バックナンバー

バックナンバー

No.35 (2003年4月16日発行) >>信託財産留保額とは何ですか


●=●=============================================================●=●
                                                                       
         投信協会メールマガジン    No. 35        2003/4/16
                                発行:毎月第1・第3水曜日
                                                                       
●=●=============================================================●=●

●--●  CONTENTS  ●--●

1. トピックス
    ◆ 投資信託の市場動向(3月中)

2. 募集中ファンド

3. 投資信託に関するQ&A集  -4-
    ◆ 信託財産留保額とは何ですか。

4. カフェコーナー
    ◆「通勤」


■□■□■------------------------------------------------------------

1. トピックス

◆ 投資信託の市場動向(3月中) ◆

(1)資産の動向…株式投信では、13ヶ月連続の資金増加。年複数回分配を
                  行うバランス型のファンドやファンド・オブ・ファンズで
                  も設定の増加が寄与し、1,933億円の資金増加(設定
                  -解約)となった。

                                                      <単位:億円>
                    設定           解約          純資産計(前月比)
1.株式投信	    6,925          4,992         162,660 (▲361)
2.公社債投信     18,568         23,287         128,995  (▲4,774)
3.MMF          2,401          4,970          52,293  (▲2,569)
合計1+2+3     27,895         33,250         343,949  (▲7,705)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用増減が加
        味されますので、本表では一致しません。


(2)運用状況

3月の運用状況を見ると、
株式投信における株式の組み入れ比率は、前月末と比較すると53.8%→
51.8%と低下し、全体の公社債の組み入れ比率は50.7%→52.5%
と上昇した。

                                               <単位:%>
                      株式          公社債       余資等※
1.株式投信          51.8           37.8         11.7
2.公社債投信         ―            72.8         26.3
3.MMF             ―            47.8         52.7
合計1+2+3        24.5           52.5         23.4

※余資等とは預金、金銭信託、コール・ローン、割引手形、CD、CP等が含
  まれます。

● 株式の売買状況(国内外合算)622億円の売り越し。


(3)主体別残高状況
                                                     <単位:億円>
                   証券会社        銀行等       投信会社      合計
1.株式投信       105,014         55,541        2,104       162,660
2.公社債投信     117,781         10,490          723       128,995
3.MMF          36,262         14,284        1,746        52,293
合計1+2+3     259,059         80,316        4,573       343,949

(保有割合:%)   (75.3)      (23.4)       (1.3)     (100.0)


(4)契約型私募投資信託の資産の動向
                                                     <単位:億円>
                      設定          解約           純資産計(前月比)
合計(株投+社投)   6,040         2,263             78,192(3,295)

(注1)解約には償還を含みます。
(注2)純資産計は前月純資産に当月の設定、解約の項目のほか運用増減が加
        味されますので、本表では一致しません。


(5)マーケット指標
                15年3月末(前月比)     15年2月末         前年3月末
日経225        7,972  (▲391)        8,363            11,024
TOPIX          788  (▲30)           818             1,060
                   (248回債)         (247回債)      (237回債)
国債利回り        0.745  (▲0.035)       0.780            1.360
為替(1$)     120.20  (2.45)        117.75            133.25


■□■□■------------------------------------------------------------

2.募集中ファンド

4月16日現在の新規設定ファンドについて、手数料、購入窓口等が一覧表に
なっています。
追加型については設定日が4月中のファンド、単位型については4月16日が
募集期間に含まれているファンドです。
詳しくは添付のファイルをご覧ください。


(fund03042.pdf)

■□■□■------------------------------------------------------------

3. 投資信託に関するQ&A集  -4-

◆ 信託財産留保額とは何ですか。 ◆

投資信託の費用に信託財産留保額があると聞きました。これはどのようなもの
なのでしょうか。

投資信託(ファンド)を購入または、換金する際に手数料とは別に一定の金額
が徴収される場合がありますが、この金額を「信託財産留保額」または「信託
財産留保金」と呼びます。信託財産留保額は手数料と違い、販売会社が受け取
るのではなく信託財産に組み入れられます。

信託財産留保額制度を設けているファンドでは、解約時に基準価額の0.2%
~0.3%を解約代金から控除し、ファンドに繰り入れます。また、購入時に
基準価額の0.2%~0.3%を上乗せするかたちで信託財産留保額を徴収す
るファンドもあります。詳しくは目論見書に記載されていますので、目論見書
をご覧ください。

信託財産留保額の導入の目的は、運用の安定性を確保するとともに、投資家に
信託期間についての認識を高めてもらうために、解約コストの負担や短期解約
に対するペナルティ的な機能をもたせたものです。例えば、途中解約があった
時、キャッシュ部門で解約資金を賄えない場合、信託財産に組み入れられた有
価証券を売却する必要が生じ、取引コストが発生します。この取引コストは他
の受益者(保有者)が負担することになりますので、それをさけるために設け
られた制度です。

単位型株式投信については、信託期間を例えば3年間といったように比較的短
く設け、満期を意識した運用を目指しているにもかかわらず、こうした運用が
難しくなるといった事情を考慮したことにほかならないのです。

一方、追加型株式投信では解約を新規資金の追加で相殺することも期待できる
ため、信託財産留保額の採用がみられませんでした。しかし、近年になって、
追加型についても短期の解約がファンドの運用に支障をきたす恐れが増えてき
たことから、この制度を採用するファンドもあります。

また、最近では、信託財産留保額制度を利用し、設定日からの経過期間に応じ
てその金額を段階的に下げ、投資家に長期保有をより強く意識させるようなフ
ァンドや、信託約款で規定した範囲の少額解約なら控除が免除されるファンド
なども登場しています。


次回は「クローズド期間中に換金できるのはどんな場合ですか。」についてお
答えします。



■□■□■------------------------------------------------------------

4. カフェコーナー

◆「通勤」 ◆

毎朝7時台最初に最寄り駅を出る電車に乗って通勤している。早い時間にもか
かわらず空いているスペースは少ない。時間のわりにウチの沿線は混んでいる
のではないかと思う。毎日同じ電車なので顔ぶれも変わらない。座っている人、
立っている人、その位置まで毎日ほぼ一緒なので僕も電車に乗るやそそくさと
定位置に体を滑り込ませる。

毎日同じ顔ぶれということは各人の利用駅が同じということであり、人の移動
に一定の法則が出来ていることに気づく。AさんがB駅で降りるとき、Cさん
がAさんの席に座るのでDさんが中にずれて一つスペースが空くのでまずそこ
へ移動。その次にCさんが降りた後DさんがCさんの席に座ってスペースが空
くけれどもDさんは荷物を網棚に置いたまま座ってしまうので僕の荷物が置け
ないからDさんがいた場所には行かず、隅の方でおしくら饅頭状態に巻き込ま
れている小さめのバッグを持っている人(網棚を利用する必要がないと思われ
る人)にそれとなく空いてますよー風な動きをして救出しプチ混雑を緩和。ペ
イフォワード(※1)。そんなこんなを繰り返して最終目的地である秋葉さん
(※2)の前に到着、秋葉原で着席。あとは茅場町までしばしゆっくり。

こうやってコツを掴んでくると満員電車の中でも少しは快適に過ごせるように
なってくる。まだ不慣れだった頃、テスト勉強中の女子高生に机として背中を
使用されたり、無表情な若い女性に不意に車外へ押し出されたりしたが、そう
いうことも回避出来る・・・のも束の間だった。つい最近ダイヤが改正された
ため、私は顔ぶれの若干変わった電車の中の行動パターンをまた一から測定し
ている。

※1  自分が善意を受けたら他の3人に善意の行動を施すことを皆でやれば世
界は変わるのではないかということを描いた映画「ペイフォワード」。
※2  秋葉さんとは知り合いでもなんでもない、ただ単に秋葉原(アキバ)で
降りるということから秋葉さんと僕の中で呼んでいる方。
(S・I)


=======================================================================

■アドレスの変更の場合はいったん退会され、新しいアドレスで再入会いただ
  きますようお願いいたします。
  (入会)
      http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub.html
  (退会)
      http://www.toushin.or.jp/info/melmaga/toushinclub2.html
      
■メールマガジン全般に関するご意見・ご感想は、
    jita-public@toushin.or.jp  までお願いいたします。
      
=======================================================================

■投信協会メールマガジンは、社団法人  投資信託協会が発行するメールマガ
  ジンです。
  投信協会メールマガジンの著作権は本協会に属し、本協会の許可なく複製再
  配信等を行うことはできません。
  投資等のご判断はご自身の自己責任においてなされますようお願いいたします。
  
         ------------------------------------------

  編集・発行 : 社団法人  投資信託協会   広報部

===● Copyright(C)2001 by The Investment Trusts Association, Japan ●===









バックナンバー一覧へ戻る