFを含む公社債投信は前月比5,137億
円減少して13兆3,439億円であった。
販売態別に残高を見ると、証券会社経由の契約型公募株式投信の残高は、前月比
8,372億円減少して48兆4,036億円、銀行等経由の残高は3,493億円減少して28兆
3,817億円となった。
契約型私募投資信託の純資産は前月比3,939億円増加して64兆16億円となった。


■公募証券投資信託の状況

(1)資産動向
                                                         <単位:億円>
                       設定          解約(償還含む)      純資産(前月比)
株式投信            21,772         25,367             773,875(-11,835)
公社債投信          26,988         32,124             133,439(-5,137)
内、MMF                  61          2,012              10,811(-1,951)
株式投信+公社債投信  48,760         57,491             907,314(-16,971)
(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用等増減が加味
されますので、本表では一致しません。
(注3)公社債投信にはMMFを含みます。

(2)運用状況
4月中の株式運用について、国内株式は33億円の買越し、外国株式は386億円の
買越しで4月末の組入株式の時価総額は27兆1,110億円となった。
公社債の運用状況については、国内公社債は4,644億円の売越し、外国公社債は
537億円の買越しで4月末の組入公社債の時価総額は16兆1,698億円となっている。

(3)主体別残高状況(公募証券投資信託)
                                                        <単位:億円>
                     証券会社      銀行等      投信会社         合計
株式投信             484,036     283,817       6,022        773,875
公社債投信           130,551       2,884           4        133,439
内、MMF                8,545       2,266           0         10,811
株式投信+公社債投信 614,587     286,701       6,026        907,314
(シェア:%)             (67.7)     (31.6)       (0.7)       (100.0)
(注1)公社債投信にはMMFを含みます。  


■私募投資信託の資産動向
                                                        <単位:億円>
                      設定       解約(償還含む)      純資産計(前月比)
合計(株投+社投)      27,387       24,086                640,016(3,939)
(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用等増減が加味
されますので、本表では一致しません。


■不動産投信(J-REIT)の資産動向
                                                          <単位:億円>
                 28年 3月(前月比)         28年  2月            前年 3月
純資産計           76,302 (1,134)            75,168             68,286
追加出資額            939                     1,601                503
 
  
■マーケット指標(参考)
                     28年  4月末(前月比)    28年 3月末      前年  4月末
日経平均株価(円)      16,666.05 (-92.62)     16,758.67        19,520.01
TOPIX(ポイント)        1,340.55 (-6.65)       1,347.20         1,592.79
為替(1米$:円)          109.75 (-2.93)         112.68           119.00
東証REIT指数          1,924.44 (28.04)       1,896.40         1,876.33
(ポイント)
                           (342回債)          (342回債)      (338回債)
国債利回り(%)          -0.085 (-0.035)          -0.050          0.340



■□■-----------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

新規設定ファンドの手数料等の内容が一覧表になっています。
<株投単位型> 5月中に設定されるファンド・・・4本
<株投追加型> 設定日が5月中のファンド・・・・26本

  詳しくは、下記アドレスをご覧下さい。
  http://www.toushin.or.jp/search/newfunds/



■□■-----------------------------------------------------------------

3.カフェコーナー

 ◆ お食事券

先日、既に公務員を卒業されている方と酒を飲みながら懇談した際、その方
曰く、『現役時代、出張に出る機会が多かったので、よく地方都市のビジネス
ホテルに泊まった。チェックインした際にフロントで渡される翌朝の食事券に
ついて、「ちょうしょくけん(朝食券)です。」と言われて渡された時には、
特に違和感は感じなかったが、「おしょくじけん(お食事券)です。」と言わ
れて渡された時は、「汚職事件です。」と言われているようで何となく嫌だ
った。』と。

最近、「おかんメール」といった、可笑しな「誤変換」をまとめた本が本屋の
店頭に並んでいるのを手に取って立ち読みして、ついつい笑ってしまっている
自分に気づくのですが、自分の作った文章上の誤変換について、他人から指摘を
受けるまで気が付かないことが多々あることを思うと、笑ってばかりはいられ
ないなと反省してしまいます。

5月11日、国際通貨基金が公表した世界の汚職に関する報告書(新聞記事です
が)によれば、賄賂による損失は、世界の国内総生産(GDP)の約2%にあたる
約160兆から220兆円にのぼるそうです。同報告書では、汚職は、経済成長の阻害
要因になるとか、納税意欲の減退(徴税力の低下)に繋がるなどの指摘も行われ
ているとのことです。冒頭の某氏のように、日頃から、お食事券と言われて「汚
職事件」に繋げてしまうような小心な感覚さえ持っていれば、汚職撲滅とはいか
ないまでも多額にのぼることはないのではと感じますが、これは、あくまでも
日本の場合であって、諸外国では、間違っても、お食事券=汚職事件ではないと
思います。

最後に、5月の連休を利用して、上方落語界をリードしている落語家の独演会を
聞きに演芸場まで足を延ばしたところ、開口一番、「関東では、自分の別荘に
行くのに、自家用車を使わないで、公用車が自宅まで迎えきてくれるそうです
ね。」というマクラで笑いをつかんでいました。

                                             (二十一世紀)


=======================================================================

■投資信託協会では、「投資信託ガイド」「REITガイド」
「なるほど!投資信託説明書ガイド」 「知っておきたい!投資の基本」を
セットにして、無料でお送りしています。

ご希望の方は、ホームページよりご請求ください(各一冊無料)。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/guidebook/

=======================================================================

■投資信託協会では、講師派遣を実施しております。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

      アドレスはこちら
      http://www.toushin.or.jp/lecture/

=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。

      メールマガジンの入退会はこちらから
      http://www.toushin.or.jp/mailmag/

■投信協会メールマガジンは等幅フォント(MSゴシック等)で最適となるよう成
  形されています。

■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想はこちらから
      https://www.toushin.or.jp/forms/kouhou/inquire/

=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、一般社団法人 投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可
  なく複製再配信等を行うことはできません。投資等のご判断はご自身の自己
  責任においてなされますようお願いいたします。
  
       ------------------------------------------

  編集・発行:一般社団法人 投資信託協会  企画政策部 広報室

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===

バックナンバー一覧へ戻る